コンサルタントを選ぶその1

コンサルタントを選ぶその1

みなさんがご存知のように、コンサルティングの会社は正に沢山存在します。

 

インターネットで検索してみても数多くの会社がヒットします。

 

沢山のコンサルティング会社の中から、自分の会社に有益に陥るものを選ぶことは厳しいことですよね。

 

 

会社の大切な経費として、コンサルティング会社に費用を払うのですから、いいコンサルティング会社を選びたいものです。

 

では、コンサルタント選びに失敗しないために、どういうことに気をつけたら良いのでしょうか。

 

 

それには、コンサルティング会社を選ぼうとするのではなく、コンサルタント、個人を選ぶことを優先すると良いと言われています。

 

コンサルティング会社と契約しても、結局、活躍するのは個人です。

 

コンサルタントには、それぞれ、個人の能力、資質、得意分野などが当然ながらありますよね。

 

ですから、大手のコンサルティング会社さりとて安心出来るということではありません。

 

どういうコンサルタントが派遣浴びるか、その人によりますからね。

 

 

では、どういうコンサルタントに自社を任せられるのでしょうか?
それは、それまでの職業として、事業会社での実績がある人が好ましいでしょう。

 

事業会社で、実際に相談役を行っていた十分な経験がある人も良いと言えます。

 

コンサルティング会社の中けれども、重要になるのは、自分の会社を担当するコンサルタントなのですから、依頼前に担当者の経験を確認したいものです。

 

 

 

コンサルタントを選ぶその2

だから、コンサルティング会社を選ぶのではなく、ひとたび、実に担当するコンサルタント個人に焦点を当てると良いでしょう。

 

その結果、良いコンサルティング会社を選ぶことになるのです。

 

何度も言いますが、コンサルティング会社の知名度などに惑わされないようにしたいものです。

 

有名だから望ましいというわけではありません。

 

有名なコンサルティング会社にお願いしたのなら、それほど自分の会社に合ったコンサルタントが担当していただけるわけではありません。

 

 

ですから、コンサルタントを依頼目指す場合、自分の会社は、どんなタイプのコンサルタントを必要としているのか、依頼する前に、今一度、確認してみると良いでしょう。

 

たとえば、連絡、相談などの綿密さが必要だとか、如何なる詳しいことも報告してくれるような人が良いとかありますよね。

 

また、ある程度、グイグイ引っ張って受け取る人か喜ばしいとか、もの事をズバズバとはっきり言ってほしいとか、タイプがあるでしょう。

 

業務とは直接関係なくても、コンサルタント個人の性格などもあるですから、仕事のやりやすい相手を選びたいという担当者もいるでしょう。

 

 

コンサルティング業務の中それでも、とりわけプロジェクトとして働く際は、人柄も重要ではないでしょうか。

 

コンサルタントが、社員と一緒になってプロジェクトを手がけるのですから、コンサルタントの性格や、コミュニケーション能力などが仰るでしょう。

 

ですから、コンサルティング会社に依頼する場合は、こちらが希望する「コンサルタントの好み」を明確に触れることが大切だと思います。

 

 

 

コンサルタントを選ぶその3

たとえば、業務優先でやり手であれば、他は問わないと言った極端なケースもあるでしょう。

 

ですが、最も人間だから、仕事をやりやすい人が良いのではないかと、私は思うのです。

 

仕事をするにはチームワークが必要ですし、雰囲気の良い会社は絡みやすく業績も上がると思われます。

 

人間関係が悪いと動く気も起きませんし、会社に行きたくなくなりますよね。

 

ですから、会社に入って来るコンサルタントも人柄は相当大切なのではないでしょうか。

 

 

人が良いコンサルタントだとしても、担当する実務に対してめったに知識がない人も困りますよね。

 

コンサルタントの知識、資質については、プレゼンテーションの時や、相談、事前打ち合わせの際に質問すれば、ある程度はわかります。

 

専門用語に対して、素人感覚で、いかなる意味なのか質問してみることです。

 

 

やはり、自分で理解していたとしても、テストの意味で質問してみるのも良いかもしれません。

 

例え、説明出来たとしても、いよいよ専門用語が使われていて結局のところわからないケースもあるでしょう。

 

コンサルタントが自分の言葉で噛み砕いて説明できないことは些か不安ですよね。

 

これから一緒に業務改善に取り組むパートナーとしては、力不足として良いのではないでしょうか。

 

以上、何かと説明しましたが、コンサルタントの選び方、おわかりになったでしょうか。

 

コンサルタントを決める、コンサルティング会社を決めるときは、何かと選ぶ基準を自社なりに決めて置くと良いということですね。

このページの先頭へ戻る