キャリアアップを目指す転職

キャリアアップを目指す転職

あなたは仕事にいかなることを求めていますか?やりがいでしょうか、労働条件でしょうか、それとも給与でしょうか。

 

どれもなかなか外せないことところが、労働条件も良くてやりがいもあるという場合けれども「転職」を考える人がいます。

 

それはどれも、ベテランの人であることがほとんど。

 

それはどうしてなのでしょうか。

 

 

理由を聞くと、口を揃えて「出世をしたいから」と話しています。

 

勤めでは出世が図れないと捉え、思い切って転職を考えるようです。

 

 

ですが、ただ闇雲に転職を繰り返して行くだけでは出世に繋がりませんし、ある程度の年齢を重ねた女性の場合だと新天地を捜し出すのも難しいでしょう。

 

 

では、出世に繋がる転職とはいかなるものなのか。

 

前提として、自分の持つスキルや資格を十分に活かせる企業にすること。

 

未経験の仕事が出来るところであれば必ずや出世できる訳ではありません。

 

自身の能力を伸ばせる企業を選びましょう。

 

 

あんな自分にぴったりの企業を探すには、それなりの情報収集が必要となります。

 

どれだけ自分のスキルが活かせそうな企業だったとしても、勤務時間に融通の聞き流す家庭持ちの女性であれば、採用してもらえるところは少ないでしょう。

 

能力を引き伸ばすことが出来ること、そして必要最低限の条件をのんでいただける企業を見つけなければならないのです。

 

 

効率的に出世を目指し示すのであれば、何の考えもなしに転職に走ってはいけません。

 

自分が何故転職をしたいのか、明確な意思を持ち歩いて転職活動に向き合いましょう。

 

 

将来を考える

 

 

ほんの数十年前までは、女性は結婚退職をし、家事に専念する専業主婦というのが有名でした。

 

但し、今は違います。

 

結婚を通しても変わらず仕事をばりばりし続け、家事と両立させている女性がほとんどです。

 

「専業主婦の方が楽」という女性も当然いますが、それとは真逆に「仕事をてきぱきできるキャリアウーマンが良い」と考える女性も少なくはないのです。

 

 

30代になると、もう転職を考える人も多いのではないでしょうか。

 

でも、転職って人生の大きな転機ですから、「失敗しやしないか」「万が一のことがあったら取り返しがつかない…」など、不安でいっぱいですよね。

 

 

そんな30代女性の転職を成功させるポイントを、ひとつご紹介ください。

 

 

それは、「将来どうなりたいのかを考える」こと。

 

それでは、自分の今関する状況をしっかりと確認し、それを考慮した上で理想の将来を考えていきます。

 

転職はある程度の目的をもちましておかなければ、成功とは縁遠い結果となってしまうことがほとんどです。

 

「今の会社がなんかお断りから」という適当な理由で転職を考えないようにください。

 

 

転職を考えたら、なぜ転職したいと感じたのか、転職を通してどうなるのが理想なのか、これらを明確にしておきましょう。

 

 

やはり、将来を考えたからきっちり成功するという訳ではありません。

 

どんな事をしたって、転職にリスクは付き物です。

 

万が一、思っていたような転職が出来なかったとしても、将来を明確にしているのであれば解決策は見つかります。

 

必ず、理想の将来について考えることをお勧めします。

 

 

未経験から事務に転職はできるか

 

今日、男性と肩を並べて女性も社会で活躍しています。

 

政治でも積極的に女性議員が採用されていますし、女社長として一つの会社の指揮をとっている方もいます。

 

そんな女性の活躍する時代ですが、女性ならではの「妊娠」で将来が不安になることもあるのではないでしょうか。

 

妊娠したら育休で暫し仕事を休まなければなりませんし、一段と安定した収入も得なければなりません。

 

 

そこで、今から「転職」を考える人も多いかと思いますが、30代での転職ってなんだか難しそうですよね。

 

安定した収入を得るには「事務」が最も効率的ですが、未経験だとしても転職することは可能なのでしょうか。

 

 

実際に、未経験で事務に転職を考えた女性がいます。

 

では新天地を編み出すことから始まりますが、そもそも事務職って他と比べると圧倒的に求人の数が少ないのです。

 

ひいては「経験者優遇」がほとんど。

 

30代ともなればそれに添う経験が求められますが、そこが未経験ともなると採用されるのはどうも酷いことなのです。

 

 

ここでの賢い選択は、「同業職のままで業界のみを入れ替える」こと。

 

それならば経験の有無は大して関係ありませんし、事務と同じでたいして安定した職に付く事ができます。

 

 

つまり、結論を言うと30代女性が未経験で事務に転職するは無謀ということでしょう。

 

ダメ元で応募しても、きっとどこも倍率が誠におっきいため、高確率で落とされます。

 

ここは賢く、同業職の転職を選択すべきでしょう。

このページの先頭へ戻る