本場の英語が聞き取りにくい

本場の英語が聞き取りにくい

映画を見ていても極めるかもしれませんが、ネイティブの人達が話す英語はより早くて、何て言ってるのか思い付か事が多いですよね。

 

字幕で英語を出してくれたら意味を正しく理解出来るのに、ヒアリングだけだと理解出来ない。

 

こういう事は英語を習得しようとするたまに多くの人がぶちあてはまる問題だと思います。

 

多分ですが英語と日本語は話すリズムが違うからではないかと思うのです。

 

日本語は一音一音をしっかりと発音する様な感じですよね。

 

これは母音をしっかりと発音しているからです。

 

対して英語は母音が薄く子音が多い単語構成です。

 

その為に母音を発音する様に発音していくとやっぱり短くなってしまう。

 

つまり極端に言うと日本語の発音よりも英語の発音スピードの方が手っ取り早いという事になるのです。

 

これが英語が早くて結構聞き取れないという現象に繋がっていると思うのです。

 

英語を習得する為に勉強をする際は、スピーキングやリスニングもきっちりやらなきゃダメです。

 

避けては通れない事です。

 

その時は発音のリズム等を頭に入れておいて勉強する様にすると上達しやすいかもしれませんね。

 

リスニングもスピーキングも上達のコツは同じ事を何度も何度も増やすという事です。

 

繰り返していく内にゆったり身体に染み付いて出向く様になりますので、上達していくのも分かりますよね。

 

英語が聞き取れなくて見切るのではなく、これも仕方乏しい現象としっかりと受け止めて習得勉強に励んでいきましょう。

 

 

 

記憶力に頼るなら楽しんで習得しよう

 

中学校、高校のテストの時、英単語帳を利用して英単語を必死で覚えていなかったでしょうか。

 

理想を言うと、英単語は根詰めて暗記力に頼って覚えると言うよりは、自然に色んな勉強や経験から覚えて出向くのが良いと思います。

 

けれども実際には暗記力に頼った方が覚えやすいという人もいるのは事実ですよね。

 

記憶して覚えて行く習得方法はちっちゃいので勉強自体続かなくなってしまいそうですが、記憶力と言うのは本当は鍛えていくと向上していくそうです。

 

筋肉と同じですね。

 

鍛えれば強くなり鍛えなければ軽く繋がる。

 

これと記憶力もおんなじという事になります。

 

ですから、英単語を感じ取る時にはゲーム感覚でやってみて課題を課してクリアしていく様にすると楽しめて英単語が習得出来る様になると思いますよ。

 

また集中しすぎないで休みながらやり遂げるのも方法です。

 

とどのつまり意識の問題だと思います。

 

メリハリを付けて英語を習得していきましょう。

 

これで終わった後、「疲れたぁ」と感じたら終わりたものです。

 

記憶力もアップ、英語も習得していくと思います。

 

 

 

もしもこの方法が賢く赴き、記憶力が抜群に良くなったとしたら、英会話だけじゃなくて別な語学も習得してみようかなと思うかもしれませんね。

 

そうしたら最初の語学習得よりはさほど楽に習得出来る事にさぞかしビックリするかもしれませんよ。

 

英単語を感じ取る事を楽しみながらトレーニング感覚もしくはゲーム感覚で実行していく。

 

そうする事で英語習得以上の成果も期待出来る様になると思いますよ。

 

 

 

英語習得は英文法の勉強ではありません

 

小中学校の授業として習いはじめる英語の授業は大抵英文法を習う所から始まると思います。

 

日本ではそれが英語の基礎だと考えられているからだと思うのです。

 

ただし授業を受けてみて想うのは、英文法をいかほど頑張って勉強した所で、英語の小さな知識が付く程度で、英会話が何やかや語れる訳じゃないし英語を取得した事にはならないと思うのです。

 

日本の初々しい世代の言葉を聞いていても文法がめちゃくちゃで大人には理解し難い言葉で話していますよね。

 

それでもおんなじ世代の子達とは意思疎通が出来ているのですから、それは言葉として成立している事になります。

 

こう考えると、英語だって英文法だけじゃないという事がよくお判りになるかと思います。

 

 

 

英語を知識として少し持つ為には、参考書を一冊やってみると良いかもしれません。

 

それだけでは無論習得出来るはずも無いので、根詰めてやる必要も無いと思いますよ。

 

そうしてヒアリングとリーディングの勉強をして赴き知識をつけていく様にする。

 

そうしてまた参考書なんかをちょこちょこと働くという気楽な習得方法で良いと思います。

 

それほどガッチリ気合い入れてやると、嫌気がさしてしまうよ。

 

英語は勉強ではありません。

 

やっぱり繰り返して続けてやる事、英語に慣れる事が大切なのです。

 

その中で自然と英文法も身についてくるのではないかと思うのです。

 

そういった気楽な心構えの方が楽しめて英語が習得できる様になると思いますよ。

このページの先頭へ戻る