30代に求められること

30代に求められること

昭和から平成に入り、女性も社会で活躍できる時代となりました。

 

一昔前までは、男性が仕事でピンピン収入を得て、女性は家事や育児に勤しむことが一般的なものでしたが、今となってはキャリアウーマンという言葉が出てきているほど、女性も社会に携わっています。

 

政治の世界けれども女性議員が続々と採用されていますし、女社長の立場にいる方も多くいますよね。

 

 

「20代で就職活動をし、晴れて正社員になることが出来たものの何やらやりがいを感じない…。

 

」「このままこの会社で続けていくのはお断り…。

 

」そう感じたら位置付けることといえば「転職」ではないでしょうか。

 

成功するか失敗するか、リスクはおっきいものの転職をしたいと感じる人も多いと思います。

 

この転職は、30代になってしまうとちょこっと不利になってしまう。

 

 

どうしてかというと、30代ともなるとある程度の経験がついていることが前提となってきます。

 

それなりに実務もこなしていると生じるため、それに当てはまるものがないと採用されがたいのです。

 

ひいては、女性の場合、妊娠や子供のことが気がかりとなってしまうため、一層転職活動に不利な状況になってしまいます。

 

 

では、そういった30代に求められることとはいったいどんなものなのでしょう。

 

それは、直ちに会社の力になれる経験とスキル。

 

これまでやってきた経験がものをいいます。

 

 

転職は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなって来るため、転職をしたいと思ったら、直ちに行動することをオススメします。

 

もちろん30代で転職を成功させた人もいるため、諦めずに頑張ってくださいね。

 

 

20代のうちから考えよう

 

「子供が生まれた場合のことを考えて、安定した収入を得られる仕事に就きたい…」「今の職場の福利体制や労働条件が自分に合わない…」など、様々なことなので転職を考える女性も多いのではないでしょうか。

 

20代後半あたりから転職について具体的に見つけ出す人が大半で、実際に転職活動へ行動を切り回すのは30代となってしまう人がほとんどです。

 

ただし、30代での転職活動は随分困難を極める事になるでしょう。

 

 

30代での転職は、不可能とは言いません。

 

実際に成功を収めた人も数多くいます。

 

ですが、20代で転職をするのと30代で転職をするのとでは、あまりにも選択肢の幅が違ってしまう。

 

 

「けれども、30代で転職をしたい」と考える人もいることでしょう。

 

こうした方は、20代のうちから準備を通しておくことをお勧めします。

 

 

具体的には、今後のキャリアについて練る時間をもうけましょう。

 

転職活動をする時になって感づくことが多いのですが、キャリアはとても大きな影響を与えます。

 

その時になって、「あの時こっちのキャリアを選択しておけばよかった」なんてことを思っても何ともので、希望通りの転職ができるようキャリアについてじっくり見つめ直して下さい。

 

 

この他に20代のうちでやるなのは、やっぱり仕事を吸収すること。

 

ジャンル問わず、様々な仕事を経験して、憶えましょう。

 

それだけで、30代の転職活動は有利に動きます。

 

 

これらの行動は早ければ早いほど良いです。

 

今から進んでアクションを起こしていきましょう。

 

 

子供持ちの転職活動

 

学生時代、結婚に憧れを抱いた女性も多いのではないでしょうか。

 

スキな人と結ばれ、生活を同時にするのはだいぶ幸せなことですよね。

 

結婚をすると、子供が出来る家庭が普通。

 

そこで何とか家族となります。

 

結婚と共に子供を持つことにも憧れを抱いたことでしょう。

 

 

子供が出来ると、いやに言えぬ幸福感があります。

 

但し、子供がいるからこそ、事をなんだかスムーズに運ばせることが出来ないものもあるのです。

 

 

それは、仕事について。

 

専業主婦の方なら別ですが、近年は仕事と家事を両立させるキャリアウーマンも多いため、こんな中、子供が出来てしまうと何だかんだ大変になってしまいます。

 

 

仕事をする中で「転職」を考える女性も多いことでしょう。

 

「今の会社の人間関係が忌まわしい」「労働条件が自分に合わない」など、何かしらの不満を感じたまま「転職」の2文字が浮かびます。

 

ですが、子供がいることによりこの転職活動も困難な状況になってしまう。

 

 

まるで、転職活動と言えば面接が必要になります。

 

予定を併せ、本当に足を運ばなければなりませんが、子供の行事などもあると、平日に面接へ行くのは簡単に出来るものではありません。

 

ひいては育休や社会福利など、条件が細く絞られてしまいます。

 

そのため、会社側は断じて子持ちの女性を採用決めるとはしないのです。

 

 

子持ちの転職活動は大変ですが、自分の意思や探し求める条件についてしっかりと報じ、会社側の質問にも正直に答えましょう。

 

子持ちでの転職活動のポイントは、根気よく当ることです。

このページの先頭へ戻る