英語習得には辞書が必要なのでしようか

学校の英語の授業で「思い付か事が出てきたら一気に辞書を退く様に」と言われた事はないでしょうか。

 

おそらく理屈としては思い付か事を自分で考える事で身体に身について行くと言うのを言いつけたかったからではないでしょうか。

 

ですから多くの学生達の辞書はボロボロだし、赤線もたくさん引いているという様な辞書になっていた様に思えます。

 

結果、たくさんの単語を習得して英語自体も上達した人が多かった事でしょう。

 

まぁ、辞書を買い換える度にまた新たに書き込みをしていかなきゃならないのかと思うとわずか無駄だなと思わなくはないですよね。

 

次いで電子辞書に置きかえた人も多かったのではないでしょうか。

 

ただしこの様な現象は学生の時はよく探る現象だけれど、英会話を習得しようとしている人達にとってはそこまで辞書にこだわらなくても良いんじゃないかと思います。

 

日常会話と辞書に載っている文は間違ってはいないにしても活かし方が違っていたりするからです。

 

出来ればテキストや映画の文章等から理解していく方が覚えやすいと言うのはあると思いますよ。

 

また自分専用の辞書みたいなのを作った方が分かりやすいし使いやすいかもしれませんね。

 

英語を習得するには、英語の意味を日本語に変換して理解するのではなくて、英語のまま理解しないといけないと思っています。

 

じゃないとたぶん会話についていけないのではないかとおもうからです。

 

辞書は有った方が良いですが、それに固執する事は止めた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

iPodと電子辞書を利用する

 

今の時代にピッタリの英語習得方法のオススメをご紹介してみたいと思います。

 

先ずは電子辞書とiPodを用意します。

 

電子辞書が乏しい場合は普通の英和辞典でも良いですが考えるのに相当時間が陥る様になります。

 

英語を習得する際に必要となるのは英和辞典と英英辞典だと思います。

 

先ずは英和辞典から使って赴き、最終的に英英辞典を使える様にしていければと思います。

 

後はiPodですが、iPodが薄い場合には他の携帯用MP3プレーヤー等でも良いと思います。

 

iPodで何をするかと言いますと、英語のリスニングをしていきます。

 

出来ればラジオが聞ければ良いですし、思い付か場合には何度でも聞き返せる繰り返し機能が付いているのは必須ですね。

 

将来的にスクールに通ったりして生の英語を訊く機会が有りそうな時の為に、録音機能も有れば更に良いと思います。

 

仮にiPodにこうした機能が無ければ見て取れるプレーヤーを取り扱う様にください。

 

自分のおスキな機械を使ってみて下さい。

 

またiPodの様なオーディオ機器の場合は動画の再生が出来ます。

 

地デジになると何だかんだ制限は出て来ますが、アナログなら英会話の番組をiPodに含めるとか、DVDから洗い流すとかして移動中も英会話の勉強に取り組むようにするのも一つですよね。

 

iPodにはポッドキャストの様な無料で聞き取れるものも有りますので、心がけると良いでしょう。

 

どちらにしても電子辞書やiPodを持ち歩いているといつでも英語の勉強ができ、習得に向けていただけるのでオススメの勉強方法だと思いますよ。

 

 

電子辞書を利用してみましょう

 

電子辞書って所持していますか?何だか使えないんじゃないかって思ってはいないでしょうか。

 

紙媒体の辞書を使っていた方は電子辞書に違和感を見える方がいる様なのです。

 

但し電子辞書は相当優れていて、例文もたくさん載っていますし、何冊もの辞書が1つの媒体に収まっていますので本当に使い勝手が良いと思うんですよ。

 

ですから英語を習得する際に辞書を使うとしたならば、紙か電子かどちらかを選べば良いと思います。

 

 

 

そこで電子辞書に関するメリットを挙げてみたいと思います。

 

最大のメリットは何と言っても携帯出来るという事です。

 

英語に関する辞書は無論、国語辞典も1台で持ち運び出来るのはもちろん魅力でしょう。

 

また、紙の辞書よりは速く探しられ易いと言うのもメリットではないでしょうか。

 

見つけ出したい単語を入力すると手っ取り早く出て来ますので早く見付ける事が出来ますよね。

 

ここまで見たら電子辞書の方が良いと思ってしまいますが、ただし価格の事を考えると全てがメリットという訳にはいきません。

 

辞書を英語だけ1冊と設けるならば本で買った方がかなり安いと思います。

 

電子辞書はそれなりに値段がしますからね。

 

全部の辞書を購入したら電子辞書の方が少ないので検討してみると良いでしょう。

 

また書き込みが出来ないというデメリットもありますね。

 

どちらを選ぶかは用い勝手次第だと思うのですが、どちらを購入するか決めたら、有効活用して英語を習得出来る様に頑張ってみましょう。

このページの先頭へ戻る