コーチングをしてみよう【相手から何かを引き出す】

「相手から何かを引き出す」というコーチング方法が有ります。

 

部下に話をさせてあげたいのに結局自分が話を一方的としてしまって終わってしまった。

 

部下が目標を達成してくれない。

 

なんていうまま効果的コーチング方法です。

 

コーチングの定義の中で「引き出す」という事が何を指しているのかと言うと、相手だって自分の内面に眠っている能力や知識に気付いていない場合が多いです。

 

それを上手に引き出してあげて新設行動が無くなる様な指針としていくというものになります。

 

仕事の上でアイデアを出すのは上司だけとは限りません。

 

もしかしたら部下の中にだってもの著しいアイデアを所持している人がたくさんいるかもしれません。

 

そのアイデアやそれに携わる知識を誰かが引き出してあげなければ、終始表に出ないままで終わってしまうのです。

 

誰かコーチングで引き出して与える事で、その人の人生がより豊かなものになるかもしれませんよ。

 

人間と言うのは人様に対して防衛本能が働いているので、何だか気持ちを表に描き出す事が出来ません。

 

防衛本能が働いているままではさらに心の奥にあるものを引き出してあげられないのです。

 

コーチングでは防衛で下りてしまった心のシャッターを開けて贈る手助けをする事に有ります。

 

そこからどれだけ引き出して言えるかなのです。

 

そうして引き出して引き上げる為には、上手に質問を通じていって上手に対応を通じていきます。

 

根気が要りますがその後には相手から引き出してあげたという喜びが得られるかもしれませんよ。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【フォローする】

「フォローする」というコーチング方法が有ります。

 

部下が目標を達成してくれなかったり、レポート等決められた資料を決められた期限までに提出してくれなかったり、自分でやると宣言したものの継続出来ない、部下が行動を起こす為の第一歩をどうしても踏み出せないという様な場合に効果的コーチング方法になります。

 

たとえば相手の行動が変わる事を願って、相手に対して話をして関わって相手もその気になったと思ったのに、じつは何にも行動をしてくれていなかったという事はよくある事だと思います。

 

自分が誰かを育成しているならもっとの事、自分が相手に与えた影響がずーっと続いてほしいと狙うものだと思うのです。

 

ただし現実にはそんな事むずかしい事ではないでしょうか。

 

ですからコーチングとしてはコーチとして相手をフォローするというコーチング方法を使います。

 

相手の気持ちが高まったらOKというだけでは駄目で、相手が実際に行動を起こしていただけるまでフォローを通じて挙げるというものになります。

 

たとえばですが、何かをしようとしたところ「何日か過ぎその経過を教えて下さい」という伝え方をします。

 

その後実際に数日後に連絡を取ってみて状況を聞いて見るのです。

 

そのときに何にも行動が起こせてなかったら、行動を起こせなかった原因は何だと想うのかをハッキリさせて出向く必要が有ります。

 

そんなにする事で相手が行動を起こせる様に環境を整えていって引き上げるのです。

 

根気が必要なコーチング方法ですが、コーチがサポートしてくれているという実感を相手が携帯してくれると思いますので効果的だと思いますよ。

このページの先頭へ戻る