コンサルタントと資格

コンサルタントと資格

コンサルタントとは人気のある職業です。

 

そのネーミングもどうもお洒落であり、バリバリと働いているイメージがありますよね。

 

若い人たちもいずれはコンサルタントとして働きたいと思ったり、コンサルティング業界に転職したいと思ったりする人もいらっしゃるでしょう。

 

では、コンサルタントになるためには、如何なる資格がなければいけないのでしょうか。

 

 

コンサルタントと言えば、身近なところで経済コンサルタントという職業があります。

 

経済コンサルタントは、中小企業診断士という資格を所持している人が沢山いらっしゃいます。

 

国家資格である、この中小企業診断士ですが、ネーミングの通り、中小企業を相手にする仕事であり、大企業ではありません。

 

大企業ともなると、業務が複雑になり、また業務の種類も多岐にわたり、中小企業診断士ではまかないきれないでしょう。

 

それは、使う業務の複雑さが、大企業と中小企業とは異なるからです。

 

 

その証拠に、海外の大手コンサルティング会社で働いている方などは、中小企業診断士の資格を所持していない人も多いです。

 

やはり、公認会計士などの資格を所持している人は多く見られます。

 

それは、大手のコンサルティング会社が出来た背景にも関係しています。

 

がんらい、会計監査法人の中で、コンサルティング部門として発祥したと言われています。

 

ですから、公認会計士として働きたいと思った場合、会計系に最も近いコンサルティング会社に勤める人が多かったのです。

 

 

 

コンサルタントについてその3

だから、コンサルタント業界に転職したいと漠然に考えても、その先で何をやりたいのかが決まっていたほうが良いでしょうね。

 

一言にコンサルタントと言っても、タイプによって、任務が変わってきますから。

 

 

では、コンサルタントには、一体、如何なる種類があるのでしょうか。

 

有名なところで、みなさんもご存知の経営コンサルタントがありますよね。

 

また、会社コンサルタントと呼ばれる人もいます。

 

M&Aコンサルタント、IPOコンサルタント、また、会計コンサルタントやもの流コンサルタントもあります。

 

そしたら、システムコンサルタント、ITコンサルタント、また、ERPコンサルタントやSCMコンサルタントもあります。

 

 

他にも、技術コンサルタントや流通コンサルタント、そしたら、地質コンサルタント、建設コンサルタントがあります。

 

上下水道コンサルタント、再開発コンサルタント、また、環境コンサルタントや、建築コンサルタントがあります。

 

 

そうして、労働衛生コンサルタントや、労働安全コンサルタント、また、医業経営コンサルタントもあります。

 

他にも、セキュリティコンサルタントやブライダルコンサルタント、アピールコンサルタント、5Cコンサルタント、そして、酪農経営コンサルタントがあります。

 

このように、一般にコンサルタントとして働いていると言っても、本当はその専門は何かとあるのです。

 

コンサルタントになるには、その専門分野で豊富な知識を携帯していることが必須ですね。

 

 

 

コンサルタントと資格続き

だから、大手のコンサルティング会社の社員には中小企業診断士の資格を持つ人が早く、公認会計士が多いと言われています。

 

ところで、中小企業を対象としているコンサルタントは、相手はちっちゃな企業です。

 

大企業を相手にした場合と比べてみると、お互いのきずなを築きやすいのではないかと思います。

 

そうして、こちらを信用して貰うには、その材料として中小企業診断士などの国家資格が重要になって来る場合もあります。

 

 

コンサルタントになるために資格は必要かと言えば、その質問の答えはNOです。

 

あれば有利になりますが、絶対に必要かと言われればそうではないでしょう。

 

ただ、相手に信頼して貰う材料にはなります。

 

コンサルタントの免許があるわけでもないですから、国家資格などがその材料になるわけです。

 

 

但し、会社の経営相談を受けるため、数字には激しくなければなりません。

 

会社経営には数字が必ず絡んできますから。

 

仮に、数字がきらい、または数字が苦手なら、経営コンサルタントには向かないでしょう。

 

社員に会計士や税理士の資格を取ることを勧めているコンサルティング会社もあります。

 

また、ファイナンシャルプランナー、または、社会保険労務士の資格などは、取って置くよう勧めるコンサルティング会社もあります。

 

なぜなら、これらの資格は、コンサルタントになるために必須ではありませんが、まさにコンサルタントとして仕事をするときに重要な支えとなってくれるからです。

このページの先頭へ戻る