コンサルタントの問題解決その1

コンサルタントの問題解決その1

コンサルタントという仕事、そのひとつに、会社に起こっている様々な問題を解決することがあります。

 

ご存知のように会社によって、その問題とはすごく違っています。

 

何をしている会社なのか、製造しているのか、売っているのか、サービスを売っているのか、会社の業務によって解決しなければならない問題は違っているでしょう。

 

ですが、その問題の根源は同じなのです。

 

それはどうしていうことなのでしょうか?
ある問題が発生してしまった場合、その背景に原因があると考えられます。

 

原因があるから問題が起こる、これはどの会社にも共通していることです。

 

 

たとえば、商品を並べる会社の場合、その問題が、売れ行きが悪賢いことだとください。

 

売り上げが上がらない、商品が思うように売れずに在庫過剰になってしまうなど、販売業にはしっかり付いて現れる問題だと思います。

 

これらの問題をコンサルタントに依頼して解決して貰う会社もあるでしょう。

 

 

その場合、コンサルタントはなぜ売れないのかその原因を追究し改善して行きます。

 

原因がわかれば改善する方法も見つかるからです。

 

いかなる企業にも同じように回答はあるはずなのです。

 

問題が起こった背景を、分析してみれば何が悪くてこうなったのかがわかって来る。

 

 

たとえば、もっぱら「商品が悪いから売れないのか?」と悩んでいる会社もあるでしょう。

 

また、「商品が高すぎるから売れないのか?」などと図る場合もあります。

 

それとは逆に「安すぎて信用されないから売れないのか?」などと感じ取るケースもあるでしょう。

 

 

 

コンサルタントの問題解決その2

他にも何が問題なのか考えてみると、「営業ルートが乏しいのか?」、「セールスマンが悪いのか?」という会社もあるかもしれません。

 

また、「販売方法が間違っているのか?」と考える場合もあります。

 

通販それでも、店頭販売も、その販売方法が商品に合っていないかもしれないと、それが売れない原因かもしれないと想うわけです。

 

これらが正に原因なのかどうにか、問題をあげて行きながら、追求して行くのです。

 

 

会社側も一生懸命に原因を考えて、改善しようとしているのでしょう。

 

社員だけで、解決できたら一番良いですからね。

 

コンサルタント料金もかかりませんし、経費も節約できますから。

 

 

ですが、自分たちの力だけでは無理だと思った場合、コンサルタントに依頼しますよね。

 

コンサルタントも、これらの相談を予想してあげてみたものの、勿論、どこが乏しいのかはすぐにはわかりません。

 

これからがビッグイベントであり、コンサルタントは、それをひとつずつ、チェックしていきます。

 

 

商品が小さいのかどうか、コンサルタントの助言で、再び、商品テストを通じてみたり、市場調査してみたりして、取り調べることしょう。

 

また、値段について、大きいか安いのか、他の類似した商品と比べて適正であるかチェックするでしょう。

 

そうして、怪しいことをひとつずつクリアして赴き、最終的に相談を絞り込みます。

 

もちろん、相談はひとつだけでは弱い場合もあるでしょう。

 

複数の原因が重なって悪賢いほうをめぐっていることもあります。

 

 

 

コンサルタントの問題解決その3

その会社が作っている商品が、またはサービスが、ちゃんと素晴らしいものなら、黙っていても、宣伝しなくても、勝手に売り払えるというわけではありません。

 

無論、口コミで良さが行き渡り、宣伝しなくても売り払えるについてはたまにあります。

 

ですが、それは運の良い会社でしょう。

 

 

どうして売って行くか、営業して出向くか、宣伝して行くかということも、その事業が成功するか失敗するかを左右すると思います。

 

何かがきっかけで、爆発的に売り払える商品もたまにありますが、真面目に商売を通じていることが大切だと思うのです。

 

信用を得るには時間がなるものですよね。

 

反対に信用を失うのは一瞬ですが。

 

コンサルタントの仕事は会社を成功させることだから、そういった助言も無論していることでしょうね。

 

 

お話したように相談役は、その会社で起きた、ある問題の原因を追究して、それを改善していくことだが、それだけではありません。

 

ゼロからのものを会社と共に編み出すようなプロジェクトで働く場合もあります。

 

どちらにせよ、会社が売り上げ上がったり、業績上がったり、会社の役に立ってこそ、コンサルタントの役目を果たしたと言えますね。

 

 

やはり、コンサルタントに支払う費用も良いでしょう。

 

ですが、なので会社が良い方向に向かうのなら、安い勉強料だと思えば良いでしょう。

 

コンサルティングで得たことが会社の宝となって、事後、自力でがんばれば良いのですから、ある期間、助けて貰うのも良いかもしれませんね。

このページの先頭へ戻る