行政書士試験センター

行政書士試験センター

行政書士を目指そうとしているのであれば、それでは行政書士試験に合格しなければなりません。

 

行政書士になるためにはいくつかの方法があるのですが、その一つとして行政書士試験に合格することがあります。

 

この行政書士試験と言うのは財団法人の行政書士試験研究センターが行っているものです。

 

総務大臣による試験機関として認定されているのはこの試験センターだけです。

 

平成12年からその業務を通しています。

 

各都道府県において行政書士試験を実施する委託業務も行っているのです。

 

この方式は今後も繋がることはないと考えられますから、実質的に行政書士試験研究センターが試験内容を決定し、実施していくということです。

 

財団法人ですから、業界からの寄付によって運営が行われています。

 

また、試験による収入もあります。

 

行政書士の試験を受ける人が最近は多くなってきましたから、その試験収入も比例して多くなっていると言われています。

 

試験センターを運営している理事たちはほとんどが行政書士であるか、税理士などの資格を有する人です。

 

行政士試験はその年によって国の政策が変われば、試験内容も変わってきます。

 

多くの人が受験するのですから、過去の問題や受験に関する情報を大きく周知することが求められています。

 

現代の就職状況を考えた時に、行政書士の資格を所持していることは非常に重要なことと言えるでしょう。

 

また、大学で学んでいる人であれば行政書士の資格を取ることを考えておきましょう。

 

実際の就職がどういう方面であっても、法律に関することを知識として所持していることが強みになるのです。

 

 

 

行政書士試験のブログ

 

毎年行政書士試験にあたっているのになかなか合格しないという人にはインターネットの活用をお勧めします。

 

インターネットでは行政書士試験に関するブログがたくさんあるのです。

 

合格者の行政書士によるブログもありますから、本当に参考になるのではないでしょうか。

 

どのような勉強をすればいいのか、どのような問題が出てどのような視点から回答すればいいのかといったことを解ることが出来るのです。

 

行政書士試験の倍率は悪いのですが、でも毎年たくさんの行政書士が誕生しています。

 

その人たちのその後の仕事のことなども分かることができますね。

 

たった行政書士試験のためのテクニックを解るということだけではなく、行政書士という資格とそれを取りまく時流をわかることは大事なことでしょう。

 

自分が何のために行政書士試験を受けようとしているのかを考えてください。

 

仕事に付くまま有利だからというだけで行政書士の資格を取る人もいるでしょうが、その資格がどのような役割を持ち歩いているかを知って下さい。

 

そんなにすることによって、行政書士試験に臨むモチベーションを決めることが出来るのです。

 

多くの人が合格したいとしているのですが、世の中は軽くありません。

 

簡単には合格できないのです。

 

倍率は1割未満ですから、やる気だけでは足りません。

 

行政書士試験に関するブログにはモチベーションを高めてくれる情報がたくさんあるとしてよいでしょう。

 

また、試験に臨むときの具体的なアドバイスもありますから、とにかく読んでみましょう。

 

知っておいて悪いことはありません。

 

 

 

行政書士試験の過去問

 

国家試験とか試験の過去問題を開くということは、合格を拾うためには非常に重要なことです。

 

行政書士試験においてもそれは有効です。

 

行政書士試験は行政書士試験研究センターが作成しています。

 

センターのホームページには問題とその回答が掲載されています。

 

ですから、特別にテキストを購入しなくても過去問を解ることが出来るのです。

 

もちろん、過去問をすべて暗記できたとしても行政書士試験に合格できるとは限りません。

 

また、多くの人が受験しているのですがその倍率は低いのが現状です。

 

では、過去問から如何なることを学べばいいのでしょうか。

 

それは問題の傾向です。

 

如何なる分野が出題されてきたのかを分かることで、如何なる分野を重点的に勉強すればいいのかが知るのです。

 

最近の傾向としては、裁判の判例などを示して、それに関する濃い知識を携帯していなければ解けないような問題が出されています。

 

一般的な知識を大きく携帯していても、合格できないということです。

 

多くの人が行政書士の試験にあたっているのですが、簡単には合格していません。

 

行政書士試験にあたって、自分が何を狙うのかを明確にしておくことが大事です。

 

もっぱら行政書士の資格を取りたいだけなのか、行政書士としての仕事をしたいのかによって大きく変わってくるでしょう。

 

試験に通るだけならば、試験に芽生える事柄だけを覚えればいいのかもしれません。

 

通るためのテクニックを身につけるということです。

 

ただし、実際の業務に生かしたいとしているのであれば、まずは不十分と言えますね。

 

 

 

行政書士試験の成功

 

どんな試験であっても、それに通るためのテクニックだけを考えている人がいます。

 

行政書士試験もそのテクニックを使えば、短期間で行政書士試験に合格出来るという人もいるのです。

 

それが本当かどうかは別としても、個人の能力差がありますからすべての人がおんなじやり方で成功するとは言えないのです。

 

行政書士試験がその資格を取るということだけのためにあるのであれば、でもいいのかもしれません。

 

ただし、行政書士の資格は行政書士としての業務をするためのものであることを忘れてはいけません。

 

当然、資格を食べることで就職に有利に繋がることは十分考えられますが、それだけで終わらせてはいけないのです。

 

多くの人が合格目指して勉強しているのですが、10人に独自ぐらいしか合格していません。

 

それだけ、耐え難いということでしょう。

 

勉強の仕方が悪いという場合もあります。

 

試験のための勉強をしなければ、かりに頑張っても合格できません。

 

つまり、テクニックだけに固執することは問題でしょうが、傾向と対策を怠ることも問題なのです。

 

行政書士を目指している人にとっては、行政書士の試験は第一関門に過ぎないのです。

 

そこで無用な労力を使う必要はありません。

 

但し、勉強したことは知識となりますから、ちっともの無駄ではないはずなのです。

 

試験に合格して、どんな道にすすむのかはわかりませんが、勉強で得た知識を自前にすることが大事です。

 

自分の将来の姿を思い浮かべながら、試験の勉強を推し進めることで成功への道が見えてくるかもしれません。

このページの先頭へ戻る