行政書士試験の体験記

行政書士試験の体験記

国家試験を受験するときどき事前に各種情報を入手しておく方がいいでしょう。

 

法律関係の国家試験である行政書士試験においても、それはおんなじことです。

 

行政書士試験は毎年倍率が1割未満の難関試験です。

 

行政書士試験の過去問はホームページや書籍を購入すればわかります。

 

但し、実にどのように勉強を進めていけばいいのかは先輩のブログやメールなどが参考になるのです。

 

最近は資格取得ブームと言われていますが、行政書士試験を受ける人も年々増加しています。

 

倍率は変わりませんから、通常の勉強だけでは簡単に合格することはできないでしょう。

 

多くの人が如何なる勉強方法を取っているのかを知ることも大事ですが、実に合格した人の体験が一番ためになるはずです。

 

その感想を読んだり、聞いたりすることで自分に不足しているものを考えてください。

 

人と同じようにやっても、合格できるとは限りません。

 

みんなは勉強の方法はわかっているのに、それができないために合格できないのです。

 

ひとまず不合格になって、もう一度の挑戦の人も多いでしょう。

 

それならば一層勉強のやり方を変えていくことが大事です。

 

勉強方法が去年と同じなら、結果も同じに陥る可能性がおっきいからです。

 

誰でも一発で合格したいとしているでしょう。

 

但し、それは一部の人しかできないことかもしれません。

 

もちろん、最初からあきらめていては合格するのは無理です。

 

自分にできること成し遂げることが大事です。

 

法律のことを大きく勉強するよりも、合格のための勉強に絞り込んで見る方が合格し易いようです。

 

 

 

行政書士試験の突破塾

 

行政書士試験の合格を目指している人にとって参考となるホームページがありますのでご紹介ください。

 

行政書士試験突破塾です。

 

その名の通り、行政書士試験を合格で突破しようというものです。

 

合格のためにはいかなる勉強をすればいいのかを、このホームページから探ってみませんか。

 

当然、すべて自分ができることではないかもしれません。

 

但し、多くの先輩たちが苦労してきたことなどが体験談として掲載されています。

 

それを掴むことによって、自分の勉強のやり方を見直して見るのです。

 

行政書士になったならば、法律関係の仕事をすることになるのかもしれませんが、では行政書士試験に合格することが先決です。

 

つまり、試験合格のための勉強に的を絞って進めて出向くことが肝心です。

 

過去問の分析から、試験がいかなる観点で作成されていることを知ることは大事です。

 

ある程度の予想が付くならば、それは非常に合格に近くなるはずです。

 

やはり、すべての問題が予想できるわけではありません。

 

但し、試験の傾向と言うものはあるはずです。

 

大学受験などと同じように考えておきましょう。

 

傾向と対策が大事ということです。

 

行政書士試験の勉強をするときには通信教育講座などに頼むこともいいでしょう。

 

自分に当てはまる勉強のスタイルが大事なのです。

 

一発で合格した人たちがいかなる勉強を通じてきたのかを知って下さい。

 

自分に不足しているのはいかなる点なのかということです。

 

試験科目ごとにその特徴を理解して対策を練って下さい。

 

突破塾はためになるサイトだと思います。

 

 

 

行政書士試験の講評

 

資格の合否はノートでまとまると言われています。

 

行政書士試験の勉強方法は自分のやり方を変えていくことも大事です。

 

行政書士試験が今までどういう観点から出題されてきたのかを理解することによって、その勉強方法を考えていかなければならないのです。

 

行政書士試験のための通信教育講座などはたくさんあります。

 

但し、受験者数に対する倍率は毎年変わっていません。

 

簡単には合格できないということなのです。

 

あなたがこれから行政書士試験を受けようとしているのであれば、テキストを購入する前にまずはどういう勉強をすればいいのかを分かることから始めましょう。

 

インターネットで行政書士試験を検索してみましょう。

 

そうすればたくさんのサイトが表示されるでしょう。

 

皆は通信教育で学ぼうと考えるのではないでしょうか。

 

勿論、通信教育が酷いわけではありません。

 

但し、合格率が低いのですから、多くの人がやっている勉強で問題ないのかを考えることも大事なのです。

 

過去問の一つ一つに講評しているサイトがあります。

 

それをよむとためになるのではないでしょうか。

 

実際の試験においては、すべての問題に正解をもたらす必要はありません。

 

解けない問題やしんどい問題は後回しにして良しのです。

 

それぞれの問題がむずかしいのか基本的問題なのかを分かることは非常に重要です。

 

それによって、試験の時の時間配分もなるからです。

 

行政書士試験の講師を通している人ならばそれがわかっているのです。

 

受験のための勉強ということになるのかもしれませんが、次いで行政書士になれるのですから、割り切って勉強を進めて下さい。

 

 

 

行政書士試験と就職

 

行政書士試験の受験者を年齢特別見てみますと、50代、60代でも多くの人が受験していることがわかります。

 

これはどういう理由なのでしょうか。

 

行政書士試験で合格することによって、再就職が有利になるとか、仕事の幅を広げることが出来るといったことが考えられます。

 

そのために行政書士試験を受験しようと考えている人が多いのです。

 

定年間近になってから勉強を始めることは大変かもしれませんが、それはやる気次第だと考えていいでしょう。

 

就職をするために資格を取ろうと位置付けること自体が、かなり素晴らしいことではないでしょうか。

 

どういう資格が就職に有利になるかを考えて見ることも大事です。

 

そんな観点から考えると、行政書士試験はほとんど役に立たないと言われています。

 

それは税理士や公認会計士がいる事務所では、いまや行政書士の資格を携帯している人がいるという現実があるからです。

 

ただし、自ら行政書士を通している場合であればそのサポート要員を募集しているに関しても多いようです。

 

いずれにしても、就職するためには資格を携帯している方が有利になります。

 

その資格を持つことによって、業務の幅が流れるからです。

 

ういういしい年代の就職事情と、中高年になってからの就職事情は大きく変わっているでしょう。

 

但し、とも資格を携帯している方が重宝がられます。

 

行政書士試験は倍率も低く、ハードルのレベルは高くなっています。

 

この資格を携帯しているということが、やる気の表れだと評価してくれるような職場を捜すこともいいかもしれませんね。

 

 

 

行政書士試験と資格

 

世の中は資格ブームです。

 

資格をとることが就職においては大事なことだとテレビも宣伝しているからでしょうか。

 

多くの人が持っているような資格であれば、決して価値は厳しくありません。

 

また、ハードルは高くても実際の仕事には役立たない資格もあります。

 

行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取ったところ就職に有利に繋がるのでしょうか。

 

予め、行政書士の資格がなければできない業務というものが法律で決められています。

 

ですから、その業務を通している企業では、とうに行政書士の資格を持っている人がいるはずなのです。

 

あなたがいなければ業務がもたつくという状況に達することはないでしょう。

 

ただし、行政書士の仕事は誰にでも任せられませんから、資格を持っていることでだんだんと仕事を任せてもらえるように繋がる可能性は高いのです。

 

資格がなければ任じること自体が不可能なのです。

 

資格を持っていることで直ちに仕事に役立つとしてはいけません。

 

世の中はさほど塩辛いからです。

 

行政書士試験のメリットはひと度資格を取ってしまえば、それが一生通用する点です。

 

将来の職業が未だに決まっていないのであれば、各種資格を取得することがいいでしょう。

 

それがいつか思いがけず役立つ日が来るかもしれません。

 

目先のことだけを考えて、資格をとることはよくお勧めしません。

 

一段と長い目で自分の仕事を考えて下さい。

 

そんなふうにすることによって、自分に当てはまる資格が見えて来るかもしれません。

 

また、仕事をしながら別の資格にチャレンジするということもいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ戻る