英語の習得は自分でやらなきゃ駄目なのです

どうして英語を習得すればいいのかな?どうして勉強すればいいのかな?と思った時に、誰か英語がとれる人に聞いたり、本やインターネットを参考にする事はよくある事ですよね。

 

参考にして自分で英語を習得しようとするのは良いと思うのですが、あまり人を頼りにし過ぎるのはよくないと思うのです。

 

 

何かを勉強する時って、勉強の仕方にはその人によって相性が在ると思います。

 

仮に他の人がこれはいい方法だと言っていてもそれが自分に見合うとは限らないのです。

 

これは恋愛でも呼べるかもしれませんね。

 

たとえば誰かに男の人を紹介してもらったとします。

 

紹介した人はその人が良いと思っても、紹介された人にとってはその人を恋愛対象におもうとは限らないからです。

 

英語の勉強に関してもおんなじ事だとは思うのですが、この習得方法が良いと誰かが言っていても、それが果たして良いのか判断材料が少な超えるのです。

 

その為に勉強を続けていたとしても結局習得出来なかったというパターンが多いと思います。

 

ではどうすれば自分に見合う習得方法が見つかるのでしょうか。

 

一旦大切なのは英語の勉強をしていてその勉強方法が嬉しいと憶える事が出来るかどうか。

 

英語を勉強する為の目的がきちんとあるかどうにか。

 

こう言うのが察するかどうにかで自分に合っているかどうにかが分かると思うのです。

 

誰かが助ける訳では有りません。

 

自分で探し当てるしかないのです。

 

色んな情報に惑わされず、自分に当てはまる習得方法を見極める様にくださいね。

 

 

英語はどんな習得の仕方をすればいいのでしょうか

 

「英語を習得するにはどういう勉強をすればいいのでしょうか」と訊く人がよくいると思います。

 

ただし的確に答えられる人はまずいないと思います。

 

それは何故かと言うと、自分に合っている習得方法であれば何でも良いからです。

 

英語の習得方法には色んな方法が有ります。

 

英語はリスニングからという勉強方法から、習得するのに大切なモチベーションの維持方法の仕方まで色々です。

 

但し何とか文章でこれが良いよと言っていてもその習得方法が自分に合っているかどうかは個人差が有りますので分かりませんよね。

 

Aさんには合っていても、Bさんには合っていないという事も充分にあるからです。

 

英語を習得するのに丸暗記をして覚えるという人もいれば、ちゃんと意味を理解しながら少しずつ覚えていくという人もいるのです。

 

「あなたにはこうした方法が合っていますよ」と教えてくれればいいのですが、自分に見合う合わないという判断は他の誰でもない、自分にしか思い付かのです。

 

当然あんな習得方法があるんだという参考にするのは良いと思います。

 

けど、結果的に自分でこれと判断しなければならないのです。

 

 

 

仮に、ある英語の勉強をしていて「つまんない」と思う様であればそれはあなたには合っていないという事だと思います。

 

逆に「うれしい」と当てはまる様であればそれはあなたに合っている方法なのです。

 

もしも本気で英語を習得したいと思っているのであれば多少の苦労は苦労だと思わないはずです。

 

そうして少しずつその勉強方法に向き合って行く事で、合っている、合っていないが分かる様になります

 

英語を習得するには目標をきちんと持ちましょう

 

何を勉強するにもそうですが、仮に本気で英語を習得したいと思うのであれば英語を習得する為の目標を持つ事が大切だと思います。

 

英語を習得したいという人の主な目標としては「英語を明かしたい」という事だと思います。

 

ただしこれだと曖昧すぎますよね。

 

惜しくも目標を明確化やると思うのです。

 

目標を明確化すると、「いつまでにここまでを勉強する」「いつまでに喋れる様に繋がる」として、効率よくそれに向かって勉強して行く事が出来るからです。

 

またそれに向かっていくので、延々とではなくやる事もだんだんなると思います。

 

 

 

たとえばTOEICで800点を目表わしたいとなったらTOEIC用の勉強を机上で行う事がメインとなりますし、映画を字幕が無くても行き渡るように追い求めると目標が有ったら、机上での勉強や自分が話す事をメインとした勉強じゃなくてリスニングにも重点を置いて勉強していく必要が有ります。

 

この様に英語を習得目指す目標を一概に持つ事で、自分の勉強しなければならない事が何なのか、それを勉強する為には何故行ったら良いのかと言うのが分かってくると思います。

 

なかなか「英語が出来る様に追い求める」という目標ではなくて、目標を具体的に持つ様にするとおんなじ勉強をするのけれども身の入り方が異なると思いますよ。

 

これは英語だけに限った話では有りません。

 

何か他の勉強をする時でもおんなじことだと思います。

 

今勉強している人もこれから勉強しようとしている人もぜひ実践して見て下さいね。

このページの先頭へ戻る