カテゴリー
英語 習得

英語を習得するには継続と繰り返しが必要

英語が上達する為のこつとしてはどんな事が有るのでしょうか

英語を修養するお目当てで皆さん頑張ってスタディをしている事とおもいます。

しかしながら頑張ってもなかなか上達しない人っているとおもうのです。

英語が上達する為のこつとしては「維持する事」「繰り返す事」この2つが凄く大切な事になっているのです

多分私たちが赤ちゃんだった頃、言葉を修養する際にもきっと同じ事をしていたとおもうのです。

両親に「パパ」「ママ」と言う言葉から始まって、くりかえしくりかえし口にして色んな言葉を修養していった事だとおもいます。

これを大人になってからやろうとするから頭で考えてしまうのであって、単純に維持して同じ事をくりかえしていくと言う事を行うのが修養への随一の最短コースだとおもうのです。

やっぱり一夜漬けとか、短期間で語学を修養しようとしても無理があると言う事ですのですね。

でも同じ事を繰り返すって結構退屈してしまうし、案外難しい物だとおもいます。

それを飽きないでくりかえして続けていくには自分の関心が有る事でスタディして行くのが一番良いとおもうのです。

それは毎日いくらかの時間続けなさいと言っている訳では有りません。

あっと言う間でも構いませんので、毎日毎日くりかえし続ける事が大切ですのです

その繰り返す手順も色んな物に手を出す必要は有りません。

「この手順」と決めたらそれをくりかえしくりかえしスタディしていくのが一番良いとおもわれます。

こうやって続けていく事で気づいたら英語が修養されていく様になるとおもいますよ。

DVDを使ってリスニングを上達させよう

英会話を修養するお目当てで大切なのはリスニングを上達させる事だとおもいます。

リスニングを上達させるお目当てで効率が良いのはDVDを使用する事だとおもいます。

色んな外国のDVDが売り出しされていますよね

自分がお好みな外国ドラマのDVDをおぜん立てしてくりかえして同じ物を見る事が良いやうです。

それによってリスニングの力がビックリする位付く様ですよ。

ただニッポン語を使用してリスニングをしようと思ってもなかなか出来ませんよね。

そこで有効的なのが字幕を上手に使用する手順です。

一番容易なのはニッポン語音声で見るのですが、これだとリスニングのスタディには全くなりません。

初めは英語の音声とニッポン語の字幕で行ってみて下さい。

そしてこのドラマがどんな内容でどんなセリフを言っているのかあるくらい分かってくるとおもいます。

それが終わりましたら英語の音声で英語の字幕を使用してみましょう。

このくりかえしを行う事で何を言っているのか分かる様になってくるとおもいます。

最終段階としては英語の音声のみで字幕を消してしまいましょう。

ここまで来たら修養はもうすぐそこだとおもいます。

1つのDVDに退屈したら別のDVDと言う様にチェンジさせても構いません。

こうして行くとみるみる面白くなって続けられますし、リスニング力もだいぶ付いてくるとおもいますよ。

ちなみにリスニングがだいぶ上手くなってきたら、今度はスピーキングに対してもDVDで上達させる事が出来ます。

音声を消して英語の字幕を出してそれを喋る所から始めてみてはいかがですかか。

この様に自分がお好みな話のDVDを使用して見る事で楽しみながら英語が修養出来る様になってくるとおもいますよ。

英語習得は勉強だけでは出来ないかもしれません

もし今英語を修養しようとして一生懸命スタディをしているのであるのなら、意識をチェンジさせてみましょう。

スタディしたケースでは言う事は止めて、トレーニングしたケースでは言う手順に方向転換するのです。

例えば運動を極めようとしたケース、毎日毎日トレーニングするじゃないですか。

英語もそれと同じで修養しようとするならば英語トレーニングを毎日するのが一番良いとおもうのです。

スタディを行うのも悪くは有りません。

英語の知識は身に付きますから無駄ではないとおもいます。

しかしながら知識だけでは実践には役立ちません。

喋れないし聴き確保できないとおもうのです。

運動も同じですよね。

運動に対する理論は知識として有って分かっていたとしても、ボディーで覚えてないので実践は出来ません。

実践を行うお目当てではトレーニングをしてボディーに覚え込ませていく。

これと同じだとおもうのです。

英語も知識だけでは実践には役立たないので、トレーニングをしてボディーに覚え込ませ実践出来る様にしていく必要が有るのです。

これ程で中学生で習った英語だけでも十分に英語を修養出来ると言うのです。

一度スタディしているのですので後はトレーニングだけですよね。

英語を本気で修養しようとおもうならば、スタディは止めてトレーニングしましょう。

その為の環境要素と言うのも自分自身で整えても良いですし、英会話カフェ等に行ってみるのも良いとおもいます。

こうした環境要素創りが昔と違って今は容易に見つかります。

それだけ英語に対して必要性が見出されてきた証拠なのかも知れませんね。