問題を解決するタイプのコンサルタント

コンサルティング業務の中それでも、問題を解決するタイプのコンサルタントがあります。

 

たとえば、人事コンサルタント、戦略コンサルタント、ITコンサルタントと呼ばれる人たちが、そうです。

 

このような人達は会社が有する問題を解決するように、自分が持っているノウハウによってアドバイスします。

 

たとえば、会社の経営常態が悪化している場合、それを改善させるように働きます。

 

実にどのようにしたら、問題を解決出来るのか、過去のデータ、現状分析などをして、嬉しい方向に導きます。

 

 

そういった問題はこうしたら解決するという、決まったものはありません。

 

会社によって、また、状況に応じて、最適のアドバイスをするために、持っているノウハウをフルに扱うわけです。

 

あなたによって、抱えている問題も違いますし、業種が違えば、問題となっていることもまるで種類の違うものになるわけです。

 

通称、一軒一軒、オリジナルの提案になるわけです。

 

それには、何より、過去の情報処理が重要になり、違う職種をコンサルタントするとしても、過去の経験がものを言うのだと思います。

 

 

問題を解決するタイプのコンサルティングをする場合は、コンサルティングしたことによって、どれだけの実績が上がったか問題です。

 

会社の経営状態が改善されたか、売り上げが上がったのかなど、その成果がおっしゃる仕事です。

 

このようなコンサルタントをする場合は、クライアントの会社からも協力者を出してもらい、チームを作ります。

 

そうして、一緒に解決して出向く方法が多く取られています。

 

 

 

研修をするタイプのコンサルタント

コンサルティング業界には、研修をするタイプのコンサルティングもあります。

 

問題を解決するこのコンサルティングと違って、クライアントに欠けている部分を研修の形でまかなうのです。

 

これには、それまでの経験もものを言いますが、ノウハウや専門知識も多くなければ、このコンサルタントは勤まりません。

 

 

代表的なものが、よく訊く、接客コンサルティングではないでしょうか。

 

接客のノウハウを社員に言いつけ込むような、研修をするタイプの業務です。

 

当然、新人研修もそのひとつでしょう。

 

新入社員に言いつけ込むこともすばらしくあることです。

 

 

接客コンサルティングの場合、お客様をどんなに心地よくさせるか、その接客方法を言いつけたり、クレームを言われたときの対処方法などを授けるたりするのです。

 

他にも、各種場面に合った対策を広めることがコンサルタントの仕事です。

 

臨機応援が求められる接客業ですが、基本さえ抑えておけば大丈夫でしょう。

 

あとは経験ですからね。

 

 

接客コンサルタントが報じることは、職種を問わず共通して助かるノウハウです。

 

ホテルも、レストランも、店頭で何かを販売する際も、普通の会社で者を迎えるときなども、接客は、如何なるタイプの仕事もどうしてもありますからね。

 

また、研修を受ける側に合わせて、コンサルタントは研修内容を組み立てたり、変えて行ったりすることになります。

 

たとえば、新入社員に接客業とは何かを教える研修なのか、既に働いているみなさんへの研修なのかで、広める内容も変わってきますよね。

 

 

 

研修をするタイプのコンサルタント続き

接客コンサルティングの場合、接客に対して余程の素人に教える場合は、基本から教えることになります。

 

ですが、もう接客業を通している自分の再教育となると、そのメニューも違ってくるわけです。

 

このようなことから、研修をするタイプのコンサルティングとは、自分が携帯しているノウハウの中から、今回、必要とするものを差し出すというイメージです。

 

問題を解決するタイプとは、違い、お話は事前に用意されているわけではありません。

 

どの人物を使うときも、基本は一緒ですから、その点から、接客のノウハウを教えることになります。

 

 

また、接客をする以前のこと、たとえば、挨拶ですとか会釈ですとか、そういったこともコンサルタントは教えて頂ける。

 

そうしたら、人物に清潔感を加える服装は如何なるものか、接客業をする人のメイクはどのようにしたら良いのか、身だしなみについても教えて頂ける。

 

社員全員が、これらを続けるように努力すれば、会社全体のイメージアップに繋がることは必然ですからね。

 

 

研修をするタイプのコンサルタントは、社員研修を担当する業務だけではありません。

 

研修という意味を広義に考えると、スポーツ界にも当たるのです。

 

トレーナー、コーチは、各分野でノウハウを教えていることになります。

 

コーチングという言葉もあるくらいですからね。

 

スポーツ関係で、指導する人もコンサルタントと叫ぶべきなのでしょう。

 

ですから、コンサルタントと言っても、何と各種業界の仕事があるわけです。

このページの先頭へ戻る