カテゴリー
英語 習得

英語を勉強する前に

色んな情報を獲得して「これだ」とおもい、英語修養に向けて頑張ってスタディをしている方はいっぱいいるでしょう。

でもどんなにスタディをしても全く上達しない、何で上達しないのか分からないと思っている方も案外沢山のではないでしょうか。

例えば英語の本をゆっくり丁寧に読んで英文を会得し、修養しようとしたケースの話ですが、どんなに読んでも会得出来ないと言う事はよくあることだとおもいます

こう言うケース、何冊読んでも何時間かけても会得出来ない物は会得出来ないのです。

そういった時は一度スタディをSTOPさせて何が悪いのか振り返ってみては如何でしょうかでしょうか。

もしかしながらたらあなたは自分の英語力を過信し通り越していて、自分の段階以上の本を読んでいたのかも知れませんよ。

これだと会得出来なくて当然と言う様な気がしますよね。

ですので今より少しばっかり段階ダウンさせて本を使用してみる手順にチェンジさせてみる。

こうする事で英語が上達してくる様になるかも知れません。

もし一度立ち止まる事をせずにいたらずっとそこで段階が止まっていたかも知れませんよね。

先ずは容易な事、基礎的な事から徐々に会得して行く事、きちんと会得出来る様になってから段階をUPさせてみる事、たったこれ程で見違えるほど英語力がUPしてくる事でしょう。

あんなに分からなかった物が分かる様になっているのでスッキリとしたテンションになるとおもいますよ。

英語修養のスタディの際に大切な事、それは無理をしない事、一度立ち止まって今の段階を確かめてみる事、潔く後戻りをしてみる事、こうした事が大切になってくるとおもうのです。

勉強に対するモチベーション

これをスランプと言うのかは分かりませんが、英語を修養するべくスタディをしていると急に身が入らなくなってしまう時期がやってきます。

英語に関心を持ってスタディをしています。

そうしたケースでは他に別の関心対象が出現ます

そうなるとそっちへ意識が移ってしまい、英語のスタディがおろそかになっていってしまうのです。

そして折角続けてきて修養出来ていた単語等も徐々に忘れていってしまい、結論的にもういいや、やらないとなってしまう事にもなりかねません。

案外こんな感じで英語のスタディを止めてしまう人って沢山のではないでしょうか。

得に英語を今修養しなくても生活に支障が無い、切羽詰まっている訳ではない状況であるのなら、どうしても他の楽しい方、楽な方になびいていってしまうのも無理はないでしょう。

でも折角スタディしていたのにこんなようでは勿体ないですよね。

そこで対処手順を参照くらいですがご案内してみたいとおもいます。

スタディしていておもい通りにいかないとどうしてもモチベーションが下がってきてしまいやる気も無くなってしまいます。

そういった時はスタディを始める前に掲げた目標をおもい返してみましょう。

もしかしながらて今その目標からずれてはいないでしょうか。

映画を字幕無しで見たい、英語がペラペラ喋れる様になりたいと言う目標を立てていたなら、そうなったケースの自分をおもい返してみましょう。

英語を修養する事で得られるメリットはいっぱい有ります。

次の就職だって有利になりますよ。

兎にも角にも、モチベーションが下がったら初心に帰る。

これが大切だとおもうのです。

外国人の友達を作ってみる

英語を効率的に修養していく手順の1つに外国人の友達を作ってみると言う手順が有ります。

本をずっと見ていたとしてもありのままに使える英語は修養しずらいとおもいます。

その点、外国人の友達とただ話をしているだけでも、即戦力で使える英語が身に付けられるとおもうのです。

ではどうやって外国人の友達を見つけたら良いのでしょうか。

先ずは一定水準の友達みたいにありのままに会って話が出来る友達を見つける様にしましょう。

ともに買い物に行ったり、飲みに行ったりお食事に行ったりしているだけで徐々に英会話力が身に対してくるとおもいますよ。

またもう一つは外国人のメル友を造る事です。

今はワールド中の何処にいてもインターネットさえあれば会話が出来る楽なこの時代になりました。

そこでそのシステムを利用してeメイルでやり取りを行うのです

これ程で文法的な事とかを学ぶ事が出来るとおもいます

と言うのは言っても外国人の友達に巡り合えるチャンスってなかなか無いですよね。

ただ待っていても外国人と言うのは友達になれないとおもいます。

外国人が集まってきそうな所に自分から積極的に行って見つける事が大切になります。

英語を修養するには外国人と直接お話しして生きている英語を学ぶ事が凄く大切だとおもいます。

そする事で徐々に上達してくる様になりますし、コミュニケーション才覚もおのずと付いてくるとおもいます。

英語を修養したいと思っているのであるのなら、積極的に行動して外国人の友達を作ってみましょう。