記憶術には脳トレーニング

記憶術には脳トレーニング

脳トレーニングは任天堂DSのソフトも在る通り、いやに大人気ですよね。

 

単純に面白くて酔いしれるだけではなく、これは脳を活性化する事が出来ますので記憶術の効果自体を上げていただける可能性が有るのです。

 

 

脳の機能も身体の機能と同じ様に年齢と共に低下していく傾向にあります。

 

だから日常的に脳を強めるという事は記憶力の低下予防にも繋がりますし、集中力もアップさせますし、脳を活性化して血行もよくなって若さも保つ様になります。

 

ではそういった効果が期待出来る脳トレーニングとはどういうものがあるのでしょうか。

 

それは主に計算やクイズと言った簡単な事なのです。

 

「簡単で大丈夫なの?」と言いたくなりますが、簡単に解ける様な問題に時間制限を付けて解かせたり、それを声に出して音読する事で脳の機能が活発化して行く様になります。

 

脳機能が活発化している状態だと記憶術の効果も一層上がると言われていますので、記憶術を習得したいという人は、ひとまず脳トレーニングを行ってから記憶術の練習をする様にすると良いのではないでしょうか。

 

脳トレーニングは脳の中それでも右脳をトレーニングすると言われています。

 

右脳を使う記憶術にはジニアス記憶術が有名です。

 

脳トレーニングを並行する事で更なる効果が期待できますので並行して行う事をお勧めします。

 

 

脳トレーニングはそんなにじゃなく、本質をもアップさせる効果が有ると言われています。

 

パズルをする事で柔軟な思考が生まれると言われています。

 

積み木、粘土遊びという子供の遊びも空想を決めるので素晴らしいトレーニングになるのです。

 

とは言っても大人の場合は簡単に出来るゲームにおいてトレーニングするのが良いかもしれませんね。

 

 

 

記憶術の方法【ワタナベ記憶術】

 

記憶術の中で知名度が実に高い記憶術がワタナベ式記憶術だと思います。

 

いかなる記憶術かと言うと、右脳を通じて有効的に活用した技術になります。

 

これは試験勉強をするたまに有効的だと言われている方法になります。

 

この方法を開発したのは渡辺剛彰氏という方になります。

 

渡辺氏は中学時代、何とも成績が悪かったそうです。

 

その事に見かねた渡辺氏の父親が記憶術を教えたところ、成績がトップクラスになったという実話が有ります。

 

それから渡辺氏は記憶術を効率的に活用して、東大に入り司法試験にも合格して記憶術研究家として有名になったという人ものですそうです。

 

 

ワタナベ式記憶術の基本としては、短く覚えるという事、覚えたい事を整理しながら覚えるという事、イメージを関連付けさせて覚えるという事を特徴としています。

 

また、記憶術を習得する為に記憶させることのトレーニングをしなければなりませんが、その方法として連想結合法、数字の変換法、変換記憶、基礎結合、鈴なり式という5つの記憶に関する記憶法をトレーニングする必要があるのです。

 

このいずれも大切なのはイメージをするという事になります。

 

 

イメージが出来るようになったら、それにストーリー性を持たせるようにします。

 

ストーリーが出来たら場所をひっつけさせる様にします。

 

そうしていくと記憶が脳に定着していくのです。

 

そして覚えて行く記憶術がワタナベ式記憶術になります。

 

この記憶術はどちらかと言うと学生向けの記憶術ではないかと思います。

 

 

 

記憶術の方法【ジニアス記憶術】

 

ジニアス記憶術は記憶術の中けれども人気が高い記憶術として知られています。

 

この記憶術を考案したのは川村明宏氏という人で、この人は任天堂DSのソフトの監修や、速読術の権威も持ち歩いている等、右脳開発は本当に有名な人の様です。

 

そんな人が作った記憶術はさすが人気が高いし、効果も厳しいのではないかと思います。

 

 

ジニアス記憶術が謳っているのは、右脳を活発化させて記憶力をアップさせるという方法になります。

 

脳をトレーニングする事で働きを活発化させます。

 

そうする事で記憶力や学習能力をアップさせるという記憶術になるのです。

 

ではどういう方法で行っていくのかと言うと、最初に脳のトレーニングを3分間行います。

 

こうする事で脳の働きの効率化を図り、知識を定着化させ易くするのです。

 

こうした上でジニアス記憶術を通して、記憶力を向上させていくという方法になるのです。

 

コツはやはり右脳を使う事に絞られる様です。

 

 

どうして右脳なのかと言うと、通常私達の生活の中で記憶を司っているのは左脳です。

 

書きとりをしたり、暗証したりすると、記憶自体は左脳に蓄積される事になります。

 

左脳自体の保存時間は短期という事もあり、長く記憶を保持できないというデメリットがあるのです。

 

ですから長期間記憶を保存出来る右脳が記憶術には必要なのです。

 

ジニアス記憶術では右脳を使う事で記憶を長期間保存する事ができ、結果的にひとたび覚えたら忘れない記憶術であるという事になるのです。

 

 

 

記憶術の方法【宮口式記憶術】

 

宮口公寿氏という方が考案された記憶術が有ります。

 

インターネットで情報を提供していて効果が有るとして人気が出てきた記憶術なのですが、わずか1日5分間トレーニングするだけで記憶術が身につくと大評判の記憶術となっています。

 

考案者の宮口氏は東大出身ですが、元々は偏差値41で東大に入るなんて夢の様な感じの成績だったそうです。

 

その方が30年の年月をかけて開発したのが宮口式記憶術として、難関試験を受ける人にお勧めの記憶術として人気を出しています。

 

記憶する事が多い試験で会心効果を発揮する事が出来るでしょう。

 

 

