記憶術は自分に向いている物を

記憶術は自分に向いている物を

よく色んな雑誌等の最後のページの方に記憶術の記事が載っている事が有りますよね。

 

「記憶術がアップする」「成績が上がります」等と謳い文句を出している所が有りますよね。

 

もう一度一緒にブレスレットを販売したり、何かものを販売したりしているのも見掛ける事が在るのですが、そういった記憶術は必ず購入して効果があるのかどうなのか、疑問視される所だと思います。

 

 

考えてみると記憶力を上げる為に色んな方法を昔から行っているシーンを見た事が無いでしょうか。

 

頭に何かを乗せるだけで記憶力がアップするとか、そう言ったものを見て「嘘だー」と笑い飛ばした事も見て取れるでしょう。

 

それでも正にやってみたら本当に効果が見て取れるかもと思った人も中にはいるかもしれませんね。

 

そういった事は断じて本人の気持ちに記憶力を高めたいという激しい気持ちがあるからかもしれません。

 

 

記憶力を上げる為に色んな記憶術を試してみるという方もいるでしょう。

 

正にやってみるとこの方法は自分には効果が無いけれども、こっちの方法だと自分には向いている様な気がするという事も在ると思います。

 

たくさん方法を試している内にそれなりにコツを掴んで行くかもしれません。

 

コツを掴んで行くと、ある方法を試した時に自分なりに応用を利かせてその他使える記憶術として入れ替わるかもしれませんよね。

 

記憶術には色んな方法が有るので、それぞれに向き不向きが有ると思います。

 

自分に合っている方法を見つけ出していく事が記憶術を効率よく習得する方法なのです。

 

 

 

記憶術と速読術の関連性

 

記憶術と同じ様に速読術という技術も気になる技術の一種だと思います。

 

この2つには何かつながりが有るのかどうか気になるかもしれませんが、記憶術と速読術は基本的に内容的には別ものとみて良いようです。

 

とは言ってもつながりはやっぱ有ります。

 

速読術が身に付いていれば記憶術を使いこなす事が出来ると言われています。

 

速読術を取り入れて何回も同じ内容を読み返す事で、暗記する内容もしっかり出来ますし短時間で済むというメリットが得られる様になります。

 

 

速読術に関してですが、素早く掴む事だけが着目されていて頭に内容が入っていないのではないかという疑問が見て取れると思います。

 

けれどものんびり読んだからと言ってさほど頭に内容が入るのかと言うとそう言う訳でもないのです。

 

頭に入らないのは記憶力が低下しているからにすぎないと思うのです。

 

という事は記憶力がか弱いならば鍛える為に、速読術によって何回も同じ内容を読み返す、そんなふうにすると内容が自然と頭にいらっしゃる様になるので記憶としても記憶されるようになります。

 

記憶力のアップに繋がるのです。

 

 

では、先ずは速読術を身に付けたいと思いますよね。

 

世間には色んな方法が紹介されています。

 

記憶術と同じでその効果には個人差が有るのが現実の様です。

 

一般的には本を1冊あたり2~3時間位で読んで仕舞う技術を身に付ける事が出来ると言うのですが、読み方としては全部の文字を読んでいる訳ではなく、キーワードだけを拾い読みして、斜め読みしていくという用法、文字だけを目を動かして読んで行くという方法、これによって速読術になるというのですが、当然何回もやって慣れる事が必要と言うのは記憶術の習得と同じですよね。

 

 

 

記憶術の方法【物語法】

 

ストーリー性に注目を通じて記憶術をする物語法という方法が有ります。

 

この記憶術の方法は、記憶したい事を順番に並べて覚えていくという方法になります。

 

その中に登場して来る人、動ものの行動、または見て取れる場所に行くという事をもの語的に考えて記憶していくという方法になります。

 

 

もの語法で一番有名なのは元素記号を覚える場合用いられた語呂合わせの方法だと思います。

 

「水兵リーベ僕の船、なーに間が見て取れるシップス~」(水素(H)、ヘリウム(He)、リチウム(Li)、ベリウム(Be)、ホウ素(B)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)~」等感じですね。

 

どんどんストーリー性を持たせて覚えやすいようにしても良いです。

 

こういう方法だと感じ取る事がどうしても多くても何だか印象に残り易いですよね。

 

大人になった人も中身は忘れたけど、この語呂合わせだけは覚えているという人も多いのではないでしょうか。

 

 

この様に記憶術のポイントは感情に出来るだけ訴えられる様な内容にする事だと言われています。

 

嬉しい事、楽しい事は一層覚えやすいものですものね。

 

またよく怒った内容や、くやしい内容は実に忘れ去る事が出来ませんよね。

 

感情を刺激する内容も記憶に残っていつまでも覚えていられる様なのです。

 

かと言って長すぎるのはやっぱ憶え難くなってしまうので、長すぎるからにはパート分けを通じて覚えて行くのが良いと思います。

 

こんなもの語を通じて覚えて出向く記憶術と言うのも見て取れるのです。

 

 

 

記憶術を通信講座で学ぶ

 

記憶するのが苦手だという事もあって、随分勉強してもはかどらずに、学力アップが出来ないと悩んでいる人は多いかもしれませんね。

 

そこで記憶術を学びたいというというのですが、またその為にどっかの学校に通うとなると、それだけで嫌になるかもしれません。

 

そんな時に便利なのが通信講座です。

 

記憶術の通信講座では色んなノウハウが詰まっていて自分の身体に習得し易い様な内容になっています。

 

確かに暗記する事が得意だと色んな事で得をする事が有るというのです。

 

その為、記憶術を習いたいと通信講座に申し込む人が多くなっているのですが、気になるのはさすがどうして言った内容なのかという事だと思います。

 

 

たとえばですが、スキな事は勉強も楽しくてより自然と憶えられて行くものだと思うのです。

 

但し、自分が詰まらないと感じている事、お断りなと感じている事は勉強も試験も仕事も随分頭に入らないのが現実の所でしょう。

 

それでもスキな事ばかりをしてはいられませんので、やっぱり勉強は必要になると思うのです。

 

何にしてもそうですがもちろんどこでも試験と言うのは付いて変わるものだと思います。

 

その中それでも得意分野だけだと良いですが、苦手分野も出る事も有りますので、やっぱり広範囲に渡り試験勉強をする事が大切になると思うのです。

 

そんな時に役立つのが記憶術だと思います。

 

記憶術をマスターする事で苦手な勉強も断じて面白く出来る様になると思います。

 

通信講座の記憶術ではこんなノウハウをたくさん載せていますので、仮に気になるようでしたら資料請求を通じてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ戻る