外出時のマナー

外出時のマナー

会社で外出する際にも、知っておきたいマナーや注意事項があります。

 

外出するときの会社マナーを紹介するので、自己啓発に取り組んで下さい。

 

外出する場合は、基本的に、机の上に何も置かれていない状態が原則です。

 

会社に戻ってからおんなじ仕事を積み重ねる場合であっても、机の上はいったん整理しましょう。

 

重要な書類を担当している場合は、最も注意が必要です。

 

重要なものは机の引き出しなどにしまって置き、作業中のものは整理を通して一概に積んでおきましょう。

 

また、人から依頼されている仕事は、その依頼者に対して、進行状況を適宜報じるのがマナーです。

 

 

 

上司や隣の席の人などには、どこへどのような用件で立ち寄るのかということを、きちんと伝えましょう。

 

訴える人がだガラガラ場合は、メモを机の上に残しておきましょう。

 

行動予定ボードなどがあるのなら、肝を記入しておきます。

 

各会社によって伝言方法などはことなるので、しっかりと確認しましょう。

 

 

 

帰社する予定の時間をはっきりさせておきましょう。

 

商談などで帰社できる時間がはっきりしていない場合けれども、大体の時間を伝えておいて、どうしてもこれから連絡を入れましょう。

 

時間が敢然とわかった時点で、電話連絡を会社へ入れましょう。

 

 

 

いつ出て行って、いつ戻って来たのかわかるように、「~へ行って来る。

 

」「ただ今戻りました。

 

」といった挨拶も忘れないようにください。

 

職場での印象を良くするために、外出時のマナーについても自己啓発を通してしっかりと身に付けておきましょう。

洋食のマナー

 

お付き合いの第一歩として「食事」があります。

 

おとなともなれば、接待などで仕事関係者と共に食事をする機会も多いでしょう。

 

食事を一緒にする人が、料理を気持ちよく食らうために、自己啓発としてテーブルマナーの基本を身に付けておきたいものです。

 

まずは、洋食のマナーを紹介します。

 

1、荷物については、ハンドバッグなどのちっちゃいものは、背中と椅子の背の間に置きます。

 

大きなものは、クロークに預け入れるか、足元の右側に置きましょう。

 

2、着席する順番は、女性→目上の人の順です。

 

また、陣取る際は、椅子の左側から座りましょう。

 

3、ナプキンはすぐには広げず、主賓が取り上げてから手に取ります。

 

判のナプキンは二つ折りとして、手前に折り目がくるようにひざの上に広げます。

 

手や口の汚れをふき取る時折、ナプキンの端で拭きます。

 

4、並べられているナイフ、フォーク、スプーンは、外側から使っていきます。

 

正面に並べられているのは、デザートとコーヒー用です。

 

食事の途中に、ナイフやフォークを休める場合は、「八の字」に皿の上に置きましょう。

 

食べ終えたら、ナイフやフォークなどは、皿の右端に並べて、ナプキンは簡単に畳んでテーブルの上に置きましょう。

 

ナイフやフォークを落としてしまった場合は、自分では拾わないで、ウエイターを呼んできれいなものとしてもらいましょう。

 

また、薬味などに手が届かない場合、手を伸ばして無理に取ろうとせずに、薬味の近くに座っている人にとってもらってお礼を言いましょう。

 

最後に、洋食の“タブー”を並べるので、自己啓発として知っておきましょう。

 

・食器をカチャカチャと音をたてて食べる。

 

・クチャクチャと音をたてて食べたり、ズーズーと音をたてたりしてスープをすする。

 

・口に料理を入れたまま話したり、お酒を飲んだりする。

 

・手に皿を持ち歩いて取る。

 

・ワインなどを注いで買うまま、グラスを上げる。

和食のマナー

 

社会人になると、お付き合いで食事をすることがあるでしょう。

 

そのために、会社でのビジネスマナーだけでなく、食事のマナーも自己啓発として身に付けておくと良いです。

 

今回は、「和食のマナー」を紹介します。

 

1、箸は箸袋から取り出して、お膳の上の場合は左側に箸袋を置きます。

 

テーブルの上の場合は左下に縦にして置きます。

 

2、料理が運ばれてきたら、前もって蓋付きの料理は蓋を全て取り去り、膳の外に裏返しとして置きます。

 

蓋は、食べ終わったら運ばれてきた状態にかぶせて、元通りにします。

 

3、食べるときは、箸で一口大としてから口に運びましょう。

 

数種類の料理が一皿に盛りつけられている場合は、端のものから食べていきましょう。

 

4、食事の途中に箸を捨て置く時は、箸置きを使用します。

 

箸置きが用意されていない場合は、箸袋を結んだり折ったりして箸置きの代わりにします。

 

5、汁などをこぼしてしまったら、少量の場合は懐紙で拭き、多い場合はお店の人を呼びましょう。

 

おしぼりが用意されていても、なのでテーブルを拭くのは控えましょう。

 

手が汚れた時は、おしぼりや懐紙で拭きましょう。

 

6、食事が済んだら、お茶いただきます。

 

食事が終わったことがわかるように、箸袋に箸の先を入れて、余った部分は折っておきます。

 

箸袋を箸置きとして結んだ場合は、その結び目の中に箸先を入れます。

 

次に、和食の“タブー”としていることを並べるので、自己啓発として知っておいてください。

 

・顔などをおしぼりで拭く。

 

・タバコなどを食卓の上に捨て置く。

 

・顔を料理の方へ近づけて食する。

 

「犬食い」と呼ばれ、マナーに反する。

 

・食べながら、前方をお椀越しにのぞき見分ける。

 

「にらみ食い」と呼ばれる。

 

・口に料理を運ぶ場合、手を下に添えない。

 

小皿や小鉢などを胸元あたりまで所持してきて採り入れる。

 

・爪楊枝は食事中に使用断ち切る。

 

食事の後に取り扱う時は、口を左手で覆いながら素早く片付ける。

このページの先頭へ戻る