記憶術の効果を上げる方法

記憶術の効果を上げる方法

何とか習得した記憶術が有るとしたら、それをそのままにしておくのではなくて効果をより上げる事も必要となってきます。

 

その為にお勧め出来る方法としては「人と巡り合う事」がお勧めの様なのです。

 

もちろん、誰でもかれでも人に会えば良いというものまずは有りません。

 

関連している人に会いに出向く事が大切なのです。

 

たとえば、就職試験の場合にその会社に勤めている先輩の話を聴きに行くとか、新しく出来たお店に行くらもう言った人に話を聴きに出向くとか、こう言った経験を基に話をするという事がだいぶ重要なのです。

 

 

こんな人との出会いって不思議なもので、何かに成功した人の陰にはきっちり素敵な出会いがあるものだと言われています。

 

とは言っても待っているだけでは誰とも会う事が出来ません。

 

自分から率先して行動を起こさなくてはならないのです。

 

人と出会うのであれば、自分から声をかけて話をして見る事、この行動力も大切になります。

 

そういった事が出来る人であれば記憶術の技術を高めて行く事も可能だと思うのです。

 

誰かの話を聞いて自分の為になったと思ったら今度はその話を活かそうと実行してみる。

 

それを終わるのであれば現状のまま何も今後も変わってはいかないでしょう。

 

 

記憶術を決める為に、色んな人に会って記憶術に関する事を問い合わせる。

 

そうしてその方法を取り入れて見る。

 

そうする事が後々に効果として発揮されるようになり、結果的に記憶術を決める事に繋がってくると思うのです。

 

 

 

記憶術の技術

 

試験勉強等が効率よく出来る為に有効な手段として記憶術が有ります。

 

この記憶術にはたくさんの種類が有り、何を選んだら良いのか分からなくなる程です。

 

たとえば語呂合わせで覚えて出向く方法はとても有名だと思うのです。

 

歴史で1192年の鎌倉幕府はかなり有名ですよね。

 

「有難い国(1192)作ろう鎌倉幕府」は大人になった人でも忘れられない年表ではないでしょうか。

 

この様に無意識にいつまでも覚えていられる記憶術は強いというのです。

 

また勉強の効率自身を決めるものとしては、音読する方法、書いて感じ取る方法、ストーリーによって流れとして言葉を覚える方法、イメージを結び付けさせる方法等があると思います。

 

無論全ての方法に効果があるとは思いますが、効果の出方も個人差が有り、やってみない事にはどうして表れるのか分からないと言うのが実状の所だと思います。

 

 

記憶術に関して言うと、万人に効果が出る技術は存在していません。

 

ですから色んな方法がある事を覚えておいて自分に合っているのが何なのかを試していかないといけないというのです。

 

多々試していく内に、色んな技術が備わってきて自分オリジナルの記憶術が誕生するかもしれませんしね。

 

記憶術は自分に合っている物を習得しさえすればかなりの確率で勉強が効率アップする様になると思うのです。

 

それまでは何かと努めながらいくので、試行錯誤するかもしれません。

 

根気が在る人には記憶術の習得はお勧めの勉強法だと思います。

 

 

 

記憶術のメリット

 

記憶術のメリットはたくさんあると思います。

 

記憶術によっている皆は何かの試験勉強をするたまにさんざっぱら助かったという感想を持っている様で、色んな事をたくさん覚えなくてはならないときなんかに大きな効果をもたらすというのがメリットで在ると思います。

 

 

また、記憶術は試験で効果を発揮させるだけでは有りません。

 

脳の活性化にも一役買っているのです。

 

記憶術を勉強または使っていると記憶力がアップして現れる様になります。

 

これは当然の事ですが、記憶術を習得する様になって今までは単純にしか憶えられなかった事を、理論付けて得る事が出来る様になったという方も出てきているようです。

 

もっと効率よく得る事が出来る様にのぼる事で、時間の短縮にも絡み、時間を有効的に活用させる事も出来る様になるのです。

 

記憶術の最大のメリットは何しろ短時間で効率よく、多くのもの事を得る事が出来ると言う所に有るのだと思います。

 

 

記憶術で覚えた内容はひと度覚えたら忘れ辛くなると思いますので、テストの時もしっかり落ち着いてさえいれば、充分に回答する事が出来るでしょう。

 

覚えているという事は自分に自信が持てているという事にもなりますので、緊張を通していてもミスを防ぐ事が出来ると思います。

 

ただし記憶術の効果には人それぞれ出方が違いますので、自分に当てはまる記憶術の方法を探して学んでいくと良いと思います。

 

記憶術を習得する為には、通信講座という方法も有りますので自分のペースでゆっくりと習得して行く事が可能なのもメリットと言えると思います。

 

 

 

記憶術のデメリット

 

万能に思える記憶術にもデメリットは存在します。

 

記憶術は受験や試験等、色んな事を大量に得るら使えるやけに便利な知的技術として知られています。

 

記憶術の基となっているのは暗記という能力です。

 

おんなじ英語の試験であっても、単語を覚える時折記憶術は役に立つかもしれませんが、読解力や翻訳等、英会話のスキルに関する試験等には役立てられないとしているのです。

 

という事は試験では記憶術を習得する事だけが良いという事にはならないという事になります。

 

勿論、単語を覚えたり、年表を覚えたりと得る事が有利なテストは記憶術が充分に使えますので、その境目を良く理解する事、万能ではないという事がデメリットとして言えると思います。

 

 

また、記憶術を習得する為にお金が鳴る事もデメリットの1つと呼べるかもしれません。

 

方法によって違いますが本やDVDで習得しようとする人が多く、その殆どが数千円~10000円位になると思われます。

 

この位だったらというかもしれませんが、中には悪徳業者もいて、何万円も支払えと請求浴びる場合も有りますので、注意する様にください。

 

また、せっかく買った教材も使わなければ宝の持ち腐れです。

 

真に勉強して習得する事が購入費用を活かせる事に繋がるのです。

 

 

また、せっかちな方はとことん付き合って出向く事も大切です。

 

記憶術は間もなく効果が出ない事が多いです。

 

プラクティカルには優れていると思いますが、やっぱり何事も勉強して訓練してそうして身に付けていくという方法を取らなくてはならないので、焦らずじっと立ち向かう必要があるのです。

このページの先頭へ戻る