コンサルタントについてその1

コンサルタントについてその1

みなさんは、職業で「コンサルタント」というものをご存知でしょうか?
この世の中には心から沢山の業界があり、膨大な種類の仕事があります。

 

その中のひとつ、コンサルティング業界というものがあり、その中で仕事をする人がコンサルタントと呼ばれるわけです。

 

 

これは、自分、または会社が持っている知識や、ノウハウ、または戦略などを相手方にアドバイスする仕事です。

 

アドバイスすることから、別名でアドバイザーとも呼ばれていますが、それもコンサルティングの仕事だと思います。

 

 

そもそも、コンサルティングとは、英語でconsultingと書き、業務或いは業種に対しての専門知識を持って、会社の外部から客観的に観察、話を指摘、または、改善する業務としています。

 

簡単に言えば、第三者として会社にアドバイスをし、環境整備や、売り上げ向上などに貢献することだと言えます。

 

 

一般のサラリーマンと違って、幾らかカッコイイ響きもある職業ですから、コンサルティング業界に転職したいとしている人も多いようですね。

 

確かに与えられた仕事をするだけではない業種ですから、やりがいもある職業だと思います。

 

 

さて、ひと言でコンサルタントと言っても、何を対象とした仕事なのか、いかなる職種の企業、または個人を相手にするかで、コンサルタントがする業務内容も変わってきます。

 

たとえば、ホテル、レストラン、または一般の会社で、接客について報じる、コンサルタントもいるでしょう。

 

それは接客コンサルタントと呼ばれます。

 

 

 

コンサルタントについてその2

また、証券アドバイザーや、ワインソムリエなども、言って見ればコンサルタントだと思います。

 

そうしたら、結婚式や披露宴を演出するのは、ブライダルコンサルタントです。

 

スポーツ界にもコンサルタントは存在していて、各スポーツのトレーナー、コーチなどもコンサルタントだと言えます。

 

 

要するに、人に何かを知らせることで、プロとしてお金をもらえる人はコンサルタントと言えるでしょう。

 

一般にコンサルタントと言うと、会社の経営について相談する経営コンサルタントのイメージがあると思います。

 

ですが、コンサルタントは、それだけではなく、様々な方面に活躍しているのです。

 

 

そうなると、一言でコンサルタントと、くくることが出来ないような気もしますよね。

 

ですが、相談役はその役回りで4分割することが出来ます。

 

 

では、どのように分割されるのか、ここでご紹介ください。

 

その役回りで、どういうタイプのコンサルタントになるのか、区切ることができます。

 

 

まるで、ある問題を解決するためにコンサルタントをするタイプがあります。

 

また、研修をするタイプの相談役もあります。

 

そしたら、何もないところから編み出すタイプの相談役もあります。

 

また、いまやあるものを評論するタイプの相談役があります。

 

そうして4つに分けてみると、コンサルタント業界と言っても、タイプによって、異なる仕事をしているのだということがわかりますよね。

このページの先頭へ戻る