記憶術の基本

記憶術の基本

世間の間で注目されているのが記憶術という技術になります。

 

短時間で大量のもの事を暗記してしまうという技術に誰もが憧れて、習得したいと願っている人も多いと思います。

 

ではどうしてそういった夢の様な技術を習得する事が出来るのでしょうか。

 

 

記憶術では想像や空想を通じて出向く事で習得出来ます。

 

これは脳の中けれども右脳部分を鍛えて行くやり方となっています。

 

普段私達の日常生活においては言葉を通じて考えようとしている為に左脳を通じている生活をしています。

 

これまずは理論付けて覚えていかなくてはならない為に実に時間がかかってしまいます。

 

但し、右脳を通じて覚えて行く事でイメージとしてもの事を覚えて出向く事が出来る為に色んな事を次から次へと覚えて出向く事が出来る様になるのです。

 

つまり記憶力がグンとアップする事に繋がるのです。

 

 

実際には、得る時折ひとまずリラックスしましょう。

 

そうして空想を働かせるのです。

 

何かを考え過ぎてしまうと左脳が働いてしまいますので、リラックスして右脳を働かせる様にください。

 

そうして覚えたい事とイメージした事を文章としてくっつけさせて下さい。

 

たとえば数字の1を覚えたいまま「堂々だから鉛筆が浮かびました。

 

鉛筆の様に真っすぐなのが数字の1」という様に覚えていくのです。

 

これを何個か繋ぎ合わせても良いでしょう。

 

そうしてイメージと覚えたい事を文章としてイメージとして頭に覚えさせていくと言うのが記憶術の基本となるのです。

 

 

 

記憶術には右脳人間になる事が大切です

 

記憶術を学ぶも、単純に記憶力をアップさせるも、右脳をトレーニングする事が必要になると思うのです。

 

また完全に右脳人間にならなくても、トレーニングを続けている事で左脳の考えから少々なる様になると思います。

 

そうする事で記憶術も一層自分の身についてくると思うのです。

 

では、どうして右脳のトレーニングをしたらいいのでしょうか。

 

少し例を挙げてみたいと思います。

 

 

多分トレーニング間ところが、わざと取る事は有りません。

 

眠る直前わずか5分で良いので布団の中でトレーニングをください。

 

先ずは寝入る時にその日の朝起きた所からどんな行動を通していたのか思い出していきましょう。

 

より細く思い返すのがトレーニングになります。

 

どんな人と会って、何を話して、何をお昼に食べて、夕食はなぜと細く思いだします。

 

やってみると分かりますが、本当に耐え難いんですよ。

 

ですから右脳トレーニングには向いているという事になるのですね。

 

次に現実には起こり得ない事を想像して見ましょう。

 

空から巨大なアイスが降って生じるとかどうにか、インパクトになる様な事を想像するのです。

 

そうする事で、記憶術のイメージとしての訓練になりますし、何を想像してもいいので、結構面白い訓練になると思いますよ。

 

 

そういった事を毎日寝る前に5分程行ってください。

 

想像する、イメージするという行為が右脳を使っている事になるので、最初は難しいかもしれませんが、途中から段々と楽しくなってくるかもしれませんよ。

 

それが記憶術アップの鍵としてそうです。

 

 

 

記憶術の通信講座の充実度

 

英語等の語学に関しては、どれだけの単語を覚えているのか、これがさんざっぱらコツとなると言えます。

 

暗記する事が多ければ多いほど、その語学に関する理解も早くなってくると呼べるのです。

 

ただし暗記する事が多過ぎて嫌気がさしてくるかもしれませんが、そんな時に役立つのが記憶術の存在です。

 

記憶術を学ぶ為の手段として通信講座や情報品物と言った類のものが有ります。

 

 

もちろん学校に通って勉強するのも良いと思いますが、時間とお金が甚だかかってしまうデメリットが有ります。

 

最近の通信講座はかなり内容的にも充実していて、効率的に勉強する事が出来る様になっています。

 

テキストをただ勉強するだけじゃなくて、DVDを使ったり、インターネットによるストリーミング配信を使ったり、掲示板やSNS等で通信をしたりと、自宅学習を再度充実させる為のツールがたくさんあるのです。

 

 

記憶術を通信講座で学ぼうとした場合、気になるのはその費用ですが大体平凡に見て4~5万円という感じになります。

 

内容的に見るとテキスト、CD若しくはDVD、サポート資料的ものが一般的であると言えます。

 

永久始終保ち続けていられる技術だと思いますので、これが短いか良いかは感じ方徐々になるかもしれませんね。

 

また記憶術を学ぶ為の本もたくさん販売されていますが前もって本だけでは分かりにくい点も有りますので、実践を学ぶのであれば通信講座が良いのではないかと思います。

 

 

 

記憶術を使う【顔と名前を覚える】

 

社会人になると色んな人に出会う様になります。

 

それも友達としてではなく仕事として巡り合う事が多くなるので、顔や名前を一致させて出向く事がまったく大変になります。

 

但し社会人としてそれ位覚えておかなくては失礼に値するので、顔と名前を覚える記憶術は必要なのではないかと思います。

 

 

一番最初に会った時ってどうしても名刺を味わう事が多いと思うので、最初は大丈夫だと思うのですが、2回目3回目と顔を合わせる機会が増えてくると、更に名刺を貰う事は出来ないし、名前をもう一度訊くのも失礼だし、それでもどうしたら良いんだろうと迷う事も少なくないのではないでしょうか。

 

そんな時に顔と名前を正確に覚えていて2回目に会ったところ「○○さん、この前はありがとう」等と挨拶すると相手の方も「名前覚えていてくれた」と好印象を所持していただけるというのです。

 

すると仕事の上でも円滑に進み易くなり、高評価にも繋がってくると思います。

 

では、そういった社会人に有利な記憶術とはどんなものでしょうか。

 

 

それは、その人が所持しているイメージを誇張して覚えるという事に有ります。

 

顔も身体も話し出し方けれどもどこでも良いのでひとつ印象が力強い所をイメージしてください。

 

そうしてそのイメージと名前をひっつけさせるのです。

 

イメージする事で顔の形だけではなく記憶に残り易くなりますので憶え易くなるでしょう。

 

名刺を貰ってから後ほどでも構わないので、名刺の裏にイメージを書いておいてこれから感じ取る参考に出来る様にすると余計憶え易くなりますし、忘れにくくなるでしょう。

 

そうして記憶術を発揮する事で社会人として快適生活を送れる様にください。

このページの先頭へ戻る