通信教育と行政書士試験

通信教育と行政書士試験

国家資格を取得しようと図る時折、いかなる勉強方法を取ったらよいでしょうか。

 

一番確実な方法は通信教育かもしれません。

 

時間や場所に拘ること無く、勉強ができるからです。

 

それに対して、独学であれば試験の概要や傾向と対策まで自分で理解しながら勉強しなければなりません。

 

それほど時間がかかるということでしょう。

 

通信教育で行政書士試験の勉強をする別途たくさんの通信教育の業者がいますからじっくりと選ぶ必要があります。

 

それぞれの長所短所が明確に分かるわけではありませんが、インターネットの口コミなどを参考にするとよいでしょう。

 

行政書士試験とか、勉強と言うものは個人毎に少しずつ違っています。

 

人と同じ方法を取ったとしても合格できるかどうかはわからないのです。

 

行政書士の試験は倍率が10%未満の難関です。

 

まぐれで合格する性質の資格ではありません。

 

ですから、多くの人が学んでいる通信教育を選択することがいいのではないでしょうか。

 

業者によって月謝も異なっています。

 

サポート体制も違っているでしょう。

 

自分のレベルがどのくらいなのかによっても、選択すべき業者は変わってきます。

 

基礎がある人なら独学という選択もあるはずです。

 

法律の基本から学ばなければならないのであれば、通信教育でも難しいかもしれません。

 

法律の用語や裁判の流れなどが問題の中に出てきますから、それは基礎知識として所持しておかなければならないのです。

 

多くの人が合格を目指して頑張っています。

 

あなたも合格するまであきらめずに頑張って下さい。

 

 

 

行政書士試験の研究

 

国への申請などの手続きにおいては行政書士による書類作成が必要な場合があります。

 

行政書士という資格は現代の資格の中けれども人気を集めているのです。

 

その行政書士試験はハードルが激しく、合格者数はかなり低くなっています。

 

行政書士試験を受けようとしているのであれば、黙々と研究することが必要でしょう。

 

中には、何年もかかって行政書士試験に合格したという人もいます。

 

一斉合格を目示すつもりならば、周到にしなければならないということです。

 

行政書士試験に関する情報はインターネットでたくさん見つかります。

 

それだけ、多くの人が受験しているということです。

 

行政書士試験の過去問から傾向と対策を考えることは大事です。

 

そうして、そこから思い当たる予想問題を開くのです。

 

勉強を始めたばかりの時は、裁判の判例などもよく理解できないかもしれません。

 

ただし、何度もそれを増やすのです。

 

そんなふうにすることによってたくさんの知識を身につけることができます。

 

また、一般知識の出題では直接行政書士と関係ない問題もあります。

 

こうした問題も抜かりなく勉強しておかなければならないのです。

 

行政書士の試験に合格してからの目的をはっきりさせることも大事です。

 

多くの人が行政書士の仕事を考えているでしょう。

 

勿論、すべての人が行政書士の仕事に就けるわけではないのですが、試験で得たことが知識となって無駄はありません。

 

他の業務をする場合それでも、それが役立つはずなのです。

 

仕事と言うものは何気無いところでつながっていると感じることがあるはずです。

 

 

 

行政書士試験の申し込み

 

最近の国家試験ではたいていのものがインターネットによる申込みが出来るようになっています。

 

行政書士試験も同様にインターネットあるいは郵送で申込みができます。

 

行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施していますから、センターのホームページで申込みをします。

 

試験の詳細は毎年7月に発表されています。

 

そうして、8月から9月にかけて申込み期間としているのです。

 

インターネットでの申込みはパソコンに慣れた人ならば簡単にできます。

 

しかし、受験費用の支払いはクレジットカード決済のみとなっています。

 

クレジットカードを欠ける人は新たにカードを組み立てるか、郵送での申込みを行わなければなりません。

 

未成年者でない限り、およその人はカードを携帯しているのではないでしょうか。

 

また、行政書士試験は年に1回の実施ですから、申込み期間を過ぎないように注意しておかなければなりません。

 

カレンダーなどに記載しておくといいかもしれませんね。

 

わかり易いことはインターネットで調べると一気に出てきます。

 

試験の勉強ばかりをしていて、頼むのを忘れたということのないようにしておきましょう。

 

郵送で頼む時折申込み用紙を貰うか、各都道府県の県庁をめぐってもらってくるかしなければなりません。

 

これにも期間がありますから注意しておきましょう。

 

たくさんの人が行政書士試験にあたっています。

 

そうして、多くの人が不合格となっているのが現状です。

 

何度も受けていて申込みの仕方だけ要領よくなったらやりきれないものがありますね。

 

 

 

行政書士試験の概要

 

国家資格の中それでも行政書士試験は難関なものに分類されます。

 

その行政書士試験の内容について紹介ください。

 

行政書士という資格は国への申請手続きなどの書類作成を行うための資格です。

 

この資格がなければできない業務というものが決められているのです。

 

試験は大きく一般からの合格を想定していますが、内容が盛んですから倍率は1割未満となっています。

 

受験資格は年齢、学歴、国籍など関係ありません。

 

誰でもが受験することが出来るのです。

 

未成年けれども毎年合格者がいます。

 

試験は年1回で、11月に行われています。

 

試験科目は業務に関連した法令などから46問、一般知識から14問の合計60問です。

 

記述式と選択式の両方があります。

 

法令は憲法、行政法、民法、商法など多岐にわたっています。

 

試験の場所は受験機会を繰り返すために、各都道府県に一か所以上の会場が設けられます。

 

ほとんどが大学のキャンパスを使用して実施されているようです。

 

受験の申込みはインターネットか郵送によります。

 

手続きの詳細については、財団法人行政書士試験研究センターのホームページなどに掲載されています。

 

受験の申込みは8月から9月にかけてですから、伸びることのないようにしなければなりません。

 

受験料は7,000円です。

 

合格発表は翌年の1月末に行われてあり、センターの事務局に掲載されますが、ホームページでも受験番号で掲載されますから、自分の合否を確認することができます。

 

試験問題とその解答例はおんなじホームページに掲載されますから、過去問などを勉強するときには参考にしてよいでしょう。

 

試験に合格したら晴れて行政書士の資格を得たことになるのです。

このページの先頭へ戻る