転職したい理由

転職したい理由

数十年前までは、男性が仕事をしててきぱき収入を稼ぎ、女性は家で家事と育児に勤しむことが一般的でありましたが、今となってはとってもこうした形態のこだわりは見られなくなっています。

 

男性も「イクメン」と言って、育児に専念する家庭もありますし、女性も家事と仕事を両立させている人も多くいるのが実情です。

 

 

キャリアウーマンが増えている近年、転職を考える女性も少なくはありません。

 

20代のころに転職活動をするのであればとりわけ問題は無いのですが、概してが30代になってから転職活動を通しているのです。

 

 

では、なんで転職活動を通しているのでしょう。

 

30代となると、多くの女性がそれぞれ家庭を保ち、仕事が自分だけの問題では無くなってきます。

 

冒頭も話したように、家事と仕事を両方させる必要があるのです。

 

 

「家庭ができたから、正社員になって安定した収入を得たい」ということを目的として転職する人も多いのですが、今の職場では家庭に支障が出るから転職をするという人がほとんどです。

 

 

「今いる職場の人間関係がお断り」「職業にやりがいを感じない」などを出し抜いて、30代女性が転職をする理由として挙げられたのが「勤務時間や休日など、待遇の良い会社で働きたいから」。

 

出来る限り数時間で済み、休日もしっかり取れるところが求められているのですね。

 

 

家庭ができればそれほど時間が縛られます。

 

それらを受け入れて受け取る会社は多くはありません。

 

根気よく探して、家事と仕事を両立できる女性になりたいものですね。

 

 

履歴書について

 

あなたは「転職」と聞いて、どういうイメージを思い浮かべますか?「リスクが高い、賭けというイメージ」「新天地を見い出すのが大変そう」など、全然素晴らしい印象を抱かない人が多いことと思います。

 

確かに転職は、成功すれば嬉しい未来が開けますが、失敗してしまえばあっという間にどん底へ落とされてしまいます。

 

転職は人生の中の大きな転機とも言えるフェスティバルでしょう。

 

 

そういう転職ですが、近年は30代女性も頻繁にするようになってきているのです。

 

失敗してしまっている人も当然いますが、逆に成功させている人も数多くいます。

 

 

転職を成功させた30代女性における共通点が本当はあるのです。

 

 

それは、「履歴書」。

 

転職に履歴書はとてもファクターとなります。

 

書類審査を通過しなければ、転職も何もありませんからね。

 

履歴書はただ正直に書けば素晴らしいという訳ではありません。

 

新天地にしっかりと自分をアピールさせる、書き方があるのです。

 

 

予め、これまでの経歴からどういうことが出来るのか。

 

自分のスキルをアピールしましょう。

 

更に、パソコンスキルは細かく記入するようにしてください。

 

 

次に、今現在までに取得している資格や、新天地に関連のある免許も記入漏れのないようにください。

 

 

また、就職した際にどういうことに挑戦したいのか、自分の意欲をアピールすることも大事です。

 

 

以上のこれらを履歴書にとにかく記載するようにしてください。

 

転職を成功させた人のほとんどはプロのアドバイザーに見てもらっていますから、プロの手を借り受けるのも賢い手でしょう。

 

 

マナーを正しく守ること

 

近年、女性も社会ではたらく「キャリアウーマン」が増えてきています。

 

一昔前までは仕事は男性のするものという認識が激しくありましたが、今となっては男性も女性も平等に社会で活躍できる時代となっているのです。

 

 

動く上で、1度は見まがうのが「転職」。

 

成功するか失敗するか、甚だ大きなリスクを伴いますが、一際女性は「転職」って勇気がいることでしょう。

 

「20代ならまだしも、30代となると結構1歩が踏み出せない」という方も多いようです。

 

 

但し、実際には30代女性で転職を成功させた人たちは数多くいます。

 

その人たちは、みんな社会人としての最低限のマナーを守っていることがわかったのです。

 

 

たとえば、転職活動をしながら職場で務めているのならば、そのことをきちんと会社側に触ること。

 

広めるというのは、今働いている会社にも、新天地の会社にもです。

 

しっかり両方とも授けましょう。

 

 

新天地の会社はその人がいかなる業績を上げているのか、どのように務めているのかを探るため、今現在働いている会社に連絡を入れることがあります。

 

その際に転職活動を通じていることを会社が把握していなければ、この時点でマナーがなっていない人と判断されてしまう。

 

 

また、転職が決まった際も一概に自分の引継ぎのことなどを上司と打ち合せましょう。

 

転職が決まったからといって、今の会社を放り脱ぎ捨てる形ではいけません。

 

何事も丸く治めるのが一番ですので、社会人としてのマナーを貫き、円満に転職活動を進めていきましょう。

このページの先頭へ戻る