コーチングをしてみよう【誉める】

コーチングをしてみよう【誉める】

「誉める」というコーチングの方法が有ります。

 

部下が目標を達成出来なかったり、部下の誉め方が分からないという場合に有効的コーチング方法になります。

 

今の企業内における研修や育成に関して、上司が部下に対して教育しているたまに誉める事と叱る事をしなくては、ならないと感じている場合が多いそうなのです。

 

この誉めると怒るのセットは絶対的に必要だと感じている様なのです。

 

誉めてばかりいたら甘えてしまって成長が止まってしまう。

 

叱られて過ちに始めて感づく事が出来るから、新しく次の一歩を踏み出せるのだという考え方の様です。

 

コーチングの観点から言うと怒る事自体否定している訳ではありませんが、叱らなくても良いという考え方で実践していっているのです。

 

 

たとえば誉めて伸ばすという様に、テストで前回より良い点数を取ってきたとして、その点数が平均点以下だとしても点数が悪い事を叱るのではなく、前回の点数より上がったという事を誉めるという感じです。

 

叱られたら凹んでやる気が失せて仕舞う様な人も、誉められると「やった」と気分が良くなって次も頑張ろうという気持ちになるのです。

 

仕事けれども同じですよね。

 

叱られてばかりだとモチベーションも下がってしまいますが、誉められたら最新モチベーションが出来て上がりますよね。

 

そういった事がコーチングスキルとして有るのです。

 

叱りつけるのが腹黒いとは言いません。

 

ときには必要でしょう。

 

でも誉めるというコーチング方法をちょい実践してみたらエラい成果が出てくるかもしれませんよ。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【「何故」じゃなく「何」と聞く】

「“なんで”じゃなくて“何”と訊く」というコーチング方法が有ります。

 

会社の場合、部下が目標を何やら達成してくれなかったり、聞いているのにあんまり意見や話をしてくれなかったりするたまに有効的コーチング方法になります。

 

何かしら仕事けれどもプライベートでも問題が起こった時、その問題が起こった理由は何という事をはっきりさせる為に「何故」という質問をしてしまうと思います。

 

たとえばある提出ものを明日までに作ってもらって出来なかった場合、「なんで出来なかったんだ」と質問して仕舞う事が多いと思います。

 

そういう質問をあなたが本当にされたらどんな反応をするというでしょうか。

 

それが思い付かから何も答えられないと言うのが現実ではないでしょうか。

 

コーチング方法を取り入れる場合は「何故」じゃなくて「何」で質問するのが有効的だと書きました。

 

「何故出来なかったんだ」じゃなく「出来なかったのは何が原因だと想うんた」という様な聴き方をするという事です。

 

「なぜ」と言われるとなんだか小さい事をしている様な気分に人はなって、それ以上攻撃を通して欲しくないので黙ってしまうと思うのです。

 

「何」と聞くと一緒にその原因を探ってくれる様な感じがして、話しやすくなると思うのです。

 

叱るのではなくてその原因を一緒に探って取り除いて挙げる事が大切なのです。

 

「何故」じゃなくて「何」を質問するだけで、部下は現実を客観的に捉えやすくなり、その理由を考えてみようという気になると思いますのでぜひ試してみてください。

 

 

 

 

コーチングをしてみよう【良い結果になるイメージをさせる】

「良い結果になるイメージをさせる」というコーチング方法が有ります。

 

「部下が目標を達成してくれない」「期限通りに資料を提出してくれない」「自分で立てた目標を継続してくれない」という様なところ有効的コーチング方法だと思います。

 

何か新しい事をする、行動を新たに引き起こすと言うのは簡単な事ではありませんよね。

 

もちろん心に誓ったところはやろうという意気込みが見て取れるのだと思うのですが、実際に決めるとするとどうも「不愉快イメージ」が沸き上がってきて、「明日決めるかな」という様に先伸ばしとして仕舞う様に陥る可能性が高いのです。

 

そうして次の日になるとまた同じ事を思って先伸ばしに・・・。

 

それの繰り返しになってしまう。

 

その目標を達成するまでのプロセスを考えてしまうとやむを得ず不愉快イメージが沸き上がってきてしまってやる気にならなくなってしまいます。

 

そかし目標を整えるという事は、目標を達成したらそれなりに良い事が見て取れるという事なのです。

 

ですから達成するまでの行動で不愉快イメージを沸かすのではなく、最終的に目標を達成した後の良いイメージを起こさせて授ける事で具体的にイメージが出来る様になります。

 

そうなると、やる気が段々沸き上がってきて行動に移れる様になってくると思うのです。

 

ですからコーチングとしては部下が悪いイメージではなく、良い結果がイメージ出来る様にサポートしてあげる事がずいぶん大切になりますので、上司の方で部下のやる気に悩んでいる場合はぜひこのコーチング方法を実践してください。

このページの先頭へ戻る