エントリーシート書類選考で「こう書け的」なテクニック

エントリーシート書類選考で「こう書け的」なテクニック

就職活動で苦労するところは、面接です。面接は、事前準備をするにしても本番というものがあります。

 

自己分析の意味と方法というでは、面接と自己分析の関係をしっかり見据える必要があります。

 

自己分析が、企業に合わせた理想像とならないように、あくまでも自分を見つめなおして、自分の将来像を確かめる作業としなければなりません。

 

主体性がない自己分析は弊害です。

 

 

「こう書け的」なテクニック

 

 

エントリーシートなど書類選考には、「こう書け的」なテクニックはあります。

 

テクニックというよりも、何をどうやって一番効果的に伝えるのかという点です。

 

伝わる文章術と言ってもいいかもしれません。

 

多くの就活生は、欄を埋めるためにダラダラと事実や希望を書きます。

 

はっきり言って採用側は、こういう文章は、読むのが面倒なのです。

 

読む人に、簡単にわかってもらえるように、書く順番を換えるだけで分かりやすいものになります。

 

それは、常に結論を最初に書くことです。

 

「結論からその説明へ」です。

 

自己紹介も、志望動機もです。

 

あなたの提出する書類は、「面倒くさがり屋」が読んでいると思って下さい。

 

 

 

次回へ続く・・・

 

 


このページの先頭へ戻る