経営コンサルタントと言う仕事

経営コンサルタントと言う仕事

数あるコンサルタント業の中で、一番可愛く訊く機会が多いのは、経営コンサルタントではないでしょうか?
会社の業績を引き上げるため、経営コンサルタントを雇っているところも多いと思います。

 

では、まさに経営コンサルタントは、如何なる仕事をするのでしょうか?
みなさんには、如何なるイメージがありますか?
経営コンサルタントは、それまで得てきた経験を活かしたり、または、データなどを参考にしたりして、経営のアドバイスをする仕事です。

 

現在ある気掛かりなどを分析し、改善出来るように指導します。

 

 

このような業務内容であることから、以前、会社の社長を通していたからと言って、経営コンサルタントに転業しようと想う人もいらっしゃるようです。

 

確かに一般社員と比べてみると、社長をやったことがある人は、企業、全体のことがわかっているかもしれませんよね。

 

経営ノウハウも持ち歩いていると自負している人も多いでしょう。

 

ですが、このような考えは些か手緩いかもしれません。

 

経営コンサルタントは、調査や分析も行いますから、こうした仕事は社長業にはなかったことでしょう。

 

企業、経営について強く関わってきた社長業が、単に、経営コンサルタントの知識として助かるかと言ったら、そうである部分とそうでない部分があると思います。

 

経営コンサルタントは、調査し分析する能力を求められるでしょうし、また、それについての資料を作成する能力も求められます。

 

一方、社長はそういう仕事はしないですよね。

 

 

 

経営コンサルタントと言う仕事続き

また、マネジメント能力も必要ですし、プロジェクトとして取り出す力も必要です。

 

これらの業務は社長の仕事とは違っていることがわかりますよね。

 

 

経営コンサルタントは社長ものの仕事というイメージを持ち歩いている人が時折いらっしゃいますが、説明してきたように、それは誤解といえるでしょう。

 

コンサルタントは、社長と共に会社のトップに並んで、社員を引っ張っていくような仕事ではないのです。

 

依頼者である会社がより良くなるように、道筋は作って与えるでしょうが、決定権や統率力がある仕事ではないと思います。

 

 

また、コンサルタントの仕事には、評論という業務もあります。

 

評論することは、さんざっぱら重要です。

 

なぜなら、身内の立場で見ていたらわからないことも、第三者の立場から見れば、客観的にわかりますからね。

 

コンサルタントは客観的に見て、自分の思ったことを、意見として伝えます。

 

 

経営コンサルタントの場合も、依頼者である会社のために、他社が行っている戦略などを客観的に評価したり、分析したりするケースもあります。

 

他の会社を評論するケースもありますが、この時、ポイントになるのは、ただ評論するだけでないということです。

 

他社の評論は、自分のクライアントである企業を良いほうに導くヒントとなっているのです。

 

評論を仕事としているコンサルタントと違って、経営コンサルタントは、生産することを仕事としています。

 

ものを編み出す生産ではなく、会社の利益になるようなこと、業績アップとなるようなことを差し出し、実践させる仕事と言えるでしょう。

このページの先頭へ戻る