コンサルタント費用

コンサルタント費用

みなさんの会社はコンサルタントを雇ったことがありますか?
大手ですと、ほとんどの企業が各種コンサルタントを雇ったことがあるでしょう。

 

または、コンサルティング会社と何社も契約しているところもあると思います。

 

 

コンサルタントは残念ながら、当たり、はずれのある業界だと言われています。

 

会社の業績アップのため、心からいい働きを通じてくれたコンサルタントもいれば、費用がかかっただけで、意外と役に立たなかったコンサルタントもあるでしょう。

 

 

ところで、コンサルタントを雇いたくても雇えない会社もいます。

 

なぜなら、その費用がとっても良いからです。

 

市場調査などの業務を頼んだだけでも、実に厳しいと言います。

 

ですから、調査から分析、また、業務の改善など、一通りのコンサルティングを頼んだら、その費用は大変です。

 

 

参考までに、顧問として契約しているコンサルタントで、その費用はどれくらいなのでしょうか?
たとえば、某コンサルティング会社の料金例を見てみましょう。

 

毎月2回ほどの訪問ですと、訪問1回当りで2時間のコンサルを依頼する場合、月々あたり、18万円という会社があります。

 

それが、週1回訪問ですと、1回当り2時間として、毎月、36万の費用が掛かるようです。

 

また、プロジェクト型ですと、1日10万円、そして、拘束日数分かかります。

 

内容によっては、数百万円もするケースもあると言います。

 

また、経営戦略や、中間においての計画、効率アップ支援など、これらのコンサルティング料金は、1千万円になるケースもあります。

 

 

 

コンサルタント費用続き

また、外資コンサルティング会社ですと、1億円を超える費用が発生する場合もあります。

 

これくらい厳しい費用になりますと、コンサルタントをたのみたくてもその費用が出せない会社も出てくるでしょう。

 

中小企業なら更にです。

 

コンサルタントにかける費用が案外捻出できないところも多いと思います。

 

 

そうなると、コンサルタントを依頼することを断ち切るか、コンサルティング自体をあきらめるか、または、自分たち、社員でコンサルティングをするかということになりますよね。

 

なので、このような人達のために、ウェブにはなはだ使えるサイトがあります。

 

本当は、コンサルタントのノウハウをネットで公開しているサイトがあるのです。

 

 

コンサルタントを雇いたいが、その費用が高すぎて依頼できない方には喜ばしいサイトではないでしょか。

 

また、社員をこれからコンサルタントにしたいとしている会社には、はなはだ頑張るサイトです。

 

また、経営戦略の策定方法や、中期経営計画、効率化のやり方を引っかかる方、または、SWOT分析、バリューチェーンフレームワーク、他社における戦略事例が引っかかる方などに向いているサイトです。

 

このようなためになるコンテンツが公開されているサイトもありますので、とにかく、検索してみてはいかがでしょうか。

 

社員でコンサルティングが出来れば、一番良いですからね。

 

これからはそういった、有意義なコンテンツ公開サイトが増えてくるのではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る