カテゴリー
英語 習得

英語を勉強するとトレーニングするとの違い

何となくですが英語を修養する手順として、「スタディする」と言うのではなく「トレーニングする」と言うと想像やハートが変化してきませんでしょうか。

「スタディ」と言うと暗記したり考えたり覚えたりと言う様な想像が有るとおもいます。

当然これだって英語を修養するのには必要な事だとおもいます。

対して「トレーニング」に対しては英語をトレーニングしたケースでは言う想像ですので同じ事をくりかえして行ってボディーで覚えていくと言う想像だとおもうのです

コンパクトなお子さんのしつけを考えてみて下さい

「洗面所トレーニング」「言葉を教えると言う事」「歩行方」「お箸の持ち方」等は頭に理論を叩きこんで行く訳ではなくて、くりかえしご両親が教えてあげてトレーニングしていると言う事ですのです。

トレーニングをした結論、以上の様な事が出来る様なってす。

こうした事はボディーに覚え込ませていますから容易には忘れないですよね。

英語だって同じ事です。

ニッポン語をおのずと覚えたのですので同じ言葉ですので難しい事は有りません。

誰だって出来る事ですのです。

私たちだって英語しか使わない国に行ってしまったら英語を話さなければコミュニケーションが取れなくなるのでトレーニングしますよね。

実践と言うトレーニングの場が有るので修養するスピードは速いかも知れませんが。

ニッポンにいたってトレーニングを積む事で英語を修養する事が出来ますのです。

スタディは当然大切ですが英語修養の為にトレーニングをしましょう。

石川遼の英語習得方法

石川遼と言ったら今や男子プロゴルフ界には欠かせない存在になってきました。

大好評も当然ありますが、実力も相当有り、将来的に凄く楽しみな選手であると言えます。

石川遼クラスの選手ともなると、ニッポン国内だけじゃなく外国のツアーにも参加する事になりますし、参加している外国人選手とも話す機会が増加してくるとおもいます。

そうなると必要になってくるのが英語の修養だとおもいます。

と言うのは言うもののゴルフのトレーニングを削ってまで英語のスタディを行うお目当てで英会話スクールに通うと言うのは凄く難しい事ではないかと感じます。

そういった彼が英語修養の為にしている事が「スピードラーニング」です。

この教材は聴き流すだけで良いそうで、忙しい石川遼選手にとっては頼もしい教材だったのではないでしょうか。

スタディの甲斐があってか、英会話も分かる様になったし英語でのインタビューも受けられる様になったやうです

この英語修養法の良いところは「聴き流す」と言う事です

家事をしながら、通勤電車の中とかちょっとした空いている時間に聴くだけですので、この手がるさが長く続けられる秘訣、修養し易いと言う事かも知れません。

今まで何をやっても続かなかったと言う人や、忙しくてスタディに時間を割けないと言う方には凄く向いているスタディ手順だとおもいます。

何と言っても時間を無駄にしないと言うスタディ手順が良いですよね。

あなたも石川遼選手の様にスピードラーニングを使用して英語修養を目指してみては如何でしょうかでしょうか

英語を話せる様になる

どうすることによって英語を修養して話せる様なってしょうか。

英語を何故修養したいかと言う問いに対して「話したいから」「映画を字幕無しに見たいから」と言う答えを返してくる人が沢山とおもいます。

そしてそれを目標としている人も沢山とおもうのです。

と言うのは言っても英語を話したいと言う理由はざっくりし通り越している様な気がせずにしょうか。

「How Are You」の様な容易な挨拶くらいで良いのであるのならもう目標は達成していると言って良いでしょう

かと言って、英語圏に住んでいる外国人と議論出来る位、話せる様になりたいとなるとそれはそれで段階が高すぎて難しい様な気がします。

ですので単に「英語が話せる様になりたい」と言うのではなく、どのくらい話せる様になりたいのかを具体的に目標設定しておくと良いとおもうのです

そうする事でより具体的に修養手順が定まってきて効率的に修養に向かっていけるとおもいます。

では具体的な目標ですが、ちょっと例を挙げてみましょう。

「会話がきちんと続けられてキャッチボールが出来る事」「自分の意見をきちんと言える事」なんて言うのは如何でしょうかでしょうか。

とりあえずこの位の感じで目標設定をしておいて下さい。

目標が達成できた時には、実際の使用的に英語が使える様になってくるとおもいます。

後はこの目標を実現させるお目当てでは、自分がどう動いたら良いか、続けていく為にはどうしたら良いかを見極めていくだけですよ。

英語が話せる様になるときっと自信もついてきますので一石二鳥ですね。