行政書士試験の合格率

行政書士試験の合格率

行政書士試験は各都道府県が独自に試験を通じてきました。

 

その当時は他の法律関連の試験に比べると、きめ細かい試験となっていました。

 

ただし、行政書士試験が国家試験となってからは、厳しい試験となってきたのです。

 

また、各種資格を取得しようとする人が多いことや、行政書士の業務範囲が広がったことから、受験者数は年々増加傾向にあります。

 

それに対して倍率は1割未満の状態で推移しています。

 

この傾向は今後も変わらないのではないかと考えられます。

 

法律に関する問題などは最高裁の判例などを基にした問題が出題されており、奥深い理解を通じていなければ解けないようになっているのです。

 

試験を通じている財団法人行政書士試験研究センターのホームページを見ると、合格者の分析が掲載されています。

 

年齢別、都道府県別などで分けられています。

 

都道府県別の倍率を見ると、東京、石川、愛知、京都、大阪、鳥取の各県が10%を越えていますが、全国で平均すると9%程度となっています。

 

都道府県による差はありますが、希望すればどこでも受験できますから、特別な理由があるわけではないでしょう。

 

また、年齢別の受験者を見ると、20代、30代で全体の3分の2程度を占めています。

 

予め、法律関係の仕事に就こうとしている人、今やその仕事に就いている人が大半なのではないでしょうか。

 

また、性別の年齢別を見ると女性まずは20代、30代の受験者が4分の3以上を占めています。

 

これは法律関係への女性の進出が進んでいるためと考えられます。

 

試験ですから中高年になって受験するよりも、若い時に受験した方が倍率は厳しいことが結果から示されています。

 

 

 

行政書士試験の試験科目

 

国家試験は出題範囲が事前に提供されており、その内容に従って受験勉強をすることになります。

 

行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施しているのですが、その試験科目はホームページに掲載されています。

 

試験科目としては行政書士の業務に関して必要な法令等の問題で46題、行政書士の業務に関連した一般知識等から14題となっています。

 

法令等とは憲法、民法、行政法、商法、及び基礎法学です。

 

当然、受験が実施される場合施行されている法律に基づくものです。

 

また、一般知識としては政治、経済、社会などに対したもので、情報通信、プライバシー保護などの問題が出題されています。

 

具体的な問題は過去問を見極めることでわかりますが、まったく広範囲の問題となっていると言えます。

 

結果として、ハードルが大きいということになるのです。

 

出題形式は法令等が択一式と記述式の問題です。

 

記述は40字程度となっています。

 

また、一般知識は択一式のみです。

 

どの問題でも、法律などについて激しく理解していなければ解けないような問題です。

 

多くの人が受験しているのですが、10人に独自しか合格しないのです。

 

通信教育などで受験勉強することによって、合格への道を考えることが賢明です。

 

独学で合格しようと練り上げるのであれば、2,3年をかけて合格すれば良しとして下さい。

 

もはや税理士などの仕事をしながら受験する人も多いのですが、でも合格する人は小さいのが現状なのです。

 

未成年者けれども合格している人はいますから、ポイントを押さえて効率よく勉強することが大事なのです。

 

 

 

行政書士試験の将来性

 

職業と言うものはいつの時代も同じ仕事をしているわけではありません。

 

時代とともに仕事のやり方を変えていく必要があります。

 

また、それができなければ時代に取り残されて、ひいては廃業せざるを得ないということになるのです。

 

行政書士においてもおんなじことです。

 

行政書士試験に受かったからと言って、次いですべてがうまくいくわけではありません。

 

中でも、最近のIT技術の進歩によって、単なる書類の作成ということは行政書士に依頼しなくても通常の人で可能となってきました。

 

行政書士試験を受けるときにはさまざまな手続きの書類作成が行政書士の仕事だと考えていたかもしれません。

 

ただし、それだけで行政書士が務まるわけではないのです。

 

また、それだけで食べていけるわけでもないのです。

 

行政書士の仕事の幅を自分で広げて行くことを考えましょう。

 

勿論、法律で定められた業務があります。

 

それは行政書士として間違いなく遂行できるのですが、その他の依頼人の希望をくみ取って出向く裁量が欲しいものです。

 

行政書士は法律に詳しいということが当たり前ですから、それを武器にして仕事のやり方を考えていきましょう。

 

自分で仕事の範囲を狭めることのないようにしなければなりません。

 

いつでも相談していただけるように間口を大きくしておくことです。

 

こんなことは行政書士の仕事ではないという考えは捨てなければなりません。

 

仕事の幅を広げて出向くことによって、行政書士の将来が見えてくると言ってもいいのではないでしょうか。

 

あなたは行政書士試験に合格したらいかなる仕事をして出向くのでしょうか。

 

 

 

行政書士試験の難易度

 

資格試験と言うものは各種種類がありますが、その中それでも行政書士試験は最近人気を集めるようになってきました。

 

試験のハードルも高くなる傾向にあります。

 

行政書士試験に合格することにより、その職域が拡大されたことによる影響と考えられます。

 

試験内容としては最高裁の判例文を引用した問題や学説の理解を探るための問題などが出題されています。

 

いとも高度な法律の知識が必要な問題なのです。

 

それまでは大きい法律の分野における基本的問題が多かったようです。

 

倍率は2から5%程度となっていますから、全然ハードルが良いということです。

 

他の試験と比較すると、国家公務員2種試験と同じぐらいと考えられます。

 

でも行政書士の試験を受ける人は年々増加傾向にあります。

 

ここ数年は倍率が高くなる傾向ですが、10%を越えることは僅かとしていいでしょう。

 

行政書士試験の試験に合格したとしても、それだけの資格では就職することは難しいと言えます。

 

純粋に行政書士の収入だけでは生活できないのです。

 

行政書士の資格を持っている人は共々税理士の資格を持っていることが多く、収入としては税理士としての収入が多くを占めているからです。

 

行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取った場合にはその資格でなければできない業務というものがあります。

 

それは法律によって定められているのですが、さほど多くはありません。

 

それは行政書士法というもので法定業務として明示されているのです。

 

現実的には税理士や弁護士の役割を補完する形の資格とも言えるでしょう。

このページの先頭へ戻る