勉強に対するモチベーション

勉強に対するモチベーション

これをスランプと言うのかは分かりませんが、英語を習得するべく勉強をしていると急に身が入らなく患う時期がやってきます。

 

英語に興味を持って勉強をしています。

 

そんなふうにすると他に別の興味対象が現れます。

 

するとそっちへ意識が移ってしまい、英語の勉強がおろそかになっていってしまう。

 

そうしてせっかく続けてきて習得出来ていた単語等もゆったり忘れていってしまい、結果的にもう一度いいや、やらないと患う事にもなりかねません。

 

ほぼこんな感じで英語の勉強を止めてしまう人って多いのではないでしょうか。

 

得に英語を今習得しなくても生活に支障が乏しい、切羽詰まっている訳ではない状況であれば、とにかく他の楽しい方、楽な方になびいていって仕舞うのも無理はないでしょう。

 

それでもせっかく勉強していたのにこれまずは勿体ないですよね。

 

 

 

そこで対処方法を参考程度ですがご紹介してみたいと思います。

 

勉強していて思い通りにいかないとどうしてもモチベーションが下がってきてしまいやる気も無くなってしまいます。

 

そんな時は勉強を始める前に掲げた目標を思い返してみましょう。

 

ひょっとしたら今その目標からずれてはいないでしょうか。

 

映画を字幕無しで見たい、英語が何やかや喋れる様に追い求めるという目標を立てていたなら、そんなふうになった場合の自分を思い返してみましょう。

 

英語を習得する事で持てるメリットはたくさん有ります。

 

次の就職だって有利になりますよ。

 

とりあえず、モチベーションが下がったら初心に舞い戻る。

 

これが大切だと思うのです。

 

 

 

マンガで英語を習得する

 

日本で作られたマンガは今海外で大ブレイクしている事を知っているでしょうか。

 

TVアニメとしてはもちろん、マンガ本としても登場しています。

 

そうしてこれらは日本語から英語等、海外に合わせた言葉に変換されて表現されているのです。

 

有名な所だとアトム、ドラえもん、ワンピース、ドラゴンボール等、日本で人気が有るものはそれほど海外でも大人気です。

 

インターネット等で調べてみるとそういった英語版マンガ本が売られていますのでちょい興味をそそられますよね。

 

もしも、こういう本が英語の授業に使われていたなら、ほぼ面白く英語が学べて習得もしやすかった事でしょう。

 

という事で英語を習得目指すけれど苦手だし勉強自体も嫌いという方は大スキなマンガの英語版を探して読んでみると良いかもしれませんよね。

 

マンガは案の定日常会話のオンパレードですから生きている英語として実践的に使えるのが特徴でしょう。

 

夢中になって読んで気付いたら英語が上達しているなんておそらく夢の様ですよね。

 

スキな事をしているだけなのに映画が習得できるのですからオススメ目指す英語習得方法だと思います。

 

しかしここで注意目指す事は推理もの等、最初から考えなくてはならないものは控えた方が良いと思います。

 

しんどい表現が多いのでさぞ挫折してしまうかもしれません。

 

最初は日常会話がたくさん有りそうなマンガから試みると良いと思います。

 

楽しみながら英語の習得を立ち向かう。

 

これならちょっとした空いている時間にでも出来そうですよね。

 

 

 

外国人の友達を作ってみる

 

英語を効率的に習得していく方法の1つに外国人の友達を作ってみるという方法が有ります。

 

本をどんどん見ていたとしても本当に使える英語は習得しにくいと思います。

 

その点、外国人の友達とただ話をしているだけでも、即戦力で払える英語が身に付けられると思うのです。

 

ではどうして外国人の友達を見つけたら良いのでしょうか。

 

先ずは普通の友達みたいに本当に会って話が出来る友達を探る様にください。

 

一緒に買いものに行ったり、飲みに行ったり食事に行ったりしているだけで次第に英会話力が身についてくると思いますよ。

 

またもう一つは外国人のメル友を考える事です。

 

今は世界中の何処にいてもインターネットさえあれば会話が出来る便利な世の中になりました。

 

そこでそのシステムを利用してメールでやり取りをするのです。

 

これだけで文法的な事とかを学ぶ事が出来ると思います。

 

とは言っても外国人の友達にめぐり合えるチャンスって随分無いですよね。

 

ただ待っていても外国人とは友達になれないと思います。

 

外国人が集まってきそうな所に自分から積極的に行って見つける事が大切になります。

 

英語を習得するには外国人と直接お話しして生きている英語を学ぶ事が本当に大切だと思います。

 

そする事で次第に上達して来る様になりますし、コミュニケーション能力も自然と付いてくると思います。

 

英語を習得したいと思っているのであれば、積極的に行動して外国人の友達を作ってみましょう。

 

 

 

英語を習得するには英語で理解する方が良い/

 

これは単なる目安でしかありませんが、最終的には英語を習得する際、英語で考えて英語で理解できる様になるのが良いと思います。

 

たとえば「I」なら「私」として理解するのではなく「I」として理解やるという事なのです。

 

とはいうものの「I」の意味が最初から分かっていなくては何度それを繰り返した所で習得はおろか意味さえ思い付かのが現状ですよね。

 

おそらく最初は単語の意味を得るべく、ボキャブラリを増やしていく事に集中しても良いかもしれません。

 

ラジオ講座を利用するのも良いでしょう。

 

ラジオ講座でボキャブラリを繰り返す際にはテキストをことごとく用意ください。

 

そうして意味を把握しながら繰り返し繰り返しおんなじ放送をリスニングするのです。

 

1回だけでは意味が有りません。

 

繰り返し行う事に意味が有ります。

 

そうしてなんだか分からない部分や聞き取れない部分が当てはまる場合は、テキストを確認してなんて言っているのか繰り返し聴いたり口に生み出したりして覚え込む様にください。

 

直ぐに習得するのは難しいと思いますが、そうしていく事で英語を英語の意味のまま分かる様になってくると思いますよ。

 

 

 

ただ、単純にそれを繰り返しているだけだと自分の実力がどんなものか分かりませんし、ハリも無いと思います。

 

たとえばTOEICを受けてみて実力的にいかなるものか確認してもらうのもモチベーションを吊り上げる方法になるので良いと思います。

 

そうして英語が習得出来たなと思ったらその英語を活かせるような場所で積極的に英語を楽しむ様にください。

 

それが励みになってグングン勉強に身が加わる様になりますよ。

このページの先頭へ戻る