行政書士試験とは

行政書士試験とは

法律関係の仕事に就こうとしている人は各種資格を携帯しておくことをお勧めします。

 

その一つとして行政書士があります。

 

これは行政書士試験に合格することで取得することができる資格です。

 

行政書士試験は例年ハードルが厳しく、いやに勉強しなければ合格できません。

 

この行政書士試験について紹介ください。

 

行政書士という資格は国家資格です。

 

この資格を持たなければ行えない業務というものが法律で定められています。

 

内容的には国に申請するような手続きの書類作成が主なものです。

 

たとえば、外人の在留資格申請や、国籍取得の届け出、建築業法における建設業許可申請に関するもの、宅地建もの取引業の免許手続きなどがあります。

 

やはりこれらの仕事だけで生活できるかと言うと、それは何となく厳しいというのが一般的です。

 

行政書士の資格を携帯しているだけではだめですが、税理士や弁護士の免許を携帯している人が大半ということなのです。

 

行政書士試験はかなりハードルが高いため、試験の傾向と対策を押さえておくことが大事です。

 

また、通信教育にて勉強して行くことも必要かもしれません。

 

行政書士の資格を取得することで就職には極めて役立つと考えていいでしょう。

 

試験に合格するためには、法律の知識などを携帯していなければならないからです。

 

その知識を有効に活用することによって、様々な仕事を通じていただけるのです。

 

法律事務所などの社員に採用されやすいということです。

 

また、行政書士試験に合格したならば、税理士なども目指してみるといいでしょう。

 

 

 

行政書士試験の受験者数

 

就活をするときどき自己のアピールをすることが大事です。

 

ただし、やる気だけでは結構採用されないのが現実です。

 

国家試験を通して、その資格を取り置くことが大きなアピールになると考えられます。

 

現代では資格取得が人気を集めていますから、その一つである行政書士試験も受験者数が年々増加傾向にあります。

 

ただし、行政書士試験は国家資格の中けれども難関ですから、受けたからと言って簡単に合格するものではありません。

 

行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが実施しています。

 

そこのホームページを見ると年毎の受験者数の推移が掲載されています。

 

平成21年度のデータを見てみましょう。

 

受験者の総数は67,000人以上です。

 

ただし、その中で合格者は6,000人に留まっています。

 

倍率は10%に満たないということです。

 

行政書士試験は年齢や学歴、国籍などの制限がありませんから、誰でも受験できます。

 

10代の人も毎年1000人弱が受験しています。

 

年代特別見ると20代、30代が全体の3分の2を占めているのですが、この年代の受験者数は特に増加しているわけではありません。

 

それよりも、40代から60代の受験者数が増加しているようです。

 

これはリストラなどで失業した人が雇用の機会を求めて受験しているということでしょうか。

 

税理士の免許は持っているでも、行政書士としての仕事も果たすために資格を取ろうと考えているのかもしれません。

 

行政書士の試験は難しいですから、皆目知識のない人は数回のチャレンジが必要でしょう。

 

一度失敗しても諦めずに頑張ることが大事なのかもしれませんね。

 

 

 

独学の行政書士試験

 

インターネットなどを見ていますと、独学で各種資格を取得した人のサイトがあります。

 

行政書士試験についても、独学で合格することは可能です。

 

ただし、行政書士試験は資格試験の中けれどもまったくハードルが大きい部類に入ります。

 

ですから、独学で行政書士試験に合格しようと感じるのであればそれなりの覚悟が必要ということです。

 

行政書士試験は年に1回実施されていますが、倍率は10%未満です。

 

通常のテキストなどで勉強することはできますが、最新の法律問題などについても情報を収集しておくことが大事です。

 

如何なる勉強方法を取れば、合格するかは個人の資質によっても変わってきます。

 

従って、合格者の評定などのサイトを見たからと言って、それをまねるだけでは合格できないのです。

 

そのサイトを参考にしながら、自分なりの勉強方法を考えるということが大切なことなのです。

 

