面接での失敗はこうして生まれます。

面接で必要なことは、面接官の視点が大切ということ、就活、転職での面接で落とされる人のパターン・・・

 

図式化するとこうなります。

誰でも出来そうで出来ないことを、しっかりやっている→複数社内定・採用
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
↓↓↓
誰でも出来そうで出来ないことを、やっぱりやっていない→どこも落ちる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
↓↓↓
これがわかっているようで、分かっていない人は90%以上!?

 

多くの情報に振り回されて、焦るばかり!・・・・

 

 

就職氷河期といわれて久しいですが、就職活動で最後に突破しなければならないところが面接です。

 

最終面接で全てが決まります。

 

就活関係では、いろいろな書籍が発売されています。

 

面接の想定問答集や心構え的なものなど沢山あります。

 

面接では、採用する側の本音をついた行動をしないと、有名大学の連中や語学堪能だとか留学していたとかの人に必ず負けます。

 

人気の大企業にはこういった連中がやてきますが、核心を突いた就活をすれば何とかなります。

 

面接官の視点が大切です。

 

図式化するとこうなります。再掲します。

誰でも出来そうで出来ないことを、しっかりやっている→複数社内定・採用
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
↓↓↓
誰でも出来そうで出来ないことを、やっぱりやっていない→どこも落ちる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
↓↓↓
これがわかっているようで、分かっていない人は90%以上!?

 

多くの情報に振り回されて、焦るばかり!・・・・

 

面接でダメな人ほど知ってもらいたい面接官の本音というものがしっかりあります。

 

本命の企業に本当に内定、採用されたいと思うなら面接でこうやるべきという内容がしかり知る必要があります。そうすれば、採用される人達のやっていることが見えてくる内容です。

 

このサイトで面接で役に立つ情報をまとめていきたいと思います。

 

このページの先頭へ戻る