英語を読む事から始めてみても良いでしょう

あなたはどうして英語の習得をしているでしょうか。

 

やり方によっては後の差が開いてきてしまいますよね。

 

英語初心者にとって先ず行なう習得方法は、英文をゆっくりと丁寧に読んでみるという事です。

 

手早く読めたとしてもじっくり掴む様に心がけてみましょう。

 

量より質を目示すという意味でも焦らず、徐々に読み進めていきましょう。

 

ここで注意したい事は、よむ時は一文一文の意味を理解しながら、如何なるスペルで如何なる発音なのかを考えながらよむという事です。

 

そうしてつまずいたらその場で調べて解決していく事も大切です。

 

そうしてちゃんと文を理解した上で次の文章に結び付く。

 

これを繰り返していくうちに英語を習得出来る様になると思います。

 

そうして単純に読み進めて出向くだけではなく、ある程度の所まで来たらとにかく前に戻って内容を理解ください。

 

ほとんど最初の内は時間も増えるし、思い付か事だらけだから大変でしょう。

 

分からないと掴む事自体を止めてしまったり、取り調べる事を曖昧にしてしまったりするかもしれないけど諦めないで読んでいくと断じて実を結ぶと思いますよ。

 

その上で掴む量を増やしていく様にしてくださいね。

 

英語中級者、上級者の場合はあんな勉強方法嘆かわしい。

 

と感じるかもしれませんが、やってみると更なる英語理解力アップが期待出来ると思いますよ。

 

そうして僅か慣れてきた所でスピードを少々早めたり、本の内容レベルを上げたりして勉強していくと良いですよ。

 

 

 

英語を勉強する前に

 

色んな情報を得て「これだ」と憧れ、英語習得に向けて頑張って勉強をしている方はたくさんいるでしょう。

 

それでもかりに勉強をしても一向に上達しない、なぜ上達しないのか分からないと思っている方もたいして多いのではないでしょうか。

 

たとえば英語の本をゆっくり丁寧に読んで英文を理解し、習得しようとした場合の話ですが、かりに読んでも理解できないという事は可愛くあることだと思います。

 

こういう場合、何冊読んでも何時間かけても理解できないものは理解できないのです。

 

そんな時は一度勉強をSTOPさせて何が乏しいのか振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

もしやあなたは自分の英語力を過信し過ぎていて、自分のレベル以上の本を読んでいたのかもしれませんよ。

 

これだと理解出来なくてやはりという様な気がしますよね。

 

ですから今より少しレベルダウンさせて本を使って見る方法に変えて見る。

 

こうする事で英語が上達して現れる様になるかもしれません。

 

もしも初めて立ち止まる事をしないでいたらずーっとそこでレベルが止まっていたかもしれませんよね。

 

先ずは簡単な事、基礎的な事から少しずつ理解して行く事、きちんと理解出来る様になってからレベルをアップさせて見る事、単にこれだけで見違えるほど英語力がアップして来る事でしょう。

 

思い切り分からなかったものが知る様になっているのでスッキリとした気分になると思いますよ。

 

 

 

英語習得の勉強の際に大切な事、それは無理をしない事、先ず立ち止まって今のレベルを確認心がける事、潔く後戻りを心がける事、こんな事が大切になってくると思うのです。

 

 

 

アクセントは日本語とは違うのです

 

日本語とは可笑しいもので、単語自体にアクセントが有り、どうしてアクセントを作り上げるかで意味か変わってきます。

 

たとえば「はし」ですが、最初の「は」にアクセントを作り上げると食事の時に取り扱う「箸」、最後の「し」にアクセントを塗ると「端」という意味になります。

 

ただし、英語はかなり違っていて単語のどこにアクセントを置いたとしても意味は貫くのです。

 

そんな意味もあってか、英語では単語より文全体に対してアクセントを付けて何を強調するか表現しているのです。

 

ですから英語を聞いているたまに、よくアクセントや強弱がなく、平坦に言っている様に聞こえてしまう。

 

日本語と英語はこんな言い回しも違いますので、習得する際に苦労する点ではないかと思うのです。

 

 

 

また英語習得の際に面食らうのが発音ですが日本語でいう母音と子音についても違いが在ると言います。

 

日本語には「ん」意外は母音が付きます。

 

「ん」は子音にあたるのですが、英語の場合は子音が多数を占めているし、日本語は子音も発音しているのに対し、英語は子音が曖昧な発音の様に感じます。

 

この発音が聞き取れなくて苦労するのも有るのです。

 

たとえば「R」と「L」なんてほとんど聞き取れないという人も多いのではないでしょうか。

 

今まで生活してきて使った事が無いアクセントの使い方や発音を英語はしていますので、戸惑ったり苦手意識が出て来たりするのは案の定だと思いますが、何回も練習する事で習得出来る様になってきますので諦めないで下さいね。

このページの先頭へ戻る