記憶術のポイント

記憶術のポイント

記憶術を習得する為にはポイントが見て取れるようです。

 

そのポイントには何が有るのか、挙げてみたいと思います。

 

 

【覚えたい事をどうして覚えていくのか】
覚えたい事を効率よく覚えて行く。

 

わずかこれだけになります。

 

たとえば10ページの本の内容を1ページに集約してまとめて得る事をする。

 

このポイントを抑えておくと、何かを覚えるら効率を10倍は残せる様になるかもしれません。

 

 

【覚えた事を忘れない為にする事とは】
覚えた事を色んな事に置き換えてひっつけて覚えていくというやり方が有ります。

 

今の自分の状況と身に付けている物に対して、覚えていたい事を関連付けさせる。

 

こうすると更に忘れない様になると思いますよ。

 

 

【思い起こしたいら、どうして思いだすのか】
覚えたら関連付けて覚えたというのですが、その結び付けるものの断片でも思い返す様にすると、次から次へと自然に頭に覚えたものが浮かんで生じる様になります。

 

こんな事を記憶術では訓練していくのです。

 

 

記憶術のポイントとしては、どんなに憶え易く、どんなに思い起こし易くするかという事に焦点が絞られると思います。

 

憶え易くする為には普段から記憶力をアップさせる為に脳のトレーニングを通じておく事も大切になります。

 

ニュースを見分けるだけではなく、新聞や雑誌を読んだりして活字をよむ様にするとか、ものを見たら何かに繋げさせてみるとか、そうして働くだけで記憶術も習得し易く変わると思いますよ。

 

 

 

記憶術の効果を上げる為には

 

記憶術と言うと何やらうさんくさいと感じる人も少なくないのではないでしょうか。

 

こんなものに手を出したらお金をたくさん取られるという感じで・・・。

 

ただし、記憶術は古代ギリシャの時代から在る、ヨーロッパにおいては歴史ある技術の一門だったのです。

 

そのころは演説や弁論をする事が数多く、内容を覚える為の技術として勉強していたそうです。

 

効率よく得る為のテクニックという事です。

 

日本では効率よくという事はズルする事という様に聞き分ける人も手広く、努力と忍耐が重んじられる日本では大して盛込みられなかったというのがあるようです。

 

 

ただし近年における不景気の中、就職も困難になっている状況でも有ります。

 

多少なりとも就職を有利にしようと資格を取得したいという人が多いようです。

 

その為に記憶術を学びたいと考える人が増えてきているそうなのです。

 

その要望を察してかいたるところでセミナーが開かれたり、講座があったりと案内を見る事も多くなった様な気がします。

 

当然真面目な所も有るでしょうが、いぶかしい所も実際に見て取れる様で、お金だけ取られたり、大きい道具を買わされたりする事も有ります。

 

ですから仮に習いたいと思ったならば慎重に選ぶ必要があるのです。

 

 

記憶術には必ずやたくさんの種類の記憶術が有ります。

 

本も多々出ていますので参考にしてみるのも良いでしょう。

 

しかし、効果を掲げる為には単純に本の通りにするだけでは駄目です。

 

自分なりの応用を加えて自分にとって使いやすい記憶術にする事で更なる効果が期待できる様になるでしょう。

 

 

 

記憶力は衰える

 

よく高齢者の方が「最近もの忘れが酷くなって」という事を聞いてはいないでしょうか。

 

これは記憶力が衰えている事なのですが、なんで記憶力は衰えて行くのでしょうか。

 

ここでは記憶力の衰えについて挙げてみたいと思います。

 

 

もの忘れというのと、記憶力が衰えていると言うのは違う話だと思います。

 

昔は試験勉強も簡単に感じ取る事が出来たのに、今は何回テキストを見ても憶え辛いという感じが記憶力が衰えているという事です。

 

もの忘れは今誰かに対して言おうとしていたら何か別の事が起きてしまい、そっちに気が取られて、本当に話そうからには何を言おうとしていたのか忘れてしまったという様な感じの事です。

 

記憶力が衰えるという現象は加齢と共に誰もが経験する事ですので仕方が無い事なのかもしれませんが、出来ればなまりさせたくないものですよね。

 

