代理輸入について

代理輸入について

日本で販売されていない商品を購入したいと考えることはありませんか。

 

インターネットが普及しましたから、外国でのみ販売されている商品を見分ける機会が増えてきたのです。

 

日本で販売されていない理由は様々です。

 

人気がないとか、輸送コストが高くつく、ライフスタイルが違うために必要とされていないなどがあります。

 

でもあなたが購入したいという商品があるだとすれば、自分で輸入することは可能です。

 

もちろん、相手は英語のみですから、英語力がある人でなければなんとなく難しいですね。

 

支払いについては、世界で使用できるクレジットカードを持っていれば、どうしても難しくありません。

 

ただし、商品の送付先や、手続きなどはとっても煩雑です。

 

そんな個人輸入の問題を解決するのが、代理輸入です。

 

代理輸入を専門としている企業があるのです。

 

代理輸入は慣れた業者に頼むのが一番確実です。

 

あなたは購入したい商品がどこで販売されているか、いくらぐらいなのかを確かめるだけでいいのです。

 

当然、輸送費や通関の手続きがありますから、国内で購入する場合に比べると割高になるでしょう。

 

ただし、日本に売っていないのですから仕方ないですね。

 

また、外国製ですから、細目なども日本語ではありません。

 

細目などを読まなくても分かるような商品なら問題ありませんが、そうではない場合は注意すべきでしょう。

 

その商品に自分が精通しているからには、何の問題もありません。

 

但し、インターネットでほんのり見かけただけで、これはほしいなという程度であれば、代理輸入などを利用すべきではないですね。

 

 

 

代理輸入の現状

世界で販売されている医薬品も日本で販売されていないものはたくさんあります。

 

そんな医薬品を代理輸入によって購入することは違法ではありませんから、何の問題もありません。

 

生活改善薬として著名なものそれではプロペシアやミノキシジル、バイアグラがあります。

 

どの薬も保険の適用を受けることはできません。

 

また、薬を飲み込むかどうかの判断は個人にゆだねられているのです。

 

医薬品としての効果に対して、疑心暗鬼人もいるでしょう。

 

但し、効果を期待して代理輸入を通している人は多いと言われているのです。

 

日本は輸入量が多いという調査結果もあります。

 

最近、注目を集めているバイアグラですが、この輸入品についての調査が行われています。

 

それによると、半数以上の55%が偽ものであったということです。

 

つまり、バイアグラの効果はなかったのです。

 

では何が入っていたのでしょうか。

 

考えただけでももの凄くなりますね。

 

個人輸入の手続きは面倒ですから、代理輸入業者に依頼することは特別にスゴイとは思いません。

 

但し、購入した商品の品質は代行業者まずはわからないのです。

 

殊更医薬品というものは成分を分析しない限りわかりません。

 

代理輸入を利用すれば、安価に購入できるのですが、そのためのリスクを考えておかなければなりません。

 

医薬品のように体に直接作用する商品は品質がしっかりしていなければ、最悪は病気になって仕舞うこともあるのです。

 

代理輸入を考えているのであれば、そのことをしっかりと理解しておいてください。

 

もっぱら値段のことばかりを考えていてはいけません。

 

取り返しのつかないことになるのです。

 

 

 

代理輸入の注意

個人で各種ものを輸入することは違法ではありませんから、お金があれば延々と購入してもいいでしょう。

 

但し、輸入特有の事情がありますから注意しておかなければなりません。

 

そのポイントをいくつか挙げてみましょう。

 

ほとんど、医薬品です。

 

国内で販売されている医薬品やコスメティックは薬事法による制限がかけられています。

 

その効果とセキュリティが法律で保証されているのです。

 

但し、個人輸入した医薬品は違法ではありませんが、薬事法の適用外としてその効果やセキュリティは誰も保証してくれません。

 

薬が効かなかったからと言って、外国の製造元に伝えることはできますが、現実問題としては不可能もののと言わざるを得ません。

 

また、個人で輸入する際に利用される代理輸入業者は商品の内容は一切関知しません。

 

勿論、違法な輸入であれば代理輸入を行った業者が罰せられます。

 

但し、そのようなケースはほとんどありません。

 

よって、購入した本人がすべての責任を持つことになるのです。

 

個人輸入する商品では医薬品やコスメティックが多いと言われています。

 

国内で販売されていないものは入手できないからです。

 

体内に直接影響を与えるものだから、輸入においては慎重にならなければなりません。

 

また、保証の以前にまがいものが多いということも事実なのです。

 

医療器具も個人輸入を通じている人が多いようです。

 

どんなものであっても、自分でしげしげと考えてから輸入を決定しましょう。

 

代理輸入業者に依頼したら、途中でのキャンセルはできません。

 

 

 

代理輸入とオークション

ebayはアメリカの競売サイトです。

 

日本と同じようなシステムで、いい品を安い価格で購入できるのです。

 

ただし、落札したからと言って直ちに手に入りません。

 

個人輸入しなければならないからです。

 

自分で手続きをするのは面倒ですから、代理輸入業者に依頼することになります。

 

そこで手数料を支払いますが、でも安く購入できるケースが多いのです。

 

また、代理輸入業者がオークションの手続きを通して得る場合もあります。

 

落札後の商品送付先など指定が必要なのです。

 

あなたは日本にいてインターネットを解き放ちましょう。

 

ebayのサイトです。

 

日本には売っていないような各種ものがオークションに出ているのです。

 

代理輸入を何度か利用したことがあれば、話は簡単です。

 

でも、競売がようやくで、代理輸入もようやくと言うのはわずか危険すぎるかもしれません。

 

代理輸入業者ができることは、日本国内の手続き以外はすべてとしていいでしょう。

 

オークションでの入札を依頼して、落札したら商品の発送も依頼するのです。

 

競売の品によっては日本への発送ができない場合もあります。

 

そのような時はアメリカを通じて日本へ運ぶことになります。

 

これは転送サービスと呼ばれるもので、多くの代理輸入業者が行っています。

 

最近は個人輸入と言っても代理輸入業者に頼むことが当たり前になっているのです。

 

手数料を払っても、安いのですから、酷い話ではありませんね。

 

あなたはオークションで何を購入しますか。

このページの先頭へ戻る