「ビジネスマナー」とは?

「ビジネスマナー」とは?

「仕事マナー」とは、さまざまな年代や経験年数の人間によって構成されている社会において、お互い賢くコミュニケーションをとって出向くために身に付ける“ルール”と言えます。

 

仕事の社会においては、1人1人の人間が「会社の一員」として扱われます。

 

たとえば、新入社員であっても、電話や来客ときの応対の際に、適切な挨拶や名刺交換がしっかりとできないと、会社全体の評価が落ちて仕舞うことになります。

 

仕事マナーは、会社外の人とだけではなく、会社内の人間関係においても大切です。

 

挨拶の仕方、ふさわしい敬語の使い方、会議やエレベーターでのマナーなど、それらを身に付けるという自己啓発の積み重ねによって、自分自身の評価として、仕事社会の中の一員として、徐々に認められていくのです。

 

このような自己啓発は、仕事マンに限ったことではありません。

 

やはり、仕事マナーなので、仕事面で活かせる部分が多いのですが、会社に勤務していない個人事業主やスペシャリスト、主婦など、どのような人でも社会になんらかの形で出ているのですから、誰にでも必要なことなのです。

 

社会へ出たら、自分自身のことは自分に責任があります。

 

そのため、仕事マナーというのは、仕事マンの場合は「会社の一員」として自覚を保ち、アダルトの場合は「社会の一員」として自覚を持ち歩いて、自分にまつわるありとあらゆる人と賢くコミュニケーションを取り去るためのルールということになります。

 

「ビジネスマナー」を身に付けよう

 

会社マンとして、会社マナーをちゃんと身に付けているというのは、当然のことだと思えるかもしれませんが、知っているつもりが本当はまさしく身に付いていないことも多いです。

 

マナーとは「行儀」のことであって、礼儀とは「世渡りや人間関係での秩序を保つために、人が守らなければならない行動様式」のことです。

 

会社マンだけでなく、社会人としてマナーを正しく守れないと、スムーズに人間関係を築いて行くことができないのです。

 

たとえば、電車内で携帯電話を使ったり、夜中に音楽を大音量で聴いたりして、周り人から苦情を通していては、スムーズな世渡りを送っているとは言えません。

 

「人に迷惑をかける=マナーに欠けている」ということそれで、周囲の人との秩序が崩れてしまうことになるのです。

 

同様に、会社マナーについても、身だしなみができていない、きちんと挨拶ができないなど、人としての面目を失うことになります。

 

仕事が仮に出来る人も、会社マナーがまさしく守れない、という直接仕事とは外部で評価を下げてしまうのは損です。

 

逆に、自己啓発を通じて、正しく会社マナーが身に付いていると、周囲の人とのコミュニケーションがスムーズですし、相手にリライアビリティをもたれたり好印象を受けたりすることにもなるので、「仕事が出来る人」として扱われるのです。

 

社会は人間同士のコミュニケーションによって成り立っているので、人は“感情”で働くものなのです。

 

そのため、「マナーを身に付ける=相手を不愉快にさせないように噛みしめる」ということなのかもしれません。

 

これは、当然のことだと思えるかもしれませんが、規則正しい会社マナーを改めて学ぶことは、ワンランク上の会社マンを目指し示すための自己啓発の一種でしょう。

「ビジネスマナーの心得」とは?

 

「自己啓発でビジネスマナーを身に付ける」と言うと、堅苦しいイメージを抱きつく人が多いようです。

 

でも、マナーで最も重要なのは“形”ではなく、目には見えない“心”なのです。

 

相手への思いやりの心が、ビジネスマナーの最も重要な心得と言えるでしょう。

 

具体的に言うと、相手を敬う、相手に好感を与える、相手に迷惑をかけない、相手の気持ちを察知する、などが考えられます。

 

世の中の全てのことにおいて、自分がもたらしたことは、自分に返ってくるものです。

 

これは、ビジネスマナーについても同じです。

 

絶えず他人に対して思いやる心をもちましている人は、相手と絆を上手く築くことができます。

 

みんなから好かれ、人生も豊かになり、仕事も私生活も充実することでしょう。

 

「相手は何をやるのか」「相手に何をしてあげれば、正に喜んでくれるのか」という観点から、思いやりの精神は生まれるのです。

 

こうした考え方が巡って、自分のもとに返ってくるのです。

 

相手はやがてあなたを慕うようになり、好感を抱きつくようになるのです。

 

思いやりの心がもてないと、どんなに才能があっても、人間関係を上手く築くことができず、孤立していきます。

 

そうして、仕事は停滞して、業務に支障をきたすこととして、“仕事のできない人”として見られてしまう。

 

仕事のできる人は、心と心の触れ合いこそがビジネスマナーの心得であり、ビジネスの根本であることを把握しています。

 

挨拶や身だしなみ、規則正しい敬語といった自己啓発は、相手への思いやりの大変全てスタートするのです。

このページの先頭へ戻る