記憶術の内容としては、イメージによる方法になっています。

 

記憶目指す項目をできるだけ具体化してイメージします。

 

そうしてどんどん奇抜なものへとイメージする様なトレーニングを通していきます。

 

覚えたい事を大体8割ほどイメージが出来たら、イメージ内容を充分に整理して赴きそれを覚えていくのです。

 

また期間を見計らって適度な感覚で復習もします。

 

これで脳の中に記憶として刷り込ませていけるようになります。

 

イメージはありふれている物だと記憶も薄れがちです。

 

少し強烈なインパクトがあると記憶に残り易く定着もし易くなるのです。

 

 

宮口式記憶術は使いこなせるまでが些か大変かもしれませんが、慣れる事によってイメージも簡単に出来るようになり、色んな事が覚えられる様になってくる。

 

まだまだ興味があるという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

記憶術の方法【藤本式記憶術】

 

記憶術の中それでも特に人気が高く、高評価な記憶術が藤本式記憶術と呼ばれている物になります。

 

この記憶術を習得して難関試験を突破した人も大勢いると言われています。

 

この方法を生み出したのは名前にも付いている通り藤本憲幸氏という健康法指導家の方だそうです。

 

 

藤本式記憶術を習得する事によって短時間で大量の事を得る事が出来るという事、時間的にも今までの半分以下になるという事が挙げられています。

 

たとえば歴史の年表って感じ取るのがとっても大変ですよね。

 

それも1日といういとも少ない時間で覚えられると言いますし、円周率の様な3.1472・・・という数字の羅列も100桁位は得る事が出来ると言われています。

 

その他得るだけではなくて覚えた事を忘れないという技術も備わる事から、記憶の持続力が定着しますのでより効果的であると言えるのです。

 

そうして藤本式記憶術では応用が利き易いというメリットが挙げられています。

 

通常の記憶術では感じ取る事は出来るでも、応用しにくいというデメリットが有ります。

 

ただし藤本式記憶術ではそのデメリットを感じること無く、弾力がある記憶術となっているので応用もし易いというメリットが挙げられているのです。

 

ですから受験生からの支持が心から厳しいと言えるのです。

 

 

藤本式記憶術は教材を購入して勉強していきます。

 

サポート体制もしっかりしているので利用している方からは逆に安心という声も良いのが特徴的です。

 

無料お試し期間も設けられているそうなので、僅か気になったという方はとにかく試してみると良いかもしれませんね。

 

 

 

記憶術の方法【文字への置き換え】

 

記憶術の方法として、数字子音置換法という方法が有ります。

 

これは覚えたいものを数字や文字に置き換える事で覚えていくという記憶術になります。

 

この方法は記憶術の中けれどもとりわけよく知られている方法で、世界中の人が使っている記憶術の様です。

 

数字を子音に切り替える事で、子音と子音の間に母音を入れて覚えていくというタイプの記憶術で、これを日本語に変えたものが数字仮名置換法という記憶術になります。

 

 

1をあ行の文字に乗り換える、2はか行の文字に取り換える、3はさ行の文字に置き換えるという様に入れ換えながら覚えて行く方法になります。

 

1はイチゴ、2はカエルという様に変えていくという感じですね。

 

この他にも形態法という技術を用いる事も有ります。

 

数字の形と結び付けさせて文字に置き換えて覚えて出向く方法です。

 

1は堂々なので「鉛筆」、2は形から連想してアヒル、3も耳の様な形を通じているから耳という様に数字をイメージとして掴まえる覚え方になります。

 

また、よく取り扱うのは語呂合わせという方法ですよね。

 

記憶術という方法という事ではなく、自然と語呂合わせで何かを覚えようという行為は極めてしている人がいると思います。

 

歴史で1192年の鎌倉幕府を「良い国(1192)作ろう鎌倉幕府」と得るのが良い例だと思います。

 

これが一番イメージしやすく簡単に覚えられる記憶術だと思います。

 

シンプルだけれども特に効果が良い方法です。

 

慣れると簡単ですので、色んなものに応用して見てはいかがでしょうか。

 

 

 

記憶術の方法【場所】

 

ある場所に自分が記憶しよものを関連付ける事で記憶させるという記憶術が有ります。

 

これは場所法と呼ばれている物で、記憶術の中まずは本当に知られている物の様です。

 

この記憶術の特徴としては、記憶が脳に残り易いという持続性が言える様です。

 

単純に覚えていくというものではなく、場所やものをくっつけさせるので、脳の中にきつくイメージがある様なのです。

 

こう言った場所は実に知っている場所けれども構いませんし、架空の場所けれども済むそうです。

 

 

場所法の中には片手指法と呼ばれる方法が有ります。

 

文字通り片手を使って得る方法なのですが左手の小指を1、より薬指を2、中指を3、人差し指を4、親指を1という様に番号を振ります。

 

そうしてそれぞれに記憶しよものを当てはめて覚えていくという方法です。

 

この方法は5つの事を感じ取るのに有効な方法になります。

 

それ以上10個まで覚えていくという方法の場合は右手も使った両手指法を使います。

 

左手の憶え方は片手指法と同じで、それ以降は右手の親指を6、人差し指を7、中指を8、薬指を9、小指を10という感じで覚えて出向く様になります。

 

それ以上の事を覚えたい場合には時計の文字盤を使うという方法もあるそうです。

 

 

記憶術には色んな方法が有りますが、この場所法、長期間記憶をさせる事が出来るというメリットがある半面、1つの場所に1つの事しか当てはめていけないので、100も200も大量に覚えたいという場合には向かないというデメリットも有ります。

 

安い事を確実に覚えたい場合には随分有効な方法であると言えます。

このページの先頭へ戻る