コーチングをしてみよう【答えられる質問をする】

「答えられる質問をする」というコーチング方法が有ります。

 

基本的コーチングと言うのは相手から考えを引き出す事にあると思います。

 

コーチングを勉強して見ると相手から色んな考えを引き出す事の楽しさと言うか醍醐味の様なものを知ってくるのでなんとなく力が入ってしまうと思うのです。

 

そうして最初から大きな事から質問をおのずとしてしまう様になるのです。

 

たとえばそれは「将来どうしてしたいですか?」という様なそれとなくそれでいて大きな質問の様なものです。

 

それでもそんな事急に質問されても、アッという間に答えられる人っていないですよね。

 

当然常日頃そう言う事を考えている人なら別な話ですが。

 

そう言う質問に報いる為には、充分に考え抜いて色んな観点から考えていきながら、自分の中で思いやイメージを膨らませて行く必要が見て取れるのです。

 

この様に大きな質問を答えて味わう為には、相手がその答えをアッという間に口にして答えられる様に、ちっちゃな質問からしていく必要が有るのです。

 

ちっちゃな質問とはたとえば「今日はいつに起きました?」「今日の昼ごはんは何を食べました?」という様な感じですね。

 

「その質問は本来したい質問となんにも関係ないんだけど」というかもしれませんが、こんな簡単な質問をする事で相手が質問に対して話すという事に慣れていってくれるのです。

 

そうしてゆっくりもうすぐ相手の意識を心の内側にかけて出向く様にすると良いのです。

 

コーチングとして相手から考えを引きずり出したいのであれば、先ずは答えられる質問からしていくのがコーチングの鉄則だと思います。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【相手の言葉を繰り返してみる】

「相手の言葉を繰り返して見る」というコーチング方法が有ります。

 

部下が随分目標を達成してくれなかったり、周りの雰囲気が悪かったりするたまに使ってみると良いコーチング方法になります。

 

基本的コーチングの哲学としては、「人をリライアビリティで動かして出向く」という事に有ります。

 

飴やムチを与えて相手を動機づけていくのではなく、お互いにリライアビリティを抱ける関係を作り出して、その上で相手が行動を起こせる様にする為の土台を作っていくというものになります。

 

相手にリライアビリティを届けるコーチング方法が「相手の言葉を増やす」という方法になります。

 

完全に言葉を繰り返しても良いですし、言葉の語尾だけをとって繰り返しても良いですし、「そうね」「そう」という相槌を打つだけでも良いと思います。

 

「相手の言葉を増やす」と言うのは、相手が発した言葉に全て賛成するという事ではありません。

 

相手が今現在有る状態を認めて売るという事なのです。

 

そんな事出来る筈が無いし、それをするだけで必ずやリライアビリティを与えて信頼出来る関係が作れるのかと不安に思うかもしれませんが、とっても有効なコーチング方法だと思いますので、ぜひ必要だなと想うまま相手が話した言葉を繰り返して下さい。

 

それだけで相手はあなたにリライアビリティを抱き、目標を達成する為の行動を起こしやすくなったり、周りの雰囲気が良くなったりしてくると思います。

 

聞いて挙げて言葉を増やす。

 

というコーチング方法をぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【相槌を上手に打ちましょう】

「相槌を上手に打つ」というコーチング方法が有ります。

 

部下に話を終わらすでついつい自分が話をしてしまったり、部下が話をしてくれなかったり、アイデアを引き出して挙げられなかったり、目標を達成できなかったりするたまに使ってみた方が良いコーチング方法になります。

 

相手が答えてみたいなという様な質問をした場合、相手が話し始めますよね。

 

その時に上手に相槌を打てなければ相手は途中で話を止めてしまうかもしれません。

 

相槌ってあまり重要なもので、相手の話を引き出して差し上げるずいぶん便利なツールだと当てはまるのです。

 

人間だから話をしたいときだって、したくないときだって有る筈です。

 

ご自分の話し方を少々振り返ってください。

 

如何程相槌を通しているか通じるでしょうか。

 

いかなる声のトーンで、大きさで、どんな表情で如何なる言葉で相槌を通しているのでしょうか。

 

やはり相手によってそのやり方は違っているかもしれません。

 

大抵の場合、話し合いの中で相槌を無意識に打っていると思いますから、如何なる相槌方法を自分が打っているのか知っておく事が先ずは大切になります。

 

意識して探るのも良いでしょう。

 

会話を録音して確かめるのも良いでしょう。

 

どういう相槌を打っているのか知って、上手に相槌を打てる様に変えて、コーチングを通してみると良いかもしれませんね。

 

やっている内に「私って相手に話をする気にさせている位、相槌が上手なのかな?」としてやる気になるかもしれませんよ。

このページの先頭へ戻る