評論をするタイプのコンサルタント

評論をするタイプのコンサルタント

コンサルは各種タイプがあり、これまで、問題を解決するタイプの業務の説明と、研修をするタイプの業務をご説明しました。

 

次は評論するタイプのコンサルティングについてご紹介ください。

 

 

評論することを仕事としているコンサルタントの方はそこそこいらっしゃいます。

 

これも、コンサルティング業のひとつですからね。

 

この場合、評論の文章を作成する、通称、執筆の仕事をすることがメイン業務となります。

 

一般の消費者を対称として、コンサルタントが内面、意見を表明するということです。

 

ですから、企業や個人など、特定のお客ではなく、一般消費者向けに評論を出していると言えます。

 

現に商品やサービスを提供されるほう、お客側になって評論を通しているのが、評論をするタイプのコンサルタントとなるわけです。

 

 

では、実際にはどういうコンサルタントがいるのでしょうか?
たとえば、レストランなどのレストランを評論するのはグルメ評論家ですね。

 

また、新車が発売されたら、それについて批評をしたり、どの車がどのように良いのか評論したり、車について評論を書いているのが、車評論家です。

 

そうしたら、流行の洋服など、ファッションの評論をするのがファション評論家であり、テレビ番組も可愛く見かけますよね。

 

街中をあるく人の着こなしをチェックしたり、批評したり、コメントしたりしていますよね。

 

そうしたら、戦争などをテーマにした番組などで軍事について申し述べる軍事評論家を見たことがあると思いますが、このような人は軍事コンサルタントとも呼ばれています。

 

 

 

評論をするタイプのコンサルタント続き

また、ニュース番組で、環境を分析したり意見を述べたりするのが、経済評者ですよね。

 

そういった評者たちもまた、コンサルタントを通じていると言えます。

 

個人の趣味でラーメン評者というひともいるくらいですから、必ず様々な評者、コンサルタントが存在するということです。

 

 

さて、このようなコンサルティング業務として、もの事を評論するためには、コンサルタントの経験が多くはないと出来ない仕事だと思います。

 

それまでの経験、豊富な知識がないと、専門分野に対しての評論は出来ませんし、もの事について語れませんよね。

 

 

コンサルタントを雇う側がかわいくいうことは、コンサルタントは、その質がピンキリであるということです。

 

という事は、案外役に立たない人もいるということだが、真に、必要な経験や知識に弱いコンサルタントもいるようです。

 

ですから、コンサルタント選びには、当り外れがあると言います。

 

結果が出ないことで、無駄なお金によることになった、ということが仰るケースもあるからです。

 

 

また、評論については、理想論ばかり提案している人がいるなどの批判もあります。

 

コンサルタントの資質や、あるいは能力を仰る仕事ですので、クライアントがどんなコンサルタントを雇うか、無論、人によるなのです。

 

それなりの費用をかけて、会社側はコンサルタントを雇うのですから、その点、能力のないコンサルタントを通じてしまったら困ったことになります。

 

お金ばかりがかかってしまい、何もならなかったといった、批判も再三仰ることは事実です。

このページの先頭へ戻る