ビジネスシーンにおけるメールマナー

あなたは会社シーンでやりとりするメールが規則正しく書けますか?マナーとは、相手を気遣ったり、自分の立場をわきまえたり、始終相手の立場でメールを書くことを頭に入れておくと、会社マナーをちゃんと守ったメールが自然と記せるようになります。

 

そのためには、自己啓発に取り組んで、規則正しいメールマナーを習得しておきましょう。

 

 

 

メールの会社マナーについて最低限知っておくべきことは、ほんの少しのことです。

 

基本的部分だけでも自己啓発としてしっかりと抑えておきましょう。

 

 

 

宛名と件名を含める・・・件名はメールの内容を読まなくても、相手がある程度判断できる感じを置きましょう。

 

たとえば、ただ「質問です」と書くよりも、 「~の件について質問です」 というほうがわかりやすいです。

 

「ご報告」や「ご連絡」といったタイトルを塗る人も多いでしょうが、「~についてご報告です。

 

」「~についてのご連絡です。

 

」とすると良いです。

 

名前と署名を添える・・・メールの冒頭には、挨拶文とともに、自分の名前を書き込みます。

 

電話と同様に、ひとたび自分が先に訴えるのがマナーです。

 

また、メールの最後には、署名を忘れずに入れましょう。

 

最低でも 名前とメールアドレスは必要ですが、会社メールの場合は、できれば、会社名と部署名、住所、電話/FAX番号などを入れているほうが良いです。

 

但し、ずっと署名を打ち込むのも浅ましいので、5~6行程度にまとめましょう。

自己啓発マナー、メール、機種依存文字、アドレス

 

業務シーンでメールを書く場合は、次のことにも気をつけましょう。

 

適度に改行と空行を閉じ込める・・・メールを折り返すときの文字数は、全角で35文字程度が良いです。

 

これは、メールを受け取った相手が、画面を横にスクロールしなくてもメールを読めるようにするためです。

 

折り返す際は、区切りの良いところで改行したり、空行を適当なところで入れたりして、文章が滞り過ぎないようにしましょう。

 

相手が読みやすいように心がけるのがマナーです。

 

使用できない文字・・・メールでは、半角カタカナと機種依存文字は使用控えるのがルールです。

 

これは、半角文字を使用すると、向こうで文字化けしてしまうことがあるからです。

 

また、「機種依存文字」とは、パソコンの機種によってまさしく表示されない文字のことそれで、マナーとして使用しないようにください。

 

TO、CC、BCCの使い方・・・メールの宛先は、通常「TO」の部分に入れます。

 

おくる相手が複数の場合は、「CC」や「BCC」という機能を利用するのですが、これには知っておくべきファクターがあります。

 

有力相手のアドレスは「TO」に入れます。

 

一先ず読んでください方のアドレスは「CC」に入れます。

 

当事者が複数の場合は、「TO」に全ての方のアドレスを入れます。

 

「CC」のアドレスは、メールを送信した全員が見分けることができるので、話の通じている相手同士でのやりとりには使えますが、それ以外の場合は、プライバシーの流出問題になる恐れがあるので、注意しましょう。

 

殊に相手同士が関わっていない場合は、「BCC」を使えばメールを送信した相手は見ることができません。

 

そうすれば、必要以上の情報がメールの送信先に有名なことはありません。

 

 

 

キャリアアップを目示すためには、自己啓発が必要なこともあります。

 

自己啓発とは自分の能力を上げることで、さまざまな方法がありますが、規則正しいメールの書き方もその1つです。

 

再び、あなたのメールの書き方に失礼な点がなかったか確認してみてください。

このページの先頭へ戻る