就活の絶望から抜け出し早く内定を取るために・第8回

就活の絶望から抜け出し早く内定を取るために・第8回

早く内定をとり充実した学生生活を送ることが出来るようにするには何をすればいいでしょうか。

 

前にご紹介した香織さんのように20社以上の会社にチャレンジしても内定がもらえず、ノイローゼ気味になってしまう人もたくさんいます。

 

 

「何度受けても駄目・・・」

 

「もう就職浪人しかない、でも来年はますます不利になる!不安だらけです。」

 

「何から手を付ければいいのかわからなくなってきた・・・」

 

 

就活中の方々は、少なからずこんな思いにかられているのではないでしょうか。みなさん就職活動にたいして不安をもっています。

 

しかし、その一方で、早々と内定を取り付けて有意義な学生生活を送っている人もいます。

 

その違いはなんでしょうか。

 

優秀だからでしょうか?

 

けっっしてそんなことはないのです。

 

就活は人と人との関係を築く行為です。企業側からは、一緒に働いてやっていける人、フィーリングの合う人というのが大きな条件のひとつです。

 

就活本に書いてあるようなテクニックだけでは、乗り越えることのできないものが存在しています。

 

それは、正しい就職活動のやり方を知っているか、知らないか!の違いになってきます。

 

前にご紹介した香織さんのブログ、は参考になるかと思います。

 

●香織@就活面接!泣けるお話!のブログ

 

内向的な性格を就職活動をとおして自己変革した良い例だと思います。

 

若い方々にとっては、就活じたいが成長の過程になると思います。

 

「就活は人と人との関係を築く行為」などといわれても、今から人間性をかえていくのは無理だ!とう声も聞こえてきそうです。

 

そんなことはありません。特に若い方々は、きっかけさえあれば、1日で変化していく例を私はたくさん見ています。

 

若さがうらやましくなる瞬間です。

 

就活で自分を見つめなおし、なりたい将来像をはっきりさせて、具体的な企業選びをしていけるようになれるものです。

 

自己流でやたらと情報戦に突入して惑わされることなく、正しい就職活動のやり方を知ってほしいと思います。

 

その中で、人間的に成長途上の姿が若者として美しく、まぶしく映るわけです。

 

そんな姿に企業人はひかれるのです。

 


このページの先頭へ戻る