コーチングの考え方【ビジネス】

コーチングの考え方【ビジネス】

もしも部下が何かを質問に来たらどうして考えて対応して行ったら良いのでしょうか。

 

コーチングの部分から規則正しい考え方、間違う考え方を挙げてみたいと思います。

 

 

 

【ふさわしいコーチングの考え方】
部下は何かを分からなくて相談に来ているのですから、話を聞いて贈る事をしなくてはなりません。

 

そうして上司として何が思い付かのか質問を通じて話を引き出して赴き、対応を通じていかなくてはいけません。

 

質問に来ている場合、大抵はその答えを持っていると思います。

 

上司が単純に教えてあげて「うん、終わり」というのではなく、部下や答えを自分で生み出せる様に時間をかけて引き出して譲る必要が有ります。

 

この時効率性は二の次として考えてあげた方が良いでしょう。

 

つまり、コーチングのふさわしい考え方としては、答えと言うのは現場に出ている第一線の中に在るとしていると思います。

 

ですから上司がやるべき事は答えを出せる様に導いて出向く事だと思うのです。

 

 

 

【間違うコーチングの考え方】
部下が相談をしにきています。

 

思い付かから聴きに来ているのですから、上司として何か答えを言ってあげなくてはならないと考える事は間違う考えだと思います。

 

やはり上司ですから部下よりは海千山千で答えも持っている事でしょう。

 

教えてあげた方が効率性も良いと見まがうと思います。

 

そういった考えはコーチング的には間違う考えだと言えます。

 

答えをあげるのではなくて、考えさせて弾き出して贈る事がコーチングとして肝なのです。

 

 

 

 

コーチングとティーチングの違い

現在、従来有った強制型コミュニケーションというやり方から、共生型コミュニケーションへと移行しつつ有ります。

 

つまりティーチングからコーチングへとコミュニケーション方法が変わってきた事の現れだと思うのです。

 

今までは「知識」「情報」「答え」を持ち歩いている人が指示命令を与えて、欠ける人に強制的にやらせるティーチングという方法で社会も家庭もコミュニケーションが行われてきました。

 

それが「知識」「情報」「答え」を持ち歩いているであろう第一線の人を大切にしていくという事で、質問して答えを引き出して行こうというコーチングという手法に変わってきたのです。

 

ティーチングとは、知っている人が知らない人に対して答えを渡して手助けしたり、知っている人が知らない人に対して指導したり管理監督を通して行く事を指しています。

 

対してコーチングは、個人に当てはまる形でコーチがサポートを通して赴き、相手の気持ちに沿って質問を通して言ってその中に眠っている情報や答えを引き出してあげ、上司が部下を支援するという形を取っています。

 

現在は色んな情報が行き交う情報化社会になり、コミュニケーションのとり方や育て方も変わってきています。

 

そういう中、個人を引き伸ばす方法としてコーチングという手法に注目を集めているのです。

 

無論ティーチングも必要だとは思いますが、用途によってコーチングとティーチングを使い分けて行く事が大切なのではないかと思うのです。

 

その為には上司や親がコーチングスキルを身につけなくてはならないというのです。

 

 

 

 

コーチングにとって大切な事

クライアントはきっちり「やり遂げてもらえる」「考え付いていただける」という事を信じて立ち向かう行為をコーチングと言います。

 

コーチはクライアントが秘めているであろう無限の可能性を信じてサポートしていかなくてはなりません。

 

なのでコーチングにとってポイントを挙げてみたいと思います。

 

 

 

先ずは「答えはクライアント自身の中に見て取れる」という事です。

 

この場合、答えはクライアント自身が持ち歩いているのにクライアント自身がそれに気が付いていない場合が多いのです。

 

この時コーチングをするコーチはクライアントを信じ、答えを教えない様に引き出して言える様に自分を信じてコーチングしていく事が大切となります。

 

 

次に「クライアントには答えを出せる能力が備わっている」という事です。

 

クライアントはとにかく出来るし、答えを出せる能力もあるという事を信じてあげなくてはいけません。

 

出来ないからと言ってコーチが自分で答えを出していってはいけません。

 

クライアントが答えを出せないのはクライアントの能力が無いのではなく、コーチングの仕方が小さいのだと認識しましょう。

 

 

次に「答えを少なく見つけ出せる為にサポートしてあげる事」という事です。

 

この場合、コーチとしてクライアントに全力を出してサポートしてあげる必要が有ります。

 

コーチのサポート力が良いと、クライアントも答えを早く引き出せる様になります。

 

効率が悪いからとサポートを諦めない様に、必ずクライアントをジブラルタルのペースに巻き込んで引っ張っていかない様に注意しましょう。

このページの先頭へ戻る