正しい情報収集を

30代に求められること

近年、女性もはたらくキャリアウーマンが増えてきてあり、年齢に関係なく転職を考える人がそれに伴って増加傾向にあるようです。

 

では、あなたは転職を決意した際、それではどんな行動を起こしますか?だいたい、ほとんどの方が新天地を探そうと、情報収集に走ると思います。

 

情報収集自体は別途酷いことではありませんし、むしろ必要なことなのですが、この情報収集のやり方を間違えてしまうと、転職を失敗させる道をあゆむことになるのです。

 

 

失敗してしまう情報収集の仕方は、一際偏りがあること。

 

パラパラっと紙面の求人誌を見ておわりではいけません。

 

それだけで「自分に合う新天地が無い」としてしまっては、転職を成功させることなどできないでしょう。

 

 

近年はインターネットが普及していますから、Webの求人情報を閲覧するのも大事。

 

様々な待遇や武器が謳われていますが、ここは転職に強い求人サイトに登録して調べた方が良いでしょう。

 

女性の場合は男性よりも転職をうれしく受け入れてくれる所が少なめですから、女性に強い求人サイトにも共々登録しておくと便利です。

 

登録してから非公開のものが見れるようになるものもあるので、ここでしか見つからないような新天地があるかもしれません。

 

 

また、株の売上状況なども見ておくと安心です。

 

転職したはいいものの、雲行きが酷いのであれば意味がありません。

 

 

ともかく、一番にオススメなのは実に働いている人の声を訊くこと。

 

様々な角度から、多くの情報を手に入れるようにしましょう。

 

 

中間管理職は転職しやすい?

 

近年、男性社会から女性も活躍できる社会として、男性と女性が肩を並べて社会を形づくる時代となりました。

 

既婚女性であっても、家事と仕事を両立させるキャリアウーマンが多くなってきています。

 

一昔前までは、女性は専業主婦で家事と育児に専念させるのが一般的であったため、ここ数十年で凄まじく良心が変わったように思います。

 

 

仕事の中で、なんとなく「転職」を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

「今の職場に不満がある」「安定した収入を得たい」など、人それぞれ様々な理由で転職の二文字が浮かびます。

 

 

転職活動にも、向き、不向きがあります。

 

たとえば、子持ちの女性であれば育休など条件が絞られてしまうため、転職活動には不向きに。

 

逆に、様々な資格や経験があり、年齢も若ければ転職活動に向いてることになります。

 

 

よく、「中間管理職の経験がある人は転職活動に有利」と言われていますが、じつはどうなのでしょうか。

 

 

中間管理職を務めるには、ある程度の経験と裁量が必要なため、会社の大きな戦力になり得るとして有利と思われていますが、本当はそういう訳ではないのです。

 

 

転職をするには、今勤めている会社を辞めなければなりません。

 

但し、中間管理職は誰にでも勤まる仕事ではないため、会社側が転職を引き止めてしまうことがあるのです。

 

 

また、中間管理職は年収が他と比べて良いため、転職をすると恐らく下がります。

 

転職をするのなら、そこを覚悟の上で臨みましょう。

 

 

このことから、中間管理職からの転職はいまひとつ賢い選択とは言えなさそうですね。

 

 

条件を決める

 

あなたは「転職」を考えたことがありますか?「今の職場の人間関係が上手くいかない…」「労働に見合った給料をもらえない…」など、何かしら不満を感じた際にちょっと思ったことがある人も多いことと思います。

 

 

一昔前までは、「仕事は男性がするもの」というイメージがきつく抱かれていましたが、今となっては昔の話。

 

女性もキャリアウーマンとして男性に劣らずピンピン仕事をこなしています。

 

 

そういった女性が転職を考える時、年齢を理由に諦める人も多いのではないでしょうか。

 

「20代なら依然将来に希望はあるけれど、30代ともなるとちょっときつそう…」。

 

こう見える人は少なからずいると思います。

 

 

ただし、まさに30代女性で転職を成功させた人は数多くいるのです。

 

こんな人達の共通点の一つが「必要最低限の条件を決めている」ということ。

 

 

いかなることかというと、転職をする際にその職場に最低限探し回る条件を前もってハッキリさせているのです。

 

労働条件や転職など、人により重視する点は様々ですが、「これだけは絶対に譲れない」という条件を必ずや明確にさせておきましょう。

 

紙に書き出すと目に見えて便利です。

 

 

転職を成功させている女性は、これらの必要最低限の条件が少ない傾向にあり、多くても3つほど。

 

そうした方が代わりが広がりますから、より良い職場を見つけ易いのです。

 

 

紙に書き出したら、自分の想う方向性と同じなのか、しっかりチェックして下さい。

 

しっくり来たところが、あなたにピッタリの仕事となるでしょう。

このページの先頭へ戻る