代理入札

代理入札

代理輸入とは個人に代わって輸入の手続きを通して受け取ることです。

 

最近は、外国でのみ販売されているものを購入したいとしている人が多くなりました。

 

それはインターネットの普及で、外国の通販サイトなどを見分ける機会が増えてきたからでしょう。

 

外国から購入したいのだけれども、手続きがわからない人のために代理輸入業者がいるのです。

 

直接的な関係はありませんが、代理入札という言葉もあります。

 

これは国内、国外を問わないのですが、一般的に使用わたるのは国内です。

 

競り市サイトの商品を入札するのに、ほかの人の代理で入札することです。

 

勿論、これは違法ではありません。

 

但し、代理入札の結果、支払いの遅延などが発生する恐れがあるために、ほとんどの人は可愛くないと考えているようです。

 

競り市などは相手の顔が言えるわけではありませんから、やっぱり悪徳のです。

 

お金のやり取りがからむことだから、誰でも慎重になるのでしょう。

 

代理輸入も、自分が思っていた商品が思っていた価格で購入出来るまではわずか心配ですよね。

 

インターネットの普及によって、各種手続きは簡素化されましたし、相手からの応答も格段に早くなっています。

 

ただし、相手が見えないことへのデメリットは大きいと考えるべきです。

 

殊に相手が外国の場合は日本の常識が通用しないケースもあるのです。

 

自分でできないことであれば、多少の手数料を払っても、信頼のおける業者に依頼することが賢明と言えるでしょう。

 

 

 

個人輸入代理店

個人輸入と通常の輸入はどうして違うのでしょうか。

 

通常の輸入は企業が商品を輸入して、国内で販売することです。

 

但し、個人輸入とは海外の商品を購入して、日本に送付して貰うことです。

 

商品の流れとしては同じことところが、間に入る業者が少なくなりますから、手数料も少なくなります。

 

結果として商品を安く入手することが出来るのです。

 

そこで問題となるのは、外国とのやり取りをあなたが出来るのかということです。

 

通常の人にはできませんよね。

 

英語を理解することと、輸入の手続きの方法について知っておかなければならないのです。

 

また、時にはトラブルも発生するでしょう。

 

そのような面倒なこと一切を引き受けてくれるのが個人輸入代理人です。

 

代理輸入を専門としていますから、ほとんどの国に対応できます。

 

このような代理輸入はコツさえ押さえておけば、それだけ苦しいことではないのです。

 

但し、仕事として慣れている人と個人ではかなりの差があります。

 

現地人との直接のやり取りが必要なのです。

 

インターネットの普及によって、通信手段にはほとんど費用が掛かりませんし、応答速度も速くなっています。

 

Skypeを使えば無料の電話が払えるのです。

 

当然、メールも活躍しています。

 

日本で販売されていない商品はたくさんあります。

 

コスメティックやファッションが多いようです。

 

主にアメリカが多いかもしれませんが、ヨーロッパのファッション品を購入したいとしているとすれば代理輸入を考えてみましょう。

 

あなたは如何なるものを購入しますか。

このページの先頭へ戻る