コンサルタントへの転職その1

コンサルタントへの転職その1

みなさんは、コンサルタントのお仕事ってどうして思いますか?
一般のサラリーマンから転職して、コンサルタント業に就きたいという人もいらっしゃるようです。

 

どうしてかと言うと、コンサルタントというネーミングが、ともかくカッコイイですよね。

 

だいぶ人気のある職業ではないでしょうか。

 

また、給料がおっきい、通称、「コンサルタントは高給取りだ」としている人が多いようです。

 

 

他業界の給料と比べてみると、コンサルタントのお給料は確かに高いこともあるでしょう。

 

ですが、それは入社ときのお給料であり、30代、40代と進んで行くと、コンサルタントを通している人より、最大手ではたらく社員の方が高くなるでしょう。

 

 

ほとんどの企業であれば、お給料にプラスして、様々な手当てが付きますよね。

 

福利厚生で社員寮があることなど、給与面以外のことけれども恵まれています。

 

 

この点を比較してみると、少なくても外資のコンサルティング会社においては、こうした待遇がある会社は少ないと言えます。

 

そうなると、給与だけを比べて、高いから相談役に転職したいというのは、どうでしょうか。

 

 

では、給与面でなければ、どのようなことを求めて、コンサルタント業に転職したいのでしょうか?
それは、最も、仕事へのやりがいを求めての転職だと思います。

 

会社の歯車にはならず、自分自身の力を試したい人が転職するのではないでしょうか。

 

自分が会社の役に立っていると、一般企業の仕事では直接思えることも数少ないだからね。

 

 

 

コンサルタントへの転職その2

さて、コンサルタント業に転職したいという人、またはコンサルタントに向いている人はどんな人でしょうか?
それは、問題解決など位置付けることを面白く見える人、またプロジェクトを動かすことがスキな人、プロジェクトを立ち上げるのがスキな人などでしょう。

 

これらは、普通のサラリーマンでは味わえない潤いもあるだからね。

 

ですから、仕事にやりがいを求めている人、仕事がスキな人は、コンサルタントに転職しても大丈夫だろうと思います。

 

例え、転職後に、年俸が下がってしまっても、コンサルタントという仕事がスキなら、長らくは我慢出来るのではないかと思います。

 

 

勿論、転職だけでなく、新卒でコンサルティング会社に入る人もいます。

 

新卒とはコンサルティング会社でしたら、大学卒が当たり前でしょう。

 

 

新卒で加わるメリットは、コンサルティング会社で最初から仕事を覚えられることです。

 

研修も豊富に行われていますので、ういういしいうちから、仕事をどんどん吸収することができます。

 

ういういしいと吸収力もありますから、仕事をジャンジャン覚えて成長して出向けるでしょう。

 

 

ですが、新卒で入った人が、コンサルティング会社を辞めて、現に、他の職業に転職しようとしたときはどうでしょうか?
事業会社でのキャリアがゼロということになってしまいますから、転職の際に不利になると思われます。

 

同じコンサルティング関係の会社に転職するのなら、良いのですが、一般の会社だと転職が難しくなるかもしれません。

 

 

 

コンサルタントへの転職その3

新卒でコンサルティング会社に入社した場合、転職が難しいというお話を通している続きです。

 

転職が難しいと言うのは、他の業務を通じている会社に変わりたい時です。

 

と言うのは、コンサルティング会社に転職するならモウマンタイでしょう。

 

それまで身に着けたコンサルタント業のノウハウを持ち歩いて、同業他社に転職することは容易だと思います。

 

コンサルタントの仕事を憶え、ずっと素晴らしい仕事をしていれば、他社からヘッドハンティングに合うこともあります。

 

転職して給料が伸びる、ということも十分に考えられます。

 

 

他の業種で働いていた人が、転職してコンサルティング会社に入るのは、新卒と比べてみてどうでしょうか?
事業会社を経験があるため、その業務に詳しいことになりますよね。

 

ですが、コンサルティング会社の仕事は、一般の会社とは違います。

 

ここで、仕事の仕方に慣れない、乗り遅れる、戸惑ってしまう人が多いこともあります。

 

 

それまでの会社でほんとに優秀な社員だった人も、コンサルティング会社に転職したのなら、まるっきり素人ということになります。

 

最初は仕事に付いていけなくても、採用されたことで、それなりの能力があると見込まれているのですから、それからのがんばりがものを言います。

 

それまで勤めた業界のことでしたら、得意分野となるわけですから、仕事を任せされるのも手っ取り早いでしょう。

 

たとえば、ホテル業界で働いた経験があるのなら、ホテルの相談役を受けるには良い人材だと言えますよね。

 

ですから、転職で入社して、コンサルタントという全く違う業務をすることになっても、それまでの経験が生かされるかもしれないということです。

 

 

 

労働コンサルタント

コンサルタントと呼ばれている仕事は、さんざっぱら各種種類の仕事が存在しています。

 

中それでも労働安全コンサルタントというお仕事がありますが、みなさは聞いたことがありますでしょうか?

 

みなさんが普段やっているお仕事が、オフィスでの仕事でしたら余り縁のないコンサルタントかもしれません。

 

ですが、危険な現場、作業場などで仕事をしている人達にとっては、甚だ重要なことなのです。

 

労働安全コンサルタントとは、簡単に言えば、工事現場などで、感電したり、爆発したり、事故がないようにするコンサルタントです。

 

当然のことところが、危険を事前に発見することが重要になり、それを予防できるように改善していくことを求められます。

 

事故を防止するということは、なので動く人の安全を続けることになり、もっと言えば、作業者の命を続けることになるのです。

 

 

労働安全コンサルタントの資格ですが、機械、電気、化学、土木、建築という、5つに区分されています。

 

試験も、産業安全一般試験と、5分野からの選択問題である、機械安全、電気安全、そうしたら、化学安全、土木安全、また、建築安全の5つから選ぶようになります。

 

 

危険な職場ではたらく人にとっては、安全で快適職場で働きたいという気持ちは当然です。

 

ですから、このようなコンサルタントはとても大切であり、重宝されています。

 

やはり、資格があるというだけではコンサルタント業は務まらないでしょう。

 

真に現場で培った経験と知識を併せ所持していることが望ましいと思います。

このページの先頭へ戻る