コーチングとセラピーやカウンセリングの違い

セラピーとカウンセリングとコーチング。

 

これらは似ている様でそれぞれ目的が異なっている違うものになります。

 

セラピーやカウンセリングを利用する場合は、今抱えている問題を解決させる場合に利用しています。

 

ですからその問題を解決させる為にセラピストやカウンセラーは原因を取り調べ、過去を振り返り、色んな視点からクライアントと共に深く掘り下げて行く様になります。

 

問題を解決させる為にクライアントと共に導いていってくれる訳ですね。

 

対してコーチングをする目的と言うと、未来を見据えて、その未来に関して対象者の行動が変わる様に促してサポートしてあげる事を目的としています。

 

つまり対象者が未来の目的にかけて行動を起こしたり、行動を変えたり出来たらコーチングの成果が出ているという指標になると考えてもらって良いでしょう。

 

コーチングをする人の事をコーチと呼んでいますが、そのコーチは対象者(クライアント)が目指そうとしている状況を達成させる為に、対象者が現在置かれている状況、目指そうとしている状態を可能な限り明解として、それを達成させる為にはどうしていけば良いか一緒になって考えて出向く様にすれば良いと思うのです。

 

コーチングと言うのは要するに主たるものとしては現在と未来に着眼していく事になります。

 

またそういったプロセスの中で未来に目を向けて行動を起こしていくと障害となる事も出てきて解消していかなければならない事も出てきますが、その事は目的にはなりません。

 

そうして誰にでもコーチングは機能するのではなく、目標や目的をきちんと持ってそれを達成したいと願っている人しか機能止める事も了承しておきましょう。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【自分の気持ちを話しましょう】

「自分の気持ちを話して見る」というコーチング方法が有ります。

 

部下に質問を通じても断じて答えてくれない、部下とのコミュニケーションを図っていい関係を築きたい、部下と正に上手くいかないという様な時に使ってみると喜ばしいコーチング方法になります。

 

仮に部下など、人を育成してみたいと思うのであれば育成よりもとにかく自分が相手から信頼される人間である必要が有ります。

 

その時に重要なポイントとなるのが、相手に正しく内面ている事、気持ちを伝えていくという事になります。

 

勿論それだけで相手があなたの事を信頼するかどうかは分かりませんが、気持ちを見せない人に自分の気持ちを見せたいという人がいるでしょうか。

 

会社の上司の場合、部下に弱みを見せたくないと思うかもしれませんが、相手に対して自分の考えを素直に語れる様になるには相手の気持ちに触れた時だと思ってくれて良いと思うのです。

 

それほどすると疑いが無くなって信頼する様になってくると思います。

 

誰かと話をして相手の話をする際、自分がどんな風に思っているのかふと意識して見て下さい。

 

そこに何かしらの反応があるなと感じたらその事を素直に相手に話してみましょう。

 

そうして伝えてみましょう。

 

そんなふうにする事で相手は予想以上に反応して話をしてくれる様になると思います。

 

ですから自分の気持ちを話してみるというコーチング方法はとても有効的コーチング方法ですから、ぜひコーチングをしたいとしているのであれば試してみると良いと思いますよ。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【相手の中に必ず答えが有ると信じる事】

「相手の中にとにかく答えが見て取れると任せる事」というコーチング方法が有ります。

 

このコーチング方法が有効的のは、「今まで順調に成績を上げていたのに、幾らかスランプに落ちている部下がいる」「部下に答えが生み出せると思えない」「部下からアイデアや提案を引き出してあげられない」「部下に仕事を任せられない」という場合ではないかと思います。

 

少々考えてみて下さい。

 

あなたは部下と話をしていてアイデアを引き出すより、自分の考えを提案している事の方が多くはないでしょうか。

 

部下から「どうしたら良いでしょうか」と聞かれた場合、コーチングでは部下に対して「何が出来るという?」と訊くのが一般的です。

 

ただし聞いている上司がなにか気が利いた提案をしようと躍起になっている事もあると言います。

 

提案する事は喜ばしいことだとは思いますが、相手の考えを引き出しながら提案を考える事を共にするのは無理があるのです。

 

ですからコーチングでは提案する事は控えて、相手から答えが起こるまでしっかり見守って挙げる様にすると良いのです。

 

そうすると自然と相手から何かしら意見が出てくる様になるから不思議ですよ。

 

やはり、ただ黙って待つのではなく相手がどうしても答えると信じてあげてくださいね。

 

相手を任せる気持ちがあるからこそ相手も考えを引き出してくれるのです。

 

部下があなたに何かしら相談を通してきたら、自分に一番良いと思われる提案が有ったとしても、「あなたはどうして想うの?」と相手がきっちり報いると信じて聞いてみてくださいね。

このページの先頭へ戻る