代理輸入と法律

代理輸入と法律

サイドビジネスや起業を目的として代理輸入を始めようとしている人が多いと言われています。

 

実際のところはわかりませんが、海外の医薬品を代理輸入業者を通じて購入した人が、健康被害を被っているという事例が多くなっているそうです。

 

そのために、個人輸入という方法への法律の適用が厳しくなっています。

 

当然、健康被害を受けた個人は自分の責任で薬を服用しているのですから、代理輸入を行った人への責任はないと言えます。

 

但し、実際の運用では微妙なやり方がたくさんあるのです。

 

代理輸入とは飽くまで個人輸入の手続きの代理をするだけです。

 

それ以外の行為をするだとすれば輸入業の許可を得なければならないのです。

 

医薬品ではなくても、個人輸入によって商品を仕入れて、それを転売するのであれば適切輸入業です。

 

明らかに転売目的で輸入しているからです。

 

個人輸入とは私用が大原則なのです。

 

私たちの生活はとても豊かになりました。

 

また、インターネットを通じてたくさんの情報を入手することができるようになりました。

 

ただし、みんなはでも小遣いを稼ぎたいとしているのです。

 

楽をしてお金が損するかと考えています。

 

競売などは本来ば自分が不要になったものを出品して、必要な人が購入することでした。

 

ただし、現在は各種ところから仕入れて転売する人がほとんどです。

 

明らかにサイドビジネスとしての行為なのです。

 

代理輸入業についても、同じ傾向にあります。

 

健全な消費行動ではなくなっている気がしますね。

 

 

 

代理輸入と仕入代行

仕入とは商品を製造元から購入することです。

 

目的は転売することによって利益を引き上げることです。

 

このような仕入れを輸入として行なう場合は個人輸入には当たりません。

 

利益を目的としているからです。

 

最近個人輸入が注目陥るようになってきました。

 

それは誰でも気軽に輸入が出来るように代理輸入業者が増えてきたからです。

 

ただし、前述の仕入れを目的としているのであれば、個人輸入の範囲を逸脱していることは明らかです。

 

それによって利益を上げているのであれば、充分確申をしなければならないのです。

 

インターネットが普及するようになってから、多くの人がサイドビジネスを通じています。

 

それによって得た利益に対する納税は主としてなされていないと考えられます
最近になって、個人輸入に対する取り締まりが厳しくなってきています。

 

本当の意味での個人輸入は今までと変わりませんが、明らかな転売目的の場合は処罰陥ることもあるようです。

 

代理輸入業自体が違法と言うわけではありません。

 

但し、仕入れを代行しているとわかっていて、代理輸入を通じているのであればそれは輸入業の許可を得なければならないのです。

 

代理輸入と輸入業は明確に区別されています。

 

個人で輸入を考えている人も、そういった仕組みを理解しておくことが大事です。

 

そうでなければトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

 

海外には良い商品がたくさんあることは事実です。

 

それらを購入したいとしている人もいます。

 

なので利益を褒めちぎるかどうかで区別されるのです。

 

 

 

正規代理輸入品

正規代理輸入品という言葉を知っていますか。

 

代理輸入とは個人に代わって輸入手続きを代行する業務です。

 

代理輸入を通している業者はたくさんあるようです。

 

但し、正規代理輸入品となるとちょっと違います。

 

元々、代理輸入とは個人輸入を代行することです。

 

個人輸入であれば商用としての輸入ではありませんから、販売することはあり得ないのです。

 

必ずこじつけるのであれば、個人で購入したけれども気に入らなくなったので競売に出品したということでしょうか。

 

代理輸入という言葉を間違って使用していると考えられます。

 

正規代理輸入品という言葉はあり得ないのです。

 

正規輸入品とは製造元から正規のルートを通して輸入したものです。

 

通販サイトなどで販売されているものは、大半が正規ルートです。

 

そうでなければ品質が保証できないからです。

 

個人輸入が盛んになってきた背景には、インターネットがあります。

 

時差などを感じ取ること無く、通信が出来るのです。

 

英語力などの障害はありますが、インターネットがない時代に比べると格段に輸入がやりやすくなっているのです。

 

このようなところに目を付けた人は個人輸入を代行する代理輸入で起業しているようです。

 

この場合も輸入業と代理輸入業を明確に区別しておくことが大事です。

 

そのことを知らずに代理輸入を通してはいけません。

 

個人輸入を考えているのであれば、代理輸入業者の選定には注意しておきましょう。

 

法律について十分な理解を所持している業者を選定しなければなりません。

 

 

 

私用と商用

インターネットの普及によって、海外から商品を調達することが容易になりました。

 

個人レベルで輸入することが出来るようになったのです。

 

ただし、法律に関する知識もなしに個人で起業しようとしている人も多いのが事実です。

 

個人輸入とは個人で輸入して個人で転売して利益を引き上げることではありません。

 

そんな行為は個人でやっていたとしても明らかに企業の形態をとっているのです。

 

つまり、商用ということになるのです。

 

個人輸入とは私用が大原則です。

 

個人輸入で利益を上げる方法っていうことがホームページにたくさん掲載されています。

 

ただし、これは個人輸入のことを理解していないということです。

 

個人輸入が盛んになってきたのは代理輸入業が増えてきたからです。

 

輸入するための手続きを代理輸入業者に任せることが出来るからです。

 

代理輸入を通している人は単なる代行ですから、商品の斡旋や販売は行いません。

 

勿論、すべてが制限されているわけではありません。

 

国内でインターネットの情報を読んだだけでは肝心なことがわからないのです。

 

あなたは小遣いを気軽に稼ぎたいとしていますか。

 

そこで個人輸入を思い立ったのですか。

 

二度と冷静に考えてみましょう。

 

多くの企業が海外から商品を輸入しています。

 

その隙間産業として個人輸入があります。

 

きめ細かい商品を仕入れることが出来るのです。

 

ただし、それは個人輸入ではありません。

 

個人の私的利用と商用利用においては大きな違いがあります。

 

輸入に限った話ではありません。

 

 

 

輸入代理店の起業

あなたが外国からの商品を買い付けて、転売しようと位置付けるのであれば輸入業としての申請を行わなければなりません。

 

外国の製造元と契約を結べば輸入コーディネーターとなることができます。

 

輸入コーディネーターになることによるメリットはいっぱいあるでしょう。

 

但し、特別なメリットがなければコーディネーターとなる必要はないのです。

 

日本で販売されていない商品でも需要はあります。

 

インターネットが普及したために、海外の情報も簡単に入手することができるようになりました。

 

一般に販売されている輸入品にはコーディネーターなどの利益が上乗せされていますから、価格は高くなります。

 

それが嫌ならば個人輸入という方法があります。

 

真に個人輸入によって商品を手に入れている人は全くいません。

 

代理輸入業者を通じているのです。

 

国内のコーディネーターとして起業したとしても、代理輸入業者に対抗できるだけのメリットを消費者に渡しなければなりません。

 

これからの時代は値段が大きなポイントです。

 

起業しようと考えているのであれば、各種ことを考えておきましょう。

 

安易な気持ちで起業できるはずはないのです。

 

私たちの生活はインターネットによって大きく変わっています。

 

多くの情報を消費者が入手できるようになったのです。

 

消費者がかしこくなったと言えるでしょう。

 

その分販売する方もうまくなければなりません。

 

インターネットで賢く稼ぐ方法と言ったことが書かれているのを目にすることが多いのですが、世の中はいまひとつ軽くありません。

 

ずる賢い稼ぎ方をした人が得をする世の中ではないのです。

このページの先頭へ戻る