英語習得は特別な事ではありません

英語習得は特別な事ではありません

誰でも英語を習得し語れる力を持ち歩いています。

 

「自分はもう大人だし今更無理だよ」「悪いころから勉強ちゃんとすりゃ良かった」なんていう人もいます。

 

もちろんこう言った意見にも一理あるとは思います。

 

大人になったら憶えがたいし、幼いころから勉強しておいた方が習得しやすいとは思いますから。

 

でもだからと言って大人だから英語は今や習得出来ないのかと言ったらそんな事は無いのです。

 

 

 

語学の習得についてですが、どの程度英会話が出来る様になったら習得したとみなせるのでしょうか。

 

英語が母国語の人達みたいに流暢に、発音まで完璧にならないと習得したとみなさいなら、それはなんとも難しいと考えて良いでしょう。

 

だって、英語の発音と日本語の発音は違うし、そもそも日本語だってずいぶん習得には時間をかけているのに、英語が少々の時間位で完璧に繋がるとは思えません。

 

そこまでを求めているなら習得は誰でも簡単に出来る事では弱い様に感じます。

 

 

たとえば日本にいる外国人芸能人を見てみると、流暢に日本語を話していて会話も成立していますが、発音がやっぱどっか違っていたりしますよね。

 

これなら普通は習得したと合う様な気がするのです。

 

きちんと言いだしは出来るのですから充分じゃないでしょうか。

 

自分的にこれじゃ習得したと言えないと言うのであれば別ですが、こんなレベルで良いなら誰でも英語を習得して会話する事は可能だと思うのです。

 

ですから誰でも英語を話す事は出来ると考えられると思います。

 

 

 

英語習得にかかる時間とは

 

どの位の時間勉強をすれば英語を習得して話せる様にのぼるのでしょうか。

 

英語を習得しようとした際に気に陥る所だと思います。

 

これはおしなべてどの位の期間勉強したから習得出来ますとは言えないのが現状で、習得しようとしている人の英語レベルがどの位なのか、どの位のレベルで話せれば良いのかという事にも依存すると思うのです。

 

 

 

たとえば、英語を話す人とある程度の意思疎通が出来る様になれば良いというレベルであれば、毎日少しずつでも勉強して大体1年もあれば良いんじゃないかなと思います。

 

ただし、ただ延々と勉強しているだけなら1年経ったって何の成果も出ないでしょうし、意思疎通も出来ないと思います。

 

やる気を出してモチベーションを上げて勉強をして出来上がる成果だと思うのです。

 

またモチベーションを携帯してやる気を出して勉強していても勉強方法があなたに合っていなければ上達もペースが鈍い事になってしまいます。

 

それほどなった場合、モチベーションもいっぺんに下がり、勉強自体止めてしまう人が起きるのではないかと見まがうのです。

 

こうなった場合はあなたに英語を習得したいという欲が表れた証拠とも言えるのではないでしょうか。

 

何にしてもそうですが、思い付か事を勉強してある程度習得するまでには楽な事はないという事、それなりの苦労とそれなりの時間が必要であるという事は覚えておきましょう。

 

そうして出来るだけ手早く習得したいなら、楽しんで勉強出来る方法を見つけましょう。

 

 

 

何故日本人は英語に苦手意識が有るのでしょうか

 

日本以外の国の人は案外英語を習得していて語れる人が多いのに、日本人は英語を習得どころか話せない方が多いですよね。

 

苦手と感じている方も多いでしょう。

 

なぜ苦手意識があるのか色んな見解が有ります。

 

そうしてそこから英語を習得させる為の勉強方法が山の様に紹介されているのです。

 

英語習得の選択肢が有りすぎて逆に迷ってしまい、分からなくなって結局手を垂らしられなくなったと言うのも結構多いのです。

 

だって「これは○○もやった学習法ですから絶対に習得出来ます」なんて言われたら、今やっている勉強方法に疑問を持って身が入らなくなったり浮気したりするのも当然の事ですよね。

 

そこで日本人が何故英語に苦手意識が有るのかをまとめてみたいと思います。

 

 

 

【文法の違い】
日本では英語の授業を文法から教えて出向く傾向に有ります。

 

勿論日本と英語の文法は違う訳ですから最初は訳が分からなくなって当然です。

 

しかも英語を習い設ける中学生で急きょ文法なのですから、分からないと嫌になって仕舞うのも仕方が無いのではないでしょうか。

 

そうして単に授業は進んでしまうので結果的に英語が苦手という様になってしまう。

 

 

 

【英語学習スタート時期の違い】
日本以外の国では英語を学ばせるスタート時期が小学生の低学年からという国が多いのに対し、日本では早くても小学生の高学年からという所が多い様に感じます。

 

医学的根拠はどうなのか分かりませんが、語学を習得するには10歳未満の方が良いとも言われているのです。

 

確かに教えた事を素直に吸収しやすい年代なのかもしれませんね。

 

英語の勉強スタート時期が遅いから日本人は英語が苦手だという意識が芽生えてくるのかもしれませんね。

 

 

 

英会話スクールに通うのはよく考えましょう

 

近年、英会話スクールに関する金銭トラブルが頻発に起きている様な気がします。

 

とてもおっきい授業料を取っているのでそんな風なるのかなとも思ってしまいます。

 

ここで疑問なんですが、英語を習得する為には英会話スクールは必要なのでしょうか。

 

 

 

答えとしてはどうしても必要ではないという事です。

 

英会話スクールに行っていなくても英語が堪能な人はたくさんいます。

 

さりとて英会話スクールに伺う事自体を否定している訳ではありません。

 

授業料に当たる授業内容なのかなんとなく疑問が残るという事なのです。

 

こんな意見は個人差が有るので何とも言えませんが、万人に英会話スクールが有効ではないという事は否定出来ないでしょう。

 

これは完全な持論なのですが英会話スクールに行って上達していく人って、ある程度英語に対する基礎知識がある人の様に感じます。

 

つまり全然の初心者には向いていないかもしれないのです。

 

何故ならば英会話スクールの講師の多くは外国人であるという事、日本語がよく出来ないという事、教え方があんまり上手という訳ではないという事が挙げられます。

 

そんな条件で日本語しか出来ない生徒に英語をきちんと報ずる事は難しいと思うのです。

 

ですから初心者の場合は英語が出来る日本人に習った方が習得しやすいのではないかと思います。

 

自宅にいながらにして授業が貰えるものなど、今は色んな形態のスクールが有りますが、必ずや一度体験してみて合っているか何とか確信してから入学すると良いと思います。

このページの先頭へ戻る