代理輸入の危険性

代理輸入の危険性

代理輸入は危険が伴います。

 

それは送られてきた商品が希望のものではないケースがあるのです。

 

当然、通常はトラブルもなく思った通りの商品が安価に購入できるでしょう。

 

但し、競売などの商品はどうにか購入したのに使えない場合があります。

 

このようなトラブルは、代理輸入業者は責任を取りません。

 

輸入の責任は飽くまでも依頼者にあるからです。

 

安く購入できるということは、それだけのデメリットが存在していると認識すべきでしょう。

 

順調に進んでいる時はOK。

 

トラブルとなった場合、その問題が現れてくるのです。

 

外国での購入においては契約が最重要となります。

 

どんな売買契約になっているのかを知っておかなければなりません。

 

また、一般的には商品の保証は販売されている国内のみです。

 

つまり、輸入すれば保証はないとしておきましょう。

 

多くの人が個人輸入を通じています。

 

代理輸入業者に依頼すれば、国内の通販と同じように気軽に購入できるからです。

 

あなたはこのようなリスクについて理解していましたか。

 

今まで何の問題もなかったのであれば、それは運がよかったのです。

 

これからも当たり前とは言えません。

 

また、医薬品を個人輸入している人も多いようです。

 

医薬品の場合は別の面で危険です。

 

それは薬ですから、体に直接影響を与えます。

 

その薬があなたの症状に適しているのかは、あなたが判断しなければなりません。

 

販売元の仕様はついて来るが、日本語で書かれているわけではないのです。

 

 

 

代理輸入のファン

日本では手に入らないものを所持していると、人に自慢したくなりませんか。

 

自分だけが所持しているという優越感を感じるのです。

 

個人輸入が注目を集めている背景には、そんな考えの人が増えてきたからでしょうか。

 

個人輸入と言っても代理輸入を利用すれば、面倒な手続きなどは代理で行ってもらえる。

 

あなたは自分が購入したい商品を指定するだけでいいのです。

 

代理輸入業者はたくさんいます。

 

その中から自分が信頼できると思った業者を選ぶのです。

 

個人輸入に慣れてくると国内で購入するのが馬鹿馬鹿しくなるようです。

 

個人輸入のファンになってしまう。

 

当然、いくら安いと言っても高価なものもたくさんあります。

 

余程の金持でなければ、頻繁に個人輸入はできません。

 

あなたは如何なる商品を代理輸入で購入していますか。

 

ファッションブランドの商品などが多いかもしれませんね。

 

ファッションであれば国内でも国外でも品質に問題はありません。

 

銘柄が明確であれば、品質の保証もしていることになるのです。

 

絶えず個人輸入を念頭に置いて、インターネットを見ている人がいます。

 

海外のブランドであれば、現地で購入することが一番安価です。

 

その上に代理輸入の手数料と送料が追加されます。

 

でも国内で販売されている海外ブランド品は個人輸入の方が安くなるのです。

 

多少なりとも安く購入したいとか、日本にはないブランド品を購入したいというのならば、個人輸入をお勧めします。

 

いずれにしても、しっかりと商品の良さを確認してから購入するようにしましょう。

 

 

 

代理輸入の魅力

個人輸入の魅力とは何でしょうか。

 

価格が安いということですか。

 

やはり、それもありますが、本当の魅力は日本では手に入りがたいものが購入できるということではないでしょうか。

 

インターネットで個人輸入を検索してみましょう。

 

外国で安く仕入れて、ヤフオクで転売して儲けようというブログが目立ちますね。

 

個人輸入であれば税関などは安く済みますが、商用となると話は違います。

 

転売での儲けは本来ば税金がかかりますから、脱税を通していることになるはずです。

 

そんなところに個人輸入の魅力を感じてはいけないのです。

 

個人輸入をする別途トラブルを避けるために、代理輸入業者を通すことをお勧めします。

 

もちろん、それは有料ですが、手続きを代行して貰えるから、当然のことです。

 

それを考慮しても安く入手できるのです。

 

代理輸入業が流行りだした背景には、インターネットの普及があります。

 

自宅に居ながらにして、輸入をしたり転売をしたりすることが可能です。

 

代理輸入業には事務所など必要ありません。

 

インターネット環境があればいいのです。

 

外国では販売されているでも日本には無いものはたくさんあります。

 

その主なものは医薬品、化粧品、ファッションブランド、車用品などです。

 

その中で医薬品や化粧品はその成分がわからないということもありますから、危険を伴います。

 

バイアグラの半分以上は偽ものだという調査結果もあるのです。

 

車用品などは趣味の領域ですが、相当華麗だと思います。

 

自分で車いじりを通している人は初めて考えてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ戻る