その為には身体を規則的に動かして運動を適度にする事、食事をバランス良く取り去る事、睡眠を充分に摂る事という正しい生活が必要なのです。

 

 

また、記憶術を勉強して見る等して脳のトレーニングを行う事も効果的だと思います。

 

記憶術と言うのは覚えるという事です。

 

効率的に得る為に脳が総力しますので、トレーニングには持ってこいの方法だと思います。

 

ただし、もの忘れが余りにも酷かったり、記憶力の衰えが著しかったりしたらそれは要注意です。

 

身体の不調に繋がっているかもしれませんので、初めてお医者様に診てもらう様にすると良いでしょう。

 

 

 

記憶術の方法【頭文字法】

 

頭文字法という記憶術の方法が有ります。

 

これは名前の通りですが言葉の頭文字として覚えていくという方法になります。

 

誰でも簡単に出来る記憶術の方法ではないでしょうか。

 

たとえば買いものに行くところ、じゃがいも、人参、キャベツ、玉ねぎが欲しいからとして、「じ」「に」「き」「た」という様に頭文字だけを拾って覚えます。

 

これだけなのでかなり簡単に出来ますよね。

 

今回の例だと「痔に来た」という感じで憶えられますので覚えやすいですが、もしも憶えがたいなら頭文字の入れ替えを通じても良いと思います。

 

覚えやすいように頭文字を並び変えましょう。

 

こうする事で簡単に記憶術として払えるようになります。

 

それとなく文字パズルゲームの様な感じで面白く出来る記憶術ですよね。

 

 

また、試験で一際難関としているのが英単語の暗記です。

 

これにも頭文字法が利用出来る様なのです。

 

たとえば長い名前のものを略して頭文字だけ取って皆さんに覚えて貰っている事も有りますよね。

 

それとおんなじとして貰えれば良いです。

 

ドリームズカムトゥルーを「ドリカム」、ミスターチルドレンを「ミスチル」と略す感じ考えの様ですね。

 

頭文字法は工夫次第で色んな記憶術として助かるようになりますのでぜひ覚えてください。

 

 

一層頭文字法として覚えたものをしっかりと脳に焼き付けさせたいなら、声に出して喋ってみるとか、書いてみるとかして覚えていくとますます効果的だと思います。

 

頭文字法は誰でも知っている記憶術の1つとなりますので、手軽に簡単に活用していってください。

 

 

 

映像で覚える記憶術

 

写真的、映像的で得る記憶術というものが有ります。

 

頭に覚えたい事を写真もしくは映像として焼きつかせて、思いだす時折その映像を思いだすというものになります。

 

映像として焼き付けるので文章を暗記させるのはしばらく困難が在るかもしれませんが、たとえば楽譜なんかはこの記憶術が役に立つと思います。

 

よく音楽家の方が楽譜を見ないで楽器を弾いている光景を見た事がないでしょうか。

 

勿論指や手が覚えているという事もあるでしょうが、楽譜を1つの映像として頭に写真の様に焼きつかせて覚えているかららしいのです。

 

頭で楽譜を見ながら演奏しているという事になるみたいですよね。

 

この記憶術が使えると一層役立つとは思いますが、断然習得には適切がある様で、習得しきれないという方も中にはいるみたいです。

 

 

この記憶術の応用としては、覚えたい事を映像としてイメージとして描いて頭に入れていくという方法も有ります。

 

歴史の勉強をするたまに教科書に書いてある文章だけを追っ掛けていた所で頭には何にも入りませんよね。

 

但し、歴史を漫画で見ていくと何だか頭に入って行く様になると思うのです。

 

文字ではなく映像、動画、イメージとして捉えていくと頭に入りやすいという事なのです。

 

 

また、自分の身体に順番を付けて覚えたい事を焼き付けていくという方法も有ります。

 

一番は頭、次は目、という様に身体に引き出しを作ります。

 

その引き出しに覚えたい事を映像としてしまっていくのです。

 

そして思い起こしたい事を番号で引き出しを開けて出して行く。

 

こういう方法も見て取れるのです。

このページの先頭へ戻る