就活は情報戦?・就活スケジュール

就活は情報戦?・就活スケジュール

一般的な大学生の就職活動のスケジュールを見てみます。

 

昔のように就職協定のあった時代は、大学4年次から就活がはじまりました。就職協定のなくなった現在は、動きが早まっています。

 

 

ざっとおさらいです。

 

  1. 企業側の募集にかんする情報発信
  2. インターンシップ、会社見学
  3. エントリー受付
  4. エントリーシートの受付
  5. 会社説明会の開催
  6. リクルーターと学生との接触
  7. 採用試験
  8. 採用面接
  9. 内々定者の確保
  10. 内々定者の動向調査、フォロー
  11. 内定者の確保
  12. 内定者の関係強化
  13. 内定者の育成
  14. 入社
  15. 新人研修

 

ベンチャー企業など中小零細企業では、この限りではありません。会社の規模にもよりますが、大手企業のだいたいの項目です。

 

学生のみなさんは、希望する業種や会社の情報収集をまずしましょう。この情報集めからの企業と人とのマッチングミスですね。

 

ここも注意する点で取り上げたいと思います。

 

ネット上の情報や、パンフレットだけではわからない、企業と人とのフィーリングです。人と人が繋がりあった情報のないところには、ベストなマッチングは生まれません。

 

何十社も受けても、落とされるといった人は、この部分で情報入手の間違いを犯しています。

 

就活には、莫大な労力、時間、そしてお金がかかります。

 

青春の貴重な時間を無駄にすることなく、しっかりと戦略を練って、己自身を知り、企業を知り、的確な行動を無駄なくこなす必要があります。

 

むやみに人気企業だから、みんなが応募するので取りあえずダメ元で・・・

 

なんていうことは、絶対に止めましょう。

 

 

就活は情報戦?

 

 

「就職活動は、情報合戦」という言葉が飛び交っています。

 

リクルート情報、会社説明会情報、大手企業の面接動向、企業の業績、社長ブログ、関係者のtwitterやfacebookなど少しでも有利な情報を抑えておきたいというのが人情でしょう。

 

それも大切ですが、行き過ぎてしまうと情報に振り回されて、本当に今必要な課題が見えなくなることがあります。

 

はっきりと予定を組んで、目標に向けて細分化した今日の予定を淡々とこなすということが、成功への定石です。

 

 

次回へ続く・・・

 

 


このページの先頭へ戻る