コーチングの由来について

コーチングの由来について

いかなるルートから「コーチング」というのが出てきたのでしょうか。

 

その由来や語源をちょい挙げてみたいと思います。

 

ガリレオ・ガリレイという人がいたのをご存知でしょうか。

 

ガリレオは「人には教える事が出来ないが、その人が悟れる様にサポートしてあげる事は出来る」と言っていたそうです。

 

こんな考えはコーチングそのものの考えと言って良いと思います。

 

つまり1500年代にはとっくにコーチングの考えは存在していた事になるのです。

 

そうしてコーチングをする人の事を「コーチ」と呼んでいますが、コーチという英語が選べる様になったのは16世紀の事だったそうで、その時コーチは「馬車」という意味を携帯していたそうです。

 

馬車は人を目的地まで運んでいただけるという意味が有りますので、コーチングに関しても目的を達成させる為に考えを引き出せる様に手助けしていただけるという意味が有りますから同じ意味という事になり、それが語源となったともいわれています。

 

そうしてコーチは1840年代になって受験指導をする為の個人教師という意味合いを携帯して使われ始めてきたのです。

 

家庭教師はマンツーマンで指導しますよね。

 

個人の能力によって指導出来るという意味と、馬車で目的地まで連れていってもらえるという意味に例えた所に由来している様なのです。

 

そうして経営関連用語として1950年代にはコーチという言葉が登場する様になったそうです。

 

このコーチングに関する出版ものは1980年代にグッと多くなったそうなのですが、それほどなった背景にはアメリカ経済の不況という当時のアメリカの様子がきつく影響していたみたいです。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【リクエストを聞いてみる】

「リクエストを聞いて見る」というコーチング方法が有ります。

 

部下が目標を達成してくれない。

 

上司より部下の方がたくさんの知識を所持しているので、部下との接し方が良く分からない。

 

どうして部下を応援して良いか思い付か。

 

という場合に効果的コーチング方法になります。

 

コーチングを始めたばかりのコーチの人がついつい犯してしまい易いミスというのが、自分が手掛けているクライアント全ての人におんなじタイプのコーチングをしてしまうという事に有ります。

 

コーチングと言うのはクライアントが目標を達成する為のサポートをするという事に有ります。

 

但し目標に対してどうしてサポートを通じていけばいいのかと言うのはその人個人によって違うのです。

 

奮い起こした方が良いという人、突っ込んだ方が良いという人、ただ話をして盛り上がりたい人と色んなタイプがいます。

 

確かにコーチングの経験を積んで行けばそれなりにクライアントが欲している事を察する事が出来ると思いますが、そうだとしても戸惑う事は有るものです。

 

そこでコーチングとして大切なのがクライアントのリクエストを聞くという事になるのです。

 

クライアントに「コーチングの方法はどうして言うのがいいですか?」と聞いて仕舞うのも1つの方法ですね。

 

自分で考えるより思い切って尋ねる様にすると、結果的にクライアントの為になってコーチングのせいかものぼり易くなると思いますよ。

 

コーチングとしてクライアントのリクエストを聞いてみましょう。

 

 

 

 

コーチングの種類について

応用出来る範囲が違う事から「業務コーチング」「パーソナルコーチング」の二つの種類にコーチングは分類されていると思います。

 

 

 

【業務コーチング】
人材育成マネジメントの一環で、企業や組織においてその中にいる個人が本来持っているであろう能力や隠れる可能性を最大限発揮させるものとして位置付けられている物になります。

 

このときにコーチングする人は企業の管理や監督を通している立場の人になります。

 

そうしてコーチング繋がる人は部下や後輩という立場の場合が多いです。

 

また外部の人間が企業の人を相手にコーチングする事も有ります。

 

 

 

【パーソナルコーチング】
個人が掲げている目標を達成させる為に、個人が自発的に行動出来る様に促し、達成に導いていただける様に、日常生活の色んな場面でコーチングを取り入れて出向く事が望ましいと考えられています。

 

そうしてその目標を達成し、人生が充実して暮らしていける様にコーチングしてもらうという訳です。

 

こうした動きは日本ではまったく馴染みが有りませんが、欧米ではとっくに一般化されていると言います。

 

テーマとして取り上げて出向くのは様々な事で、大抵は家庭内や恋愛、人間関係等、極プライベートな事が多いです。

 

コーチングできる方はコーチングスキルさえあればプロもそうじゃなくてもとも構わないと思います。

 

そうしてコーチングは専ら教えてもらうだけでなくコミュニケーション手法になっていますので、会話が成り立つ場であれば何にでも応用が可能だと思います。

 

そういった事からも、コーチングの需要は今後高まっていくのではないかと感じるのです。

 

 

 

 

コーチングの歴史

1500年代、「コーチ」という言葉が誕生しました。

 

そのことばが生きる分野はその後広がっていき、スポーツの世界やマネジメントの世界へと広がっていったのです。

 

そうしてアメリカで1990年代に相次いでコーチの養成機関が設立されて赴き、その役割や意味が世界中に広まって見える様になっていきました。

 

それがコーチングの簡単な歴史になります。

 

 

しばし細かく見ていくと、コーチの語源は元々「馬車」という意味だったそうで、大切なその人の待ち望む場所へ送り届けて与えるという意味が産まれたのだそうです。

 

そうして学生を指導する個人教師の事を1840年代からは「コーチ」として呼ばれる様になっていきました。

 

その後1880年代にスポーツ分野で指導者の事を「コーチ」として呼ばれる様にもなっていきました。

 

そうして今で言うコーチングの意味的マネジメント分野で生きる様になったのは、1950年代という事で、ハーバード大学助教授であったマイルズ・メイスは自身の著書で「人間を中心としたマネジメントをする上で、コーチングはとても大切なスキルである」という様にも記述していたそうです。

 

その後色んな人がコーチングに関する出版ものを発行する様になったり、セミナーが開催される様になっていきました。

 

そうしてアメリカにおいてコーチの養成機関が1990年代ころからずっと設立されていったのです。

 

これをきっかけにして多くのビジネスシーンにおいてコーチは大活躍してきて、コーチングという技術に注目が固まる様になっていったのです。

このページの先頭へ戻る