一般的な試験を考えた時でも、倍率が10%なのですから普通のやり方まずは合格しません。

 

法律のことをあまり知らない人であれば、基本から学ぶ必要がありますからその苦労はかなりなものになるかもしれません。

 

書店などで行政書士試験のテキストを何かと見てみましょう。

 

自分にとって使いやすいものを選ぶことが大事ですね。

 

最近の試験の傾向をよく把握することも大事です。

 

過去問を開くことで如何なる能力が要求されているかを解ることができます。

 

あなたもこれから行政書士試験にチャレンジするのであれば、内容をよく理解して関わることが大事です。

 

途中でくじけそうになるかもしれませんが、二度とあきらめないで下さい。

 

 

 

行政書士試験の勉強

 

試験の勉強というものは孤独なものです。

 

通信教育や専門の学校に通っていても、最終的には自分との闘いになるのです。

 

行政書士試験の合格を目指している人もおんなじことです。

 

最もこの行政書士試験はハードルが高いですから、ますますきついと言えるでしょう。

 

年に1度のチャンスしかありませんから、試験を受けようと決めた時から計画的に勉強を始めなければなりません。

 

試験の出題範囲はかなり幅広いですから、1年ですべてを網羅することは苦しいのかもしれません。

 

でも、合格を目指すからには頑張らなければならないのです。

 

行政書士試験の勉強を考えるまま最初にすることは、勉強の計画を立てることです。

 

試験日までにいかなることを通じて行くかを大まかに行う。

 

勿論、その通りに行かないこともあるでしょうが、では目標を褒めちぎることが大事なのです。

 

計画を立てる時折無理をする必要はありません。

 

自分ができる範囲で余裕を持っておきましょう。

 

自分のペースをわかるということが、長い受験勉強には大事なのです。

 

行政書士試験などはその時の国の方針によって、制度が変わることもあります。

 

そのような時には試験の内容も変わってきますから、注意しておくことが大事ですね。

 

古いテキストではなく最新のテキストを入手しておきましょう。

 

毎日せっせとやっていかなければ頭に入ってこない基本的事項もあります。

 

それらはできるだけ早い時期にクリアーしておきたいものです。

 

試験のための勉強は早いほどいいのですが、同時合格ではなく2,3年をかけて合格することを念頭に置くこともいいでしょう。

 

 

 

行政書士試験の結果

 

最近の国家試験の結果はほとんどがインターネットで見分けることができます。

 

行政書士試験を受けようとしている人も、インターネットで調べてみるとよいでしょう。

 

行政書士試験は財団法人行政書士試験研究センターが行っています。

 

年に1回実施されていますが、倍率の低い難関の国家試験となっています。

 

試験結果はインターネットで見ることができます。

 

各都道府県別の受験者数、合格者数も掲載されています。

 

これを見ると、倍率のおっきい県と小さい県があるようです。

 

その理由が特別にあるとは考えられませんが、全体的に小さいのは間違いありません。

 

試験の内容は法令に関する知識を伺う問題が3分の2以上を占めており、残りが一般知識となっています。

 

選択式と記述式を合わせて、合計点数300点満点です。

 

そのうちの180点以上で合格となります。

 

年齢別で見ると、20代と30代の受験者、合格者が多くなっています。

 

また、4分の1程度が女性ということです。

 

受験資格は断然ありませんから、若者での受験で合格している人も毎年いるようです。

 

将来は法律関係に進みたいとしているのであれば、若い時から勉強しておいて損はないでしょう。

 

また、40代の受験者数も多くなっていますが、これは業務上で必要になったためと考えられます。

 

行政書士試験の受験者数は毎年増加していましたが、平成15年ぐらいからは約9万人の横ばい状態です。

 

倍率は10%未満が続いているようです。

 

これから受験を考えているのであれば、これらの状況を踏まえた上で勉強しなければなりません。

 

一度で合格できなくても、何度でもチャレンジすることができます。

このページの先頭へ戻る