就活が決まらない一方で、この学生は絶対に採れという・第9回

就活が決まらない一方で、この学生は絶対に採れという・第9回

正しい就職活動のやり方というものの本質をみていきたいと思います。

 

枝葉のところは、他の就活本で勉強して下さい、本書は、あくまでも中心部分のところを述べたいと思います。

 

就職活動における中心部分、幹に当たる部分が一番大切なのです。

 

そこを外した、枝葉の部分の情報にまどわされていると苦労の連続になります。

 

早々と内定を取り付ける諸君は、この部分が違っていたりします。

 

就活関連の書籍を何冊も読みあさって、情報過多に陥る前に、就活の本質をつかんだ上で必要な情報にあたってもらいたいものです。

 

前回ご紹介しました、何度も面接で落とされていた香織さんの場合も、情報過多に陥り、ノイローゼ状態になっていました。

 

どの人にとっても、就職活動というのは、そんなにたくさん経験するものではありません。

 

なんてことのないものに対して、一人で思い悩んでしまうものです。的確なアドバイスがあれば、解決できることは多いのです。

 

たくさんの就活本や面接本を読むのも結構ですが、情報過多で訳がわからなくなるという状況は避けていただきたいと思います。

 

厳選された採用する側の考え、面接官の本音といったものを優先して知り、それに対して対策を立てるべきです。

 

企業の実際の採用スケジュールのなかでは、就活期間の早い段階から、人事部長が「この学生は絶対に採れ」と号令が発せられる人物が必ず出てきます。

 

それは、意識してか、無意識かは、わかりませんが、採用側の心理にピッタリとあった就活をしている者がそうなるのです。

 

この採用側の求めていること、採用側の心理というものに対して貪欲に情報を入手して下さい。

 


このページの先頭へ